とちテレニュースカレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2017年10月のニュース

ニュース動画一覧

■今市事件 10月18日に控訴審の初公判(17-10-17)

2005年12月、旧今市市・現在の日光市で当時小学1年生の女の子が殺害された「今市事件」の控訴審の初公判が18日、東京高等裁判所で開かれる。弁護側は無罪を主張し一審と同じく検察側との全面対決となる。2016年4月、一審の宇都宮地裁の裁判員裁判では殺人の罪に問われた勝又拓哉被告35歳に対し無期懲役の判決が言い渡された。一審とは異なる専門家の意見などが裁判にどう影響するのか、注目が集まる。

■日光東照宮で秋の大祭 百物揃千人武者行列(17-10-17)

日光東照宮の秋の大祭は17日、鎧武者などが参道を練り歩く百物揃千人武者行列が行われた。日光東照宮の百物揃千人武者行列は徳川家康が亡くなった翌年の1617年に家康の遺言に従い静岡県の久能山から日光東照宮に遺骨を移した際の行列を再現したもの。江戸時代から続く恒例の行事で毎年、春と秋の例大祭の見どころの1つとなっている。訪れた人たちは約1キロに渡って練り歩く行列を写真に収めるなどして華やかな時代絵巻を楽しんでいた。

■宇都宮大学に2日間限定の期日前投票所(17-10-17)

10月22日に投開票が行われる衆議院選挙で若い世代の投票率を上げようと、宇都宮大学に17日から2日間限定で期日前投票所が設置された。17日は、午前10時の開場とともに、学生や地域の人たちが投票に訪れた。宇都宮市の選挙管理委員会では、若者に選挙に関心を持ってもらおうと去年の参議院選挙で初めて宇都宮大学に期日前投票所を設置し、これが3回目。

■烏山高校に1日限定の期日前投票所(17-10-16)

 衆議院選挙の期日前投票が県内各地で行われている中、烏山高校に16日、1日限定の期日前投票所が設けられた。生徒の下校時間に合わせて午後3時半から午後5時半までの2時間、生徒のほか近くに住む人たちも投票を行った。同校に設置されるのは去年の県知事選に続き2回目。高校生25人、一般の人17人が一票を投じた。

■人馬一体の妙技 東照宮で流鏑馬神事(17-10-16)

 日光東照宮で16日、秋の大祭が始まり、馬の上から的を射る「流鏑馬」が行われ、大勢の観光客が人馬一体の妙技に見入った。毎年、春と秋に五穀豊穣などを願い行われている。雨のため、矢が的を射ることは少なかったが、訪れた人たちは、厳しい条件の中果敢にチャレンジした11人の射手に拍手を送っていた。17日は鎧武者などが練り歩く百物揃千人武者行列が行われる。

■妻刺殺した容疑で72歳の夫逮捕 大田原(17-10-16)

 16日未明、大田原市小滝の自宅で妻(61)を刃物で刺して殺害したとして大田原警察署は、夫で無職、熊田正男容疑者(72)を殺人容疑で逮捕した。同署によると熊田容疑者が「妻を殺した」と親戚に電話し、家を訪れた別の親戚が妻の雅子さんが血を流して倒れているのを発見し、警察に通報した。熊田容疑者は容疑を認めているという。熊田容疑者は、末期の癌を患っていて、雅子さんは体が不自由で支援が必要だったという。

■遺族 再発防止への願い(17-10-16)

■小山評定伝える おやま開運まつり(17-10-15)

天下分け目の「関ヶ原の戦い」の前に開いた軍議「小山評定」の縁起をかついだ「おやま開運まつり」が15日、小山市で開かれた。観光の振興などを目的に、毎年開かれていて今年で12回目を迎える。会場には、市内の小学校などから甲冑を身に付けた児童が26人集まり、小山市の開運を祈った威勢の良い掛け声が会場に響いた。

■雪崩事故で最終報告書提出(17-10-15)

今年3月、那須町で登山講習中だった高校生と教諭合わせて8人が死亡した雪崩事故。7回目となる雪崩事故の検証委員会は15日で最後となり、最終報告書が検証委員会の戸田芳雄委員長から県教育委員会の宇田貞夫教育長に手渡された。最終報告書は今年6月に提出された中間報告に、さらに7年前に発生した講習会での雪崩事故の状況も加えられ、事故防止の提言などを盛り込んでいる。

■美容師の卵たちの集大成 栃美ヘアショー(17-10-15)

栃木県美容専門学校の学生たちがこれまで学んできた成果を披露する「栃美ヘアショー」が15日、県総合文化センターで開かれた。学生たちが2年間の学生生活の集大成として開いている手作りのショーで、今年で9回目。53人の2年生が、学んできた技術を生かしヘアメイクや着付けなどを披露した。

■とちぎ健康フェスタ2017(17-10-14)

健康で長生きできる社会を目指す「とちぎ健康フェスタ」が14日、宇都宮市のとちぎ健康の森で開かれた。会場には肺や脳の年齢を測定できるブースのほか子どもたちが白衣を着て薬剤師体験を行えるコーナーなどが並んだ。血圧や体脂肪率を計るコーナーでは訪れた人たちが看護師や保健師から健康についてアドバイスを受けていた。

■とちぎ住宅フェア(17-10-14)

「住まい」と「暮らし」の最新情報を発信する県内最大規模の住宅関連イベント「とちぎ住宅フェア」が14日から宇都宮市のマロニエプラザで始まった。今回で33回目。住宅メーカーやリフォームの関連業者など79社が出展した。太陽光発電などを使うことで実質的な光熱費が不要になる「ゼロエネルギーハウス」が人気。国も普及を目指していることから断熱のための対策やソーラーパネルについて会場で多く紹介されていた。

■障がい者支援施設での虐待防止へ 県庁で会合(17-10-13)

宇都宮市の知的障害者の支援施設で、当時入所していた男性が大けがをした事件を受け、県自立支援協議会が会合を開き、今後の対策について意見を交わした。会合には、事件があった宇都宮市のほか栃木市の施設の担当者なども参加した。施設での虐待の防止に向けては、職員への研修を充実させたり、施設を開放し、地域住民の目が行き届くようにしたりといった案が出された。なお、県障害福祉課によると2016年度、県内で施設の職員などによる障がい者への虐待があったと判断された件数は6件、40人だった。
  • SOUND30
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • 盲導犬協会
  • ゴルフここだけ
  • visual
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜