とちテレニュースカレンダー

2016年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2016年02月のニュース

ニュース動画一覧

■常任委員会 総合スポーツゾーン4月から入札手続き(16-02-29)

 県議会の常任委員会が29日開かれ、2022年の国体に向けて県が整備を進める「総合スポーツゾーン」の新しい体育館などについて、新年度から入札の手続きに入ることなどが報告された。民間の力を使う「PFI」の手法を導入し、県の財政負担を軽くしたい考え。県では、4月から入札の手続きを始め、12月には事業予定者を決定、来年3月に契約を結ぶ方針。

■栃木市太平山 アジサイの植栽作業(16-02-29)

 アジサイが咲き誇る観光名所、栃木市太平山の「あじさい坂」が、去年9月の関東・東北豪雨で被害を受けたため、29日、地元の飲食店組合などがアジサイを新たに植える植栽作業を行った。植栽作業には栃木市商工観光課や太平山飲食店組合など、約20人が参加し100本ほどのアジサイを新たに植えた。植えられたアジサイは、6月下旬ごろ見ごろを迎える。

■今市事件初公判 男は起訴内容を否認(16-02-29)

 2005年12月、旧今市市で小学1年生の吉田 有希ちゃん(当時7)が連れ去られ殺害された今市事件で、殺人の罪に問われた鹿沼市の勝又 拓哉被告(33)の裁判員裁判の初公判が29日、宇都宮地方裁判所で開かれ、男は起訴された内容を否認して無罪を主張した。遺体の遺棄現場に行ったのかと裁判長に問われると、勝又被告は「行ってません」と応じ、弁護側も、勝又被告が連れ去りや殺害に一切、関与していなく自白を強制されたと述べた。一方、検察側は冒頭陳述で、「被告と被害者を結びつける客観的事実が多数あり、自白は信用できる」と述べている。判決は、来月(3月)31日に言い渡される予定。

■日光さる軍団 ユニークな「ひなまつり」ステージ(16-02-28)

日光市の「日光さる軍団」では28日、ひなまつりのイベント企画「キャラびな軍団・さる軍団のひな祭り」の公演が行われ、訪れた人たちを楽しませた。ステージには、ラグビー日本代表の五郎丸 歩選手や、人気アニメ・妖怪ウォッチ「ジバニャン」、また話題の芸能人に扮したサルが次々に登場し、観客の笑いを誘っていた。「ひなまつり公演」は、3月5日・6日にも、各3回ずつ上演される予定。

■カピバラが長風呂対決 (16-02-28)

那須どうぶつ王国で28日、「カピバラ」が露天風呂で長風呂対決を行った。この長風呂対決は「カピバラの露天風呂協定」を結んでいる那須どうぶつ王国をはじめ、埼玉や静岡、長崎県の4動物園が、去年から行っている。それぞれの動物園で、最初に露天風呂に入ったカピバラが出るまでのタイムを競う。この日は那須どうぶつ王国の中でも、露天風呂好きと言われる4歳のオス「ペッパー」が風呂に入った。記録は、「ペッパー」が1時間54分58秒という記録で、優勝を飾った。那須どうぶつ王国のカピバラの入浴は3月6日まで。

■男性の育児参加を応援するセミナーが開催(16-02-28)

 男性の育児参加と仕事の両立を進めようと、28日、宇都宮市で「イクメン・イクボスキックオフプロジェクト」が開かれた。「イクメン」とは、仕事と子育てを両立する男性、「イクボス」とは、子育てしやすい職場環境の整備に努める経営者や上司を指す言葉で、セミナーには、約100人が参加した。セミナーでは、ソフトウェアの開発などを手掛ける「サイボウズ」の青野 慶久社長が講演し、仕事と育児の両立するために、社員の在宅勤務などを取り入れたことで、さまざまなメリットがあったと強調した。

■地域の防火クラブが主催 被災者の体験談聞く(16-02-27)

東日本大震災から5年を迎えるのを前に被災した人から話を聞き防災につなげようという催しが宇都宮市の明保地区で開かれ、福島県から避難している人で組織する栃木県避難者母の会の大山香代表の体験談を聞いた。大山さんは、被災者の中には震災から5年経ってほかの地域に家を建てたが、ふるさとを離れたと思うとうれしいと思えない人が多いことなど、時間が経過しても消えない苦しみを涙ながらに話した。

■県内最大の花の祭典 鹿沼で始まる(16-02-27)

県内各地で生産される色とりどりの花を集めた「とちぎ花フェスタ」が鹿沼市の花木センターで始まった。キクやユリなど約3万本の花が会場を彩る。開催地鹿沼市のブースでは、本来、5月下旬から6月上旬が見ごろで市の花にもなっているサツキがあでやかに咲き誇るほか、ミニチュアの彫刻屋台なども飾られ市の魅力が詰まった一角となっている。とちぎ花フェスタは2月29日まで。

■地域医療考える 公開シンポジウム(16-02-27)

この春オープンし栃木市の地域完結型の医療を目指す「とちぎメディカルセンター」の在り方を考えるシンポジウムが開かれた。3つの病院を統合・再編したとちぎメディカルセンターでは急性期、回復期、福祉事業などと、それぞれ別の役割を持たせ、地域で完結する医療を目指す。シンポジウムでは行政や開業医など、それぞれの立場から見た地域医療の課題や期待することが発表された。

■栃木SC新社長に橋本大輔氏(16-02-26)

サッカーJ3の「栃木サッカークラブ」臨時取締役会を開き、新しい代表取締役社長に橋本大輔取締役を選任した。橋本新社長は現在39歳。平成19年6月から平成22年4月。さらに平成26年4月から再び「栃木サッカークラブ」の取締役を務めていて代表取締役社長には3月1日付けで就任する予定。

■木工のまち鹿沼 魅力満喫ツアー(16-02-26)

木工のまちとして栄えてきた、鹿沼市で「木のまちかぬま」を満喫するツアーが行われた。スギやヒノキがふんだんに使って建てられた粟野小学校や、賀蘇山神社を訪れ、一行は樹齢1,800年を超すといわれるスギの切り株に目を奪われた。ツアー担当者は「県内外の人々に木のまちかぬまの良さを知ってもらいたい」と話した。

■「今市事件」判決は31日の予定(16-02-26)

2005年12月1日、旧今市市で吉田 有希ちゃん(当時、小学1年生)が学校から帰る途中に連れ去られ殺害された「今市事件」で殺人の罪に問われている勝又 拓哉被告の裁判員裁判の日程が決まった。31日に判決が言い渡される予定。被害者の父親と祖母も出廷すると見られている。裁判員裁判は2月29日から。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレ公式YouTube
  • うたの王様
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • SOUND30
  • とちテレSHOP