とちテレアナウンサーブログ

2019年01月11日(金)

「元号」と栃木 驚きのつながり

この時間が愛おしかったです。

この時間が愛おしかったです。

驚くほど集中できます(笑)

驚くほど集中できます(笑)

典拠となった部分を書写します。

典拠となった部分を書写します。

書院は校長先生の接客の間。

書院は校長先生の接客の間。

日本最古の学校は元号でも凄かった。

日本最古の学校は元号でも凄かった。

1月10日のイブニング6プラス、
新年1回目の「アナリポ」は元号の特集。
足利学校での
「元号書写体験」を放送しました。

足利学校には
明治・大正・昭和・平成の根拠となった
漢籍2冊(宋書)が所蔵されていて
いずれも国宝!
明治以降すべてというのが驚きで、
平成が幕を下ろす今、
書写体験はまさに
足利学校でしかできないものと言えます。

書写体験を行う「書院」は、
平成8年に天皇、皇后両陛下も
訪問されています。
聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。

40分あまりの書写。
この時代を生きた自分も
振り返ることができそうな
贅沢な時間が体感できます。

新元号が発表されるまで実施。
大人200円、高校生100円、
中学生と小学生は無料です。

新元号発表は4月1日。
改元は今年の5月1日です。

とちぎテレビ
飯島誠

2019年01月02日(水)

新時代の幕開け

平成31年1月1日午前7時ごろ

平成31年1月1日午前7時ごろ

冬らしい寒さの中でした

冬らしい寒さの中でした

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします

平成31年、スタート。
平成最後の、初日の出です。

ここ何年かは、ずっと
筑波山のてっぺんから初日の出が昇る
「ダイヤモンド筑波」を見ています。

これまでは毎年見られたので
ここ数年は
いい天気だったことになります。

今年は、たなびいていた雲が消え
最高の雰囲気で日が昇ってきました。
小山の午前7時の気温が氷点下5.1℃。
荘厳な雰囲気で、まばゆい光でした。

この場所では
毎回あるご夫婦とお会いできます。
年の初めのごあいさつ、
よい年になりますようにと交わします。
このひとときが、うれしい。

新時代の幕開け。
皆様、今年もよろしくお願いします。

とちぎテレビ
飯島誠

2018年12月29日(土)

平成30年が暮れていきます

「笑顔がだいジー!」と言っている(笑)

「笑顔がだいジー!」と言っている(笑)

「ちょっとちょっと!」の決定版♪

「ちょっとちょっと!」の決定版♪

番組名が印象的でした。
「平成最後の年末スペシャル」。

ザ・たっちと初参戦の元田アナ、
「平成最後」に
こんな楽しい放送ができるなんて!

とにかくスタジオの雰囲気が
あったかい、丸い。
スタジオではずっとしゃべってました。

ついぞ「たくやさん」「かずやさん」と
個別に呼べなかった・・・(笑)
勇気がなかった・・・
いや、その必要がなかった。

2人は「あうんの呼吸」。
2人同時にトイレで遭遇した時には
思わず「ここでも!」と言ってしまいました。

個人的には
たっちの「おすぎとピーコ」さんから
「飯島!」と突っ込まれたこと、
家宝にしたいと思っております。

また、中継先のベジータ様から
「こっぱみじん」にされたことも、
これまた、財産だと思っております。

いろいろあった2018年が暮れていきます。
番組で、取材先で
本当にたくさんの人にお世話になりました。

さあ2019年、平成31年。
真の「新時代」の幕開けです。
さらにとちテレ、4月1日に満20年。
まさに「働き盛り」の年齢を迎えます。

幸せな1年が訪れますよう
心から祈らずにはいられません。
皆様、よいお年をお迎えください。

とちぎテレビ
飯島誠

2018年12月27日(木)

応援の準備は、よろしいですか!

石田さん、草皆さん、萩島さん、荒川さん

石田さん、草皆さん、萩島さん、荒川さん

ブレッキーとも「よいお年を!」

ブレッキーとも「よいお年を!」

平成30年最後のイブニング6プラス、
私はブレックスアリーナ宇都宮からの
中継でした。

ブレックスと秋田ノーザンハピネッツの
ファンによる「応援合戦」。
秋田の草皆さんと石田さんは
吹雪の秋田から無事栃木に到着し
秋田の素晴らしさを語ってくれました。

草皆さんのお母様は日光市出身だとか。
こういう縁を感じるのも
すばらしいですねぇ。

栃木からは
ブレックス公認サポーターズチームの
B−rAidsの萩島さんと荒川さん。
コールリーダーを務めるお二人も
これまた栃木自慢を楽しく展開。

アリーナグルメも紹介しました。
秋田のきりたんぽをつくねで巻いた
「ぶたんぽ」食べてみたいです。
栃木の「ゆめポーク丼」は絶品です。

中継して感じたのは
スポーツの「熱さ」と「固い絆」。
バスケットボールを通して
さまざまなものが生まれます。

気がついたら、私の声も
大きくなっていました。

とちぎテレビ
飯島誠

2018年12月10日(月)

スパイクの威力は半端ないっす

「奥山3兄弟」奥山遼選手

「奥山3兄弟」奥山遼選手

プロテクター借りました(テレビから)

プロテクター借りました(テレビから)

奥山選手が飛ぶ瞬間!(テレビから)

奥山選手が飛ぶ瞬間!(テレビから)

春高バレー全国大会に出場する
作新学院のロケ。
佐藤悠介さんとともにおじゃましました。

長く県大会決勝の実況を務めています。
スパイクの威力は知ってはいたけれど
どれくらいのものだろうと
実際に受けてみることになりました。

エース(県大会ではオポジット)の奥山遼選手。
栃木大会優勝チームのエースですよ。
「奥山3兄弟」と呼ばれ
みんな作新で大活躍した、その末っ子ですよ。

「見る」と「する」では大違い。
ボールは速かった。
それ以上に、スパイクで奥山選手が飛ぶ瞬間がすごい。

言葉で表現するのは難しい。
「圧倒」という表現でも足りない。
速い、高い、大きい、力強い・・・

奥山選手が飛ぶ瞬間に、レシーブする選手は
一瞬のうちにどんなことを考えるのか。
打つ選手もすごいが受ける選手もすごい。
幸せな体験をさせていただきました。

受けたボールは「普段の6割の力」だそうです。
受け答えするその表情は凛々しい。
栃木の高校生、みんな頑張っています。

作新学院の織田監督は監督歴43年の今季勇退。
同じく女子の県代表、國學院栃木の福田監督も
監督歴43年の今季、最後の采配です。

集大成は「歴史を作るとき」「伝説を作るとき」。
栃木の高校生の活躍を心から祈ります。

とちぎテレビ
飯島誠

2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

飯島 誠(いいじま まこと)

■氏名:
 飯島 誠(いいじま まこと)
■誕生日:
 5月22日
■出身地:
 栃木県小山市
■趣味:
 鉄道旅行、「ウチのメダカ」の飼育
■特技:
 話し相手の地元の話に強い(合わせられる)
■モットー:
 ゼロから。
■好きな...

詳しいプロフィールはこちら

アナウンサーブログ一覧

最新のブログスレッド

  • 旅好き
  • visual
  • とちテレゴルフ
  • 海と日本PROJECT
  • SOUND30
  • ミヤリーの部屋