とちテレアナウンサーブログ

2019年11月19日(火)

とちぎのスター

11月14日の大嘗祭
「大嘗宮の儀」に献上されたコメ
「とちぎの星」の特別販売会の取材。
ここで私もお米を購入し
家で炊いてみました。

粒がしっかりしていて
お米本来の味がしっかりしている印象。
取材中に食べたおにぎりは
冷めても美味しいと思いました。
私は好きですね。

とちぎの星のお酒も人気だそうで、
誕生して6年ほどで
一世一代の重要祭祀に献上された
まさに「スター」。
新時代に息の長い活躍ができると
いいですね。

とちぎテレビ
飯島誠

2019年11月10日(日)

選手に共感する 思いを伝える

「試合中は、もうドキドキでした」。
試合後こう話しかけてくれたのは
國學院栃木高校女子バレー部のコーチ、
宮田夏湖さんです。

春高バレー栃木県大会。
今年も熱戦が展開され
國學院栃木は33連覇を達成しました。
全国最多連続出場、男子の東海大四に並ぶ
男女通じてタイ記録を今回樹立。

宮田さんは2013年に3年生で
センターコートに立ち
全国大会出場を決めました。
令和の時代になって、チームは新監督に。
そして本人は今回コーチで初めて
ベンチに座ったのでした。

「『寄り添う』コーチングを心掛けています」。
自分も経験した高校バレー。
自分が通った同じ境遇にいる現役選手に
「共感」すること。
さらに宮田さんはこんなことを話しました。

「ずっと勝ち続けられたのには理由がある。
自分たちも『全国に出たい』と思っていた。
今の選手も思いはまったく同じ。
『勝って来られた理由』を伝える役が
自分だと思っています」。

「プレッシャーは大きい」とも話していました。
それを「國栃の『根本』」と話した宮田さん。

チームは今大会、1セット目を
「あっさりと」奪われました。
第2セット以降は圧巻の展開でしたが、
宮田さんの試合後の第一声は「緊張しました」。

コートに立つのは選手。
伝えたい、何とかしてあげたい。
厳しい勝負の世界で、新人コーチは戦っていました。

「踏ん張らないと選手の人生が変わってしまう」。
たとえ連覇が途切れても
勝負の世界では自然なこと。
それでも戦い続けるチームの凄さを感じました。

現役時代も話を聞き、
コーチになって再び話を聞く。
「現役の時より緊張しました」。
こういう話が聞ける…ありがたい限りです。

とちぎテレビ
飯島誠

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

飯島 誠(いいじま まこと)

■氏名:
 飯島 誠(いいじま まこと)
■誕生日:
 5月22日
■出身地:
 栃木県小山市
■趣味:
 鉄道旅行、「ウチのメダカ」の飼育
■特技:
 話し相手の地元の話に強い(合わせられる)
■モットー:
 ゼロから。
■好きな...

詳しいプロフィールはこちら

アナウンサーブログ一覧

最新のブログスレッド

  • ミヤリーの部屋
  • とちテレ公式YouTube
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • 海と日本PROJECT
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • SOUND30