とちテレニュースカレンダー

2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2015年10月26日(月)のニュース

ニュース動画一覧

■【足利HDと常陽、統合へ】業界3位に 地銀再編加速(15-10-26)

人口減少が進む中、肥後銀行(熊本)と鹿児島銀行(鹿児島)が10月、経営統合するなど全国の地銀では生き残りに向けた再編が相次いでいる。足利HDと常陽銀の統合でこうした動きが一段と活発になりそう。
地銀グループの資産規模は、1位が横浜銀行と東日本銀行が統合して来年4月に発足する「コンコルディア・フィナンシャルグループ」(東京都)で17兆4,825億円、次いでふくおかフィナンシャルグループ(福岡市)が15兆6,617億円、足利HDと常陽銀は14兆9,296億円で業界3位となる見通し。

■【足利HDと常陽、統合へ】株式交換方式で統合検討(15-10-26)

関係者によると、常陽銀主導で株式交換方式によって統合する方向。持ち株会社の参加に両銀行がぶら下がる案も検討するとみられる。
常陽銀は茨城県を中心に福島県や栃木県、埼玉県など首都圏の広い地域で営業を展開している。足利銀が地盤とする栃木県と隣接していて、営業基盤の強化を図る狙いがある。
2015年3月末時点で足利HDの筆頭株主は36%強を保有する野村ホールディングス傘下の投資グル―プ。オリックスや損保ジャパン日本興亜など他の株主とともに統合に協力するとみられる。

■【足利HDと常陽、統合へ】それぞれがコメント発表(15-10-26)

経営統合に向け最終調整に入った常陽銀行は26日、「経営統合を含め、さまざまな可能性について協議している」とコメントを発表した。足利ホールディングスも「(常陽と)経営統合の可能性について検討している」とコメントしたが、両社とも「現時点で決定した事実はない」とした。

■【足利HDと常陽、統合へ】2銀行の比較など(15-10-26)

【足利銀行と常陽銀行の比較】※今年3月末現在
足利銀:創業明治28年(創業120周年)、資本金1,350億円、総資産5.8兆円、預金5兆円、貸出金4.1兆円
常陽銀:創業昭和10年(創業80周年)、資本金851億円、総資産が9兆円、預金7.7兆円、貸出金5.6兆円
足利HDと常陽が経営統合に向け最終調整に入ったのは、人口減に伴う市場縮小への危機感がある。足銀の利用客の一人は「常陽は大きい銀行」と統合に向けた動きを歓迎し、県商工会議所連合会の北村光弘会長は「来るべき時が来たのか」と感想を漏らした後、「地方創生に地銀の力は不可欠」と足利HDに今後も変わらぬ役割を期待した。

■巡査の男 窃盗などの容疑で再逮捕(15-10-26)

今年3月、鹿沼市内の駐車場に止めた乗用車の中からバッグを盗んだとして窃盗容疑で逮捕された、鹿沼警察署地域課に勤務する巡査の男(19)が宇都宮市で起きたひったくり事件にも関わっていたとして警察は、窃盗と傷害の容疑でこの巡査を26日に再逮捕した。警察によると巡査は9月23日から無断欠勤し、10月4日に宇都宮市鶴田町にある銀行の駐車場で、車に乗ろうとしていた女性(48)を押し倒して軽傷を負わせたうえ、現金約11万円などが入った財布を盗んだ疑いが持たれている。さらに巡査は埼玉県川越市などで車上狙い1件とひったくり2件を行ったと供述したという。巡査は「金に困っていた」と容疑を認めている。

■塩谷町長 環境省へ抗議文提出(15-10-26)

放射性物質を含む指定廃棄物の長期管理施設をめぐる問題で、塩谷町の見形和久町長は26日、環境省を訪れ井上信治環境副大臣に抗議文を提出した。10月14日、環境省は塩谷町の詳細調査の候補地で関東・東北豪雨の影響について調査を行ったが、その後の環境省の会見で、建設ありきの詳細調査につながる情報の収集が目的であるかのような発言があったとして抗議した。またこの日は地元の反対同盟会が白紙撤回を求めて集めた8411人分の署名も提出された。

■足利HDと常陽銀行 経営統合へ(15-10-26)

足利銀行を傘下に置く足利ホールディングスと、茨城県を地盤とする常陽銀行が経営統合に向けて最終調整していることが分かった。地方銀行の再編が相次ぐ中、資産規模はおよそ15兆円の全国3位のグル―プとなる見通し。県内の第1地銀である足利銀行は2003年11月に経営破たん、一時国有化したが2008年、足利ホールディングスを設立した。関係者によると11月初旬にも基本合意し、2016年10月の統合を目指す。常陽銀行は、茨城県を中心に首都圏の広い地域で営業を展開している。

■【速報】足利HDと常陽銀 来年10月統合へ(15-10-26)

足利銀行を傘下に置く足利ホールディングスと、茨城県を地盤とする常陽銀行が経営統合に向けて、最終調整していることが分かった。地方銀行の再編が相次ぐ中、全国3位のグル―プとなる見通し。
県内の第1地銀である足利銀行は2003年11月に経営破たん、一時国有化したが、2008年、野村グループの投資会社「野村フィナンシャルパートナーズ」を受け皿に足利ホールディングスを設立した。おととし12月には足利ホールディングスとして東証1部に上場。常陽銀行との経営統合に向けて、11月初旬にも基本合意し来年10月の統合を目指す。
※26日午後9時からの「ニュースワイド21」、27日朝6時半からの「ニュースとちぎの朝」で続報も含めてお伝えします。

■宇都宮市で初霜を観測(15-10-26)

26日、宇都宮市で初霜を観測した。宇都宮地方気象台によると、平年よりも7日早く、昨年より19日早い。

■19歳の警官 ひったくりの疑いで再逮捕へ(15-10-26)

鹿沼市内の駐車場に止めた乗用車の中からバッグを盗んだとして、窃盗の疑いで逮捕された鹿沼警察署の巡査の19歳の男が、首都圏で起きたひったくり事件にも関与した疑いが強まり、県警は窃盗や傷害の疑いで、この巡査を26日にも再逮捕する方針を固めた。捜査関係者によると、男は先月23日から無断欠勤し、その後、首都圏の路上で女性からバッグなどを奪った疑いがもたれている。これまでの県警の調べに対し、巡査の男は「金に困っていた」と供述している。男は今年3月、鹿沼市上野町の駐車場で、鹿沼市内の女性の乗用車からトートバッグを盗んだ疑いで今月5日に逮捕されている。 

  • うたの王様
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • 旅好き
  • 盲導犬協会
  • SOUND30
  • visual