とちテレニュースカレンダー

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2017年08月のニュース

ニュース動画一覧

■「防災の日」前に 警察学校で訓練(17-08-31)

「防災の日」を前に、県警察学校の学生たちが防災訓練を行った。訓練は毎年学生たちに予告はせず、今回は県の中央部で震度7の直下型地震が起きた想定で行われた。土のうを積む訓練では、袋にすばやく砂を入れ、20キロの土のうを手渡しでリレーして積み上げた。野営用テントを設営する訓練も行われ、学生たちは校庭で夜を明かした。

■生徒「右上から裂け目」 雪崩事故検証委員会(17-08-31)

那須町で登山講習中だった高校生ら8人が死亡した雪崩事故について、検証委員会は再発防止策の提言に向けた6回目の会合を開いた。講習会に参加した大田原高校の生徒への聞き取り調査の結果が公表された。生徒は樹林帯の先を進んでいた時、右上の方向から裂け目が横に入り、斜面が流れたように感じたと証言したという。検証委員会は10月中旬までに最終報告書を公表予定。

■県内最高層「宇都宮ピークス」お披露目(17-08-31)

宇都宮市の中心市街地で建設されている、県内最高層のマンション「宇都宮ピークス」が完成を前に関係者にお披露目された。市が手掛ける中心部の再開発事業の一環で整備され、 地上108メートルの31階建てとなる。1階、2階は商業施設で3階以上の住居部分、209戸の分譲が10月から開始。中心市街地の活性化に向けても注目される。

■占いインコ W杯最終予選は日本勝利(17-08-30)

 那須どうぶつ王国の占いインコとして知られるオリビアが31日の男子サッカーワールドカップアジア最終予選を前に日本対オーストラリアの勝敗を占い、日本の勝利を予想した。サッカー場を模した台に、日本とオースラリアの国旗、引き分けの旗が立てられ、オリビアは引き分けと迷ったものの「日本」を選んだ。日本が占い通り勝てば、6大会連続のW杯出場が決まる。

■障がいある子どもの防災教育推進へ(17-08-30)

 障がいがある児童や生徒への防災教育を進めようと、日光市の今市特別支援学校で30日、教員を対象にした研修会が開かれた。県教育委員会は宇都宮地方気象台と協力して、障がいのある子どもたちのための防災プログラムづくりをすすめていて、担当者は特性に応じた指導が必要だと話した。今市特別支援学校は今後、緊急地震速報を使った訓練を重ね、プログラムの策定を目指す。

■リニューアルの道の駅きつれがわ 売上倍増(17-08-30)

さくら市の花塚 隆志市長は30日、定例の会見を開き今年4月にリニューアルされた「道の駅きつれがわ」の直売所などの売上金額が去年に比べて2倍以上に増えたことを明らかにした。23日までの直売所の売上金額は約2億8600万円で、前年に比べて1億5300万円増え2.1倍となった。東日本大震災による風評被害などで来場者が落ち込んだことなどから今年4月にリニューアルオープンしていた。 

■北朝鮮ミサイル発射 県内も対応に追われる(17-08-29)

政府は午前6時前、Jアラートで栃木県を含む12道県にミサイルが発射され、日本上空を通過したことを伝えた。県では危機管理課の職員など30人が直ちに集まり、慌ただしく情報収集に追われた。約1時間後の午前7時には県内に被害がなかったことを確認し、消防庁に報告した。県のウェブサイトでも弾道ミサイルは発射されてから約10分と短時間で着弾することなどを挙げ、注意を呼び掛けている。

■LRT事業を後押し 議員連盟を設立(17-08-29)

LRT事業について、宇都宮市が国からの施行認可を県に提出していて、関連議案が県議会の9月議会で上程される見通し。9月議会を前に事業を後押ししようと29日、とちぎ自民党議員会などの議員34人が議員連盟を設立した。総会では、会長にとちぎ自民党議員会の木村好文議員、副会長に三森文徳議員が選出された。今後は宇都宮市と芳賀町の議会の有志による議員連盟と連携し、情報共有を図る方針。

■控訴審に向け弁護側が会見 今市事件(17-08-29)

旧今市市(現・日光市)の小学1年生、吉田有希ちゃん(当時7)が殺害された「今市事件」で、無期懲役の判決を受け控訴した勝又拓哉被告(35)の弁護側が29日、東京都内で会見した。遺体に付着したDNA型鑑定で被告と一致する型が検出されなかったことなどを無罪の根拠として主張することを明らかにした。東京高裁は10月に控訴審の初公判を開く方向で調整しているとみられる。

■【北朝鮮ミサイル関連】鉄道関係への影響(17-08-29)

東武線では一時運転を見合わせたが、午前7時過ぎに運転を再開し、遅れが出た。JRは東北、上越、北陸の各新幹線と在来線の全線で安全確認のため運転を一時、見合わせたが午前8時20分現在、平常運転に戻ったという。真岡鉄道、わたらせ渓谷鉄道などそのほかの県内の私鉄も遅れが出ている。高速道路では、影響は出ていない。(午前8時20分現在)

■【北朝鮮ミサイル関連】県内に被害の情報なし(17-08-29)

県危機管理課と県消防防災課はJアラートを受けて、全職員が登庁し、市町や関係機関への情報収集に当たった。現在までに県内に落下物が発見されるなど被害の情報は確認されていない。対応をまとめ消防庁に報告する方針。県民からは「部活の朝練が中止になった。落ちたらどうしたらよいのかわからず不安だった」「栃木は入っていないと思っていたのでJアラートが鳴って驚いた」などの声が聞かれた。

■【北朝鮮ミサイル関連】県内の学校の対応(17-08-29)

 県内で夏休みが明けた日光市や鹿沼市、矢板市などの公立の小中学校ではミサイルの影響はなく、通常どおり授業が行われる。また、同じく夏休みが明けている県立高校も通常どおり授業が行われる。(午前8時現在)
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • ゴルフここだけ
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • SOUND30
  • visual