とちテレニュースカレンダー

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■県議会 予算特別委員会(18-03-16)

県議会の予算特別委員会が16日開かれ、県産の木材をさらに利用してもらうため県が新年度から住宅だけではない建物にも助成の対象を広げることなどが説明された。県は森林環境の整備について独自で設けている環境税、「とちぎの元気な森づくり県民税」を新年度からさらに10年間、延長することにしている。県では助成の対象をこれまでの公共施設に加えて新年度から民間施設の建物を木造化する場合も適用していく考えを示した。

■那須雪崩事故 遺族が県教育長に要望書を提出(18-03-16)

那須町で登山講習中だった大田原高校の生徒と教諭8人が亡くなった雪崩事故で遺族が16日、県教育委員会の宇田貞夫教育長宛てに事故の責任をどう考えるのかや関係者をいつどのように処分するか回答を求める要望書を提出した。要望書では検証委員会の最終報告書で「雪崩は予見可能であった」とされていることなどに触れ遺族としては、事故の責任は県と県教育委員会が全面的に負うものと考えているとしている。

■TKCカスタマーサポートセンターの竣工式(18-03-16)

宇都宮市に本社を置く情報サービス会社のTKCの新たなオフィスビル「TKCカスタマーサポートサービスビル」が鹿沼市に完成し16日、竣工式が行われた。このビルはTKCの子会社のTKCカスタマーサポートサービスの拠点となり4月から顧客からの電話やメールでの問い合わせに対応する。180人が働く予定でそのほとんどが女性。企業内保育園もあり子どもと一緒に働ける環境を用意した。

■「附属幼稚園の閉園は行わない」 宇大が方針を発表(18-03-15)

宇都宮大学は、当初閉園も含めて方針を検討していた教育学部附属幼稚園について「閉園せず存続する」結論に達したと発表した。少子化に伴う児童数や教員の需要の減少を受け、宇都宮大学は2017年3月に「附属学校の在り方検討委員会」を設けて教育学部附属学校の改革について協議を続けてきた。幼稚園と小学校との連携の重要性を重く見て「附属幼稚園の閉園は行わない」こととした。

■日光に座して800年 稲荷神社で神事(18-03-15)

鎌倉時代、1218年に京都御所の伏見稲荷大明神が祭られた日光市の稲荷神社で15日、毎年行われている初午祭に合わせ、鎮座800年祭が行われました。50年前に鎮座750年祭が行われていて、関係者はこの日のために拝殿を修理するなど準備を進めてきた。神事では玉串をささげるなど、これまで神社を守ってきた先人たちに感謝し、地域のさらなる繁栄を願った。

■ナマズ天などずらり 小江戸・栃木で江戸料理楽しむ(18-03-15)

「小江戸」と呼ばれ、風情ある街並みを残す栃木市で15日、再現された「江戸料理」を楽しむイベント「とちぎ江戸料理まつり」が初めて開かれた。市役所1階の会場にナマズの天ぷらなど約20種類の料理が並んだ。この日は蔵の街遊覧船の会場でも試食会が行われ、屋形船に乗ってとちぎ江戸料理を使った弁当を味わう人もいた。

■下野・石橋小 16日学校閉鎖(18-03-15)

 下野市教育委員会によると石橋小学校で14日から複数の児童や教員が腹痛や嘔吐などの症状を訴え、15日は全校児童462人のうち130人が欠席した。これを受けて石橋小学校は16日を学校閉鎖とすることを決めた。症状はいずれも軽いということで県の県南健康福祉センターで詳しい原因を調べている。

■御料牧場で職員が馬に蹴られ重体(18-03-15)

 高根沢町と芳賀町にまたがる宮内庁御料牧場で男性職員が馬に頭を蹴られ、意識不明の重体となっていることが分かりました。御料牧場によりますと14日午前7時40分ごろ、男性職員(23)が厩舎に戻そうと夜の間に放牧していた馬を引いていたところ、馬が急に走り出しました。男性職員は引きずられて転倒し、頭の左側を蹴られたということです。厩舎に戻す作業は別の男性職員と2人で行っていました。事故にあった男性職員は頭の骨を折り、きのうの時点で意識不明の重体となっています。
 男性職員は去年4月に採用され、大学時代は馬術部に所属していて馬の扱いには慣れていたということです。御料牧場の村上稔次長は「馬が驚くような状況は無かったと聞いている。事故は残念で職員の回復を願っています」と話しています。

■國學院栃木センバツ高校野球 壮行会(18-03-14)

今月23日開幕の第90回記念選抜高校野球大会に出場する、國學院栃木高校が14日、甲子園に向けて出発した。國栃は去年秋の県大会で作新学院を破って優勝、続く関東大会ではベスト8に。この日、在校生と保護者など約900人が参加して壮行会が開かれた。選抜出場は柄目 直人監督が選手として出場した2000年以来。大久保 謙亮主将がチーム一丸となって戦うことを誓った。
  • SOUND30
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • 旅好き