×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

真岡市長選挙告示 12年ぶりの選挙戦

 真岡市長選挙が選挙戦となるのは12年ぶりで現職と新人の一騎打ち。立候補したのは現職で2期目の当選を目指す石坂真一候補(65)と、前市議会議員で新人の佐々木重信候補(81)。  石坂候補は選挙事務所前で自民党の佐藤勉衆議院議員や19人の市議会議員と出陣式に臨み、第一声で新型コロナウイルス対策など1期目の実績をアピールし、36項目に渡る公約を掲げて人口減少が進むまちの再生をと訴えた。  一方の佐々木候補は立憲民主党県連代表の福田昭夫衆議院議員などを応援に迎え、大前神社の近くで第一声を放った。市が複合的な交流拠点の1つとする新たな図書館の建設に反対の立場を示していて、市民全員に1人当たり5万円を支給するなどの施策を掲げている。  投票は25日で即日開票される。