とちテレニュースカレンダー

2016年3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2016年03月のニュース

ニュース動画一覧

■免許持たず29年間中学校に勤務 養護教諭の採用無効(16-03-17)

 那須塩原市の中学校に養護教諭として勤務する55歳の女性養護教諭が教員免許を持たないまま採用され、29年間、働いていたことが分かった。県教育委員会は16日付でこの養護教諭の採用を無効にした。県教育委員会は17日、県庁で会見を開き謝罪した。罪の意識を持っていたという養護教諭は「今までかかわってきた児童生徒、保護者、先生方に心から申し訳なく思う」などと話しているという。県教育委員会は、警察と相談し、刑事告発に向けて準備を進めているが、給与の返還は求めない方針。

■キヤノン、東芝MSを6,655億円で買収(16-03-17)

 キヤノンは17日、大田原市に本社を置く東芝の医療機器子会社の「東芝メディカルシステムズ」を買収すると発表した。買収額はおよそ6,655億円で、キヤノンは医療機器を新たな収益の柱とし、目標とする2020年の売上高5兆円に向け、大きく前進した。経営再建中の東芝は、2016年3月期連結決算で7,100億円の損失を見込んでいる。優良事業の東芝メディカルを売却し、財務の悪化を食い止める。当初は一部の株式の保有を続ける意向だったが、キヤノンに全株を売却することにした。
 東芝メディカルの売却をめぐっては、富士フイルムホールディングスやコニカミノルタなども名乗りを上げ、争奪戦となった。
 

■【今市事件 公判続報】自白の任意性で論告・弁論(16-03-17)

 2005年に起きた今市事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判の第13回公判が17日、宇都宮地裁であり、争点となっている被告の自白の任意性をめぐり中間論告・弁論が行われた。検察側は被告が14年6月に殺人容疑で逮捕・送検後、検察官が取った自白調書を立証の柱と位置付けて証拠請求している。地裁はこれまでの審理やこの日の論告・弁論を踏まえて任意性の有無を判断し、採用するかどうか決める。採否の決定は18日の予定。
 自白調書は送検後に行われた取り調べを基に、14年6月20〜23日に5通作成された。公判では裁判員に自白の任意性や信用性を判断してもらうため、検察官や警察官の取り調べの録音・録画が計4日間、計約7時間13分にわたり再生された。【共同】

■今市事件裁判 被告人質問で供述変遷の理由話す(16-03-16)

今市事件の裁判員裁判で、16日は被告人質問が行われた。勝又拓哉被告は供述を変えた理由について「警察官に『違うのではないか』と言われて直した」と説明した。勝又被告は殺人について無罪を主張していて、裁判では自白の任意性と信用性が争点。弁護側に、自白した理由について聞かれると「取り調べをした検察官に『自白は必要ない』と言われて実刑になると思った」などと話した。また検察側に「真犯人だから(供述調書に)サインしたのでは」という質問されると「いや、違う」と否定した。

■ロブレビルリニューアルに向け説明会(16-03-16)

JR小山駅の西口にある再開発ビル「ロブレ」のリニューアルで、テナント出店に関心がある事業者向けの説明会が16日に開かれた。2016年12月の開業を予定している。「ロブレ」は2015年8月、主要店舗だった「イズミヤ小山店」が撤退した。説明会には35社が集まり、「通り過ぎる駅前から皆が集う駅前へ」というリニューアルのコンセプトが示された。商業施設をプロデュースする「ジオ・アカマツ」は「家族が使いやすい商業施設を目指す」としている。

■鹿沼市消防団 消防庁長官表彰受章を報告(16-03-16)

2015年の関東・東北豪雨で住民の避難誘導などに貢献した鹿沼市消防団が、2015年度の防災功労者として消防庁長官表彰を受章し、16日、伊藤金治団長など3人が鹿沼市役所を訪問し、受章を報告した。訪問を受けた佐藤信市長は「豪雨の時、消防団は住民の支えになった。今後も支援と協力をお願いしたい」と述べた。鹿沼市消防団が防災功労者の消防庁長官表彰を受けるのは初めて。

■【16日夜9時からのニュースワイド21】(16-03-16)

◇宇都宮市LRT事業〜佐藤市長がルート変更で揺れる平石地区を視察・保護者からは「小学校周辺は危ない」の声も◇イズミヤ撤退の小山市ロブレ:事業者対象の説明会開催〜オープンは12月◇今市事件公判続報〜警官の「違う」で供述変遷◇霞ヶ浦導水事業:2023年度まで工期延長へ◇豪雨時に貢献、鹿沼市消防団に消防庁長官表彰◇FPの家と県、森づくりで協定〜真岡・根本山でさっそく枝打ち◇農業女子もラクラク!新しい農機具の体験会◇進む大学と地域の協定 ̄大×老舗ゴルフクラブ「日光カンツリー倶楽部」⊃雄牋蘋目指す!白鴎大×鹿沼高◇節句に向けて武者絵のぼりの製作ピーク〜市貝町の大畑さん
【栃木のニュースはとちぎテレビで。17日朝6時30分からの「ニュースとちぎの朝」でも放送します。※一部変更あり】

■【今市事件 公判続報】警官の「違う」で供述変遷(16-03-16)

 2005年に起きた今市事件で殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)は16日、宇都宮地方裁判所での第12回公判で供述内容を変えた理由について「警察官に『違うのではないか』と言われて直した」と説明した。被告は被害者の吉田有希ちゃん(当時7歳)の殺害を2014年2月18日に初めて自白したとされ、その後、検察と警察から任意の取り調べを受け、供述は変遷した。
 弁護側は同3月10日の取り調べで「事件でスタンガンは使っていない」としていたのに、検察官に自白した同6月11日に「有希ちゃんに当てた」と供述した理由を質問。被告は「警察官から『本当に使っていないのか』と連日聞かれ、『使った』と言った方がいいと思った」と述べた。
 連れ去り状況については同2月21日に「声をかけて後部座席に乗せた」と供述したが、その後、警察官に「知らない人に言われてそんなに簡単に乗るのか」と言われたため、「運転席から無理やり乗せた」と説明を変えたと言う。【共同】

■霞ヶ浦導水事業の工期延長 23年度まで(16-03-16)

 茨城県の霞ヶ浦と那珂川、利根川を地下トンネルで結び、水を行き来させる霞ヶ浦導水事業で、国土交通省が事業の工期を2023年度まで延長する方針を決めたことがわかった。この事業は霞ヶ浦の水質浄化や茨城、埼玉、千葉、東京の1都3県への水の安定供給を目的に計画され、1984年に着工した。茨城県と栃木県の地元漁協などが国に取水口の建設工事の差し止めを求めた訴訟の控訴審が東京高等裁判所で続いていて、工事は再開していない。この事業は当初、1993年度に完成する予定だったが用地の取得が遅れるなどして、工期はこれまでにも3回延長されている。【共同】

■工務店有志が森づくり協定(16-03-16)

■【15日夜9時からのニュースワイド21】(16-03-15)

【速報】夕方から宇都宮市内で開催された福田知事新春の集いで自民・石坂幹事長が再度4選出馬要請(21時20分過ぎごろ放送)◇カルビー「フルグラ」新生産ライン増設で松本会長兼CEO自ら戦略を説明◇ビッグ・ビーの新社屋、中心部に竣工◇今市事件公判続報〜自白の様子を再生◇震災5年・宇大が甲状腺検査に関するアンケート◇特集:自分の地域は自分で守る〜壬生町が13年ぶり大規模防災訓練◇杉並木オーナー制度、新たにレオン自動機◇安心できる鬼怒川温泉に…防犯カメラ設置◇パトカーに「POLICE」の表記◇きょうの県北は強風でした:那須岳の映像&あすの県内の天気詳しく

【栃木のニュースはとちぎテレビで。16日朝6時30分からの「ニュースとちぎの朝」でも放送します。※一部変更あり】

■今市事件裁判員裁判 殺害状況説明の映像公開(16-03-15)

11回目の公判では2014年6月11日の検察官による取り調べの様子などが再生された。検察官が「人としての道を示して」などと説得して、改めて「有希ちゃんを殺したのは君だよね」 と問いかけると勝又被告は深呼吸をしたあと涙声で「はい」と小さく答える様子が映し出された。有希ちゃんを車に乗せた時の様子などについても具体的に答える様子がみられた。検察側は「本人の意思で自白をした」として最も重要な証拠だと見ているが弁護側は「過去の取り調べの積み重ねでこの日がある」として自白に任意性と信用性がないとしている。
  • SOUND30
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • ゴルフここだけ
  • 旅好き
  • とちテレ公式YouTube
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜