とちテレニュースカレンダー

2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年05月04日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■コロナ禍の大型連休 屋外遊園地人気(21-05-04)

大型連休も後半、新型コロナ対策と長い休みでの気持ちのコントロールの両立が大きな課題となる中、県内では屋外の施設に人気が集まっている。宇都宮市のとちのきファミリーランドは、年間で来場者が最も多い大型連休だが、去年は新型コロナの影響で休園、今年は徹底した感染防止対策をとり、来場者が一定数を超えた場合には入場制限も行った。訪れた人は去年導入された「雷様ストーム」や定番の観覧車、蜜を避けられるボートなどのアトラクションを満喫。手作りのお弁当で大型連休後半の休息を楽しむ姿も見られた。「はじめて来場した」という声も多く、県境をまたいでの移動ができない中で近場の屋外、さらに家族で行けるレジャー施設のニーズが高くなっている。

■コロナ禍の大型連休 BBQ場賑わう(21-05-04)

コロナ禍で迎えた大型連休。宇都宮市の「みずほの自然の森公園」に設置されているバーベキュー場では天候に恵まれた4日、林のすき間からこぼれる日差しを浴びながら市内に住む家族連れを中心に屋外での食事を楽しんでいた。公園では去年のこの時期、緊急事態宣言が全国に発令されたこともありバーベキューやイベントスペースの有料エリアを使用停止としていた。今年は感染拡大防止のためバーベキュー会場の人数を制限したりゴミを持ち帰りにしたりして対策を行っている。来園者は例年のこの時期に比べると去年は半分ほどだったが今年は8割ほどになっているという。

■映画「いのちの停車場」舞台あいさつ(21-05-04)

在宅医療をテーマにした映画「いのちの停車場」の特別試写会が、ロケが行われた栃木市で開かれ、上映前の舞台あいさつに主演の吉永小百合さんなどが登場してロケの思い出を披露した。南杏子さん原作の同名小説の映画化で、長年救命救急の医師として働いてきた吉永さん演じる主人公が故郷の金沢に戻り、在宅医療を通していのちと向き合う社会派の作品。映画出演122本目にして初めての医師役という吉永さんやメガホンを取った成島出監督などが舞台あいさつに立ち、巴波川や印象的なシーンとなるバス停など栃木市内で行われたロケを振り返った。また、映画には小山市や下野市の医師が医療の監修や在宅医療の演技指導に携わっている。5月21日から全国ロードショー。

■新型コロナ20人 日光市内小学校でクラスター(21-05-04)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は4日、新たに10代から80代の20人の感染を発表した。日光市内の小学校では4日までに児童と教職員合わせて6人の感染が確認され、県は60例目のクラスターと認定した。クラスター発生の原因は、授業などの校内活動に伴う接触感染とみられ、学校は4月30日に臨時休校し校内の消毒作業を行った。大型連休明けの対応は未定。県内の感染者は累計5440人で、現在の療養者は245人、このうち重症は4人、入院調整中は31人。また県は4月下旬から5月上旬に発症した10歳未満から60代の男女10人から変異株ウイルスを確認したと発表した。県内での変異株の判明は累計135人。

■2日の降雹被害 1億6300万円(21-05-04)

県は5月2日に降った雹の影響で大田原市や市貝町、那珂川町など7市町でネギやナシ、ウドなどに合計1億6300万円の被害が出たと発表した。最も被害が大きかったのは大田原市で、ネギを中心に1億3800万円にのぼっている。
  • 第10回とちテレゴルフカップin烏山城カントリークラブ開催のお知らせ
  • チラシビジョン
  • うたの王様 よくあるご質問
  • イブ6プラス
  • まろにえーるTV 超
  • とちテレYouTubeチャンネル