とちテレアナウンサーブログ

2020年11月03日(火)

春高バレー コートに足跡を残した

無観客でも試合は熱い

無観客でも試合は熱い

男子の解説鈴木清隆さんと

男子の解説鈴木清隆さんと

鈴木さんお疲れ様です!

鈴木さんお疲れ様です!

女子の解説福田舞さんと

女子の解説福田舞さんと

初の解説福田さんありがとうございます

初の解説福田さんありがとうございます

自粛、中止、自粛、中止・・・
このブログを振り返って見ても
色のない時間を過ごしてきたんだなと
ため息が出ます。

春の高校バレーの県大会、
10月31日に準決勝までが、
11月1日に決勝戦が行われました。
無事に、開催されました。

準決勝までは無観客でした。
保護者の皆さんは会場の外にいました。
私も子を持つ親のひとり。
複雑な気持ちでした。

「3年間の最後の試合が見たかった」
「今年度、1試合も見られず終わって残念」
ただ、聞くしかありませんでした。

選手にも話を聞きました。
決勝前、全員に2つの質問を必ず聞きました。
ひとつは「自粛期間はどうしていたのか」。

何もできない無念さと
自分なりに練習したことを語ってくれました。
失礼ながらビックリしたのは
「練習は毎日?」の問いに「はい」と答える
高校生のとても多かったこと。

ある選手は、監督のSNSに
その日の練習を報告していました。
見せていただきました。
おそらく20行くらいは書かれていたと思います。
それが、毎日です。

もうひとつの質問は
「バレーをやっていてよかったか」。
これは全員が「よかった」と答えました。

仲間と励まし合っていたこと、
小学生から生活の中心、成長とともに
バレーがあった。
この学校でやっていてよかった。

今年は宇都宮中央女子に代表されるように
3年生が数多く大会に残りました。
「区切り」とは思っていませんでした。
試合に勝ちたいという一心でした。

技術面では厳しいと話した監督もいます。
スポーツを感情で語っては
いけないのでしょう。
残るスコアも接戦には見えません。

しかし私は、
困難を乗り越えて
仲間とともに最後まで戦い切った
「強い」チーム同士の対戦だったことを
ずっと忘れないでおこうと思います。
選手はコートに確かな足跡を残しました。

とちぎテレビ
飯島誠

2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

飯島 誠(いいじま まこと)

■氏名:
 飯島 誠(いいじま まこと)
■誕生日:
 5月22日
■出身地:
 栃木県小山市
■趣味:
 鉄道旅行、「ウチのメダカ」の飼育
■特技:
 話し相手の地元の話に強い(合わせられる)
■モットー:
 ゼロから。
■好きな...

詳しいプロフィールはこちら

アナウンサーブログ一覧

最新のブログスレッド

  • マリフルールBUCCA
  • チラシビジョン
  • とちテレ番組ガイド
  • うたの王様 よくあるご質問
  • 民放の日
  • とちテレYouTubeチャンネル