とちテレアナウンサーブログ

2020年12月31日(木)

交わしたこと

2020年12月31日の夕陽

2020年12月31日の夕陽

富士山

富士山

仕事納めのスタジオ

仕事納めのスタジオ

来年もよろしくお願いします

来年もよろしくお願いします

今年最も記憶に残る言葉、
ある高校スポーツチームの主将が発した
「この1年間を返してほしい」。

私は今年の仕事納めの日に
栃木で「特定警戒」が発表されました。
返してほしいと願っても願っても願っても
新型コロナは今年最後の日も進行形です。

2020年が暮れていきます。
ウイルスとの闘い、そして
自分を律するという闘い。
なんとかこの日までたどり着きました。

この1年、取材をしていて思ったのは
自分でできることを精一杯やる人は
とてもかっこいいということです。

前述の主将は
たった1回の大会、最後の最後まで
戦い抜きました。
あきらめない姿勢は
「返してほしい」の言葉以上のものを
伝えてくれました。

2020年の太陽は
あっという間に沈んでいきました。
撮影していると横から
「ここからよく見えますよ」とひと言。

大きなカメラを持った人のもとに向かうと
「あそこに、ほら…」
木々の隙間、ほんのわずかなところから
あ、富士山。

ピンポイントの場所、
「邪魔になっちゃうかな…」と
わざわざ三脚を移動してくれて。
太陽はどんどん沈んで暗くなるのに…

グッと来た。「あー、これだー」と。
会話を交わすことがこんなにうれしいのかと。
「ありがとうございます」と返した言葉が
伝わればいいなと。

明日も太陽は昇ります。
富士山もあります。
言葉が自由に交わせる日を夢見て。
今年1年、ありがとうございました。

とちぎテレビ
飯島誠

2020年11月06日(金)

祝ドラフト1位!入江大生投手

ドラフト1位指名後にこの表情

ドラフト1位指名後にこの表情

10月上旬ドラフト前取材にて

10月上旬ドラフト前取材にて

10月26日にプロ野球ドラフト会議、
横浜DeNA1位指名の入江大生投手の
単独生中継をお伝えしました。

4年前の作新学院で甲子園3試合連続本塁打、
夏の大会54年ぶりの全国制覇に
大きく貢献したのは記憶に新しいところ。

明大に入ってからは
強い意志で投手に復帰しエースに。
1位指名に表情を変えなかったのは
「大学の仲間が指名を待っていたから」と
会見後私にそっと語ってくれた、その人間力。

大学の合宿所、食堂が記者会見場でしたが、
会見の喧騒が落ち着いたころ彼はふらっと現れ
ご飯を作ってくれる合宿所の女性とハイタッチ。
「よかったねー」「ありがとうございます」。
合宿所での普段の生活が見えた瞬間でした。
女性に話を聞くと
「普段から生活態度が素晴らしい。他の模範。
プロに入れるのも納得よ」とまさに母心。

地元、栃木が大好きと話す入江投手。
合同会見で「栃木の皆さんにメッセージを」と問うと
「残念なことがあります」といきなり。

おめでたい席で「ん?」と慌てていると、
「栃木県が魅力度ランキング最下位ということで
これからどんどん栃木をアピールできるように
頑張ります」と在京記者の爆笑を誘う。
栃木の私は「よっしゃー」と思う。

とちテレだけの生中継は
プロでの目標、小針監督への感謝、
ふるさとへの思いなどを
楽しく、ありったけ話してくれました。

中継が終わった後、居合わせた仲間に向かって
「プロになれたよー」。
心から絞り出した言葉に
鮮やかな色がかかっているようでした。
満面の笑顔とともに、忘れられません。
小3からの夢、叶えられる人はほんのわずかな中
練習に励み、祈るように待っていたのでしょう。
活躍をふるさと栃木から応援したいと思います。

とちぎテレビ
飯島誠

2020年11月03日(火)

春高バレー コートに足跡を残した

無観客でも試合は熱い

無観客でも試合は熱い

男子の解説鈴木清隆さんと

男子の解説鈴木清隆さんと

鈴木さんお疲れ様です!

鈴木さんお疲れ様です!

女子の解説福田舞さんと

女子の解説福田舞さんと

初の解説福田さんありがとうございます

初の解説福田さんありがとうございます

自粛、中止、自粛、中止・・・
このブログを振り返って見ても
色のない時間を過ごしてきたんだなと
ため息が出ます。

春の高校バレーの県大会、
10月31日に準決勝までが、
11月1日に決勝戦が行われました。
無事に、開催されました。

準決勝までは無観客でした。
保護者の皆さんは会場の外にいました。
私も子を持つ親のひとり。
複雑な気持ちでした。

「3年間の最後の試合が見たかった」
「今年度、1試合も見られず終わって残念」
ただ、聞くしかありませんでした。

選手にも話を聞きました。
決勝前、全員に2つの質問を必ず聞きました。
ひとつは「自粛期間はどうしていたのか」。

何もできない無念さと
自分なりに練習したことを語ってくれました。
失礼ながらビックリしたのは
「練習は毎日?」の問いに「はい」と答える
高校生のとても多かったこと。

ある選手は、監督のSNSに
その日の練習を報告していました。
見せていただきました。
おそらく20行くらいは書かれていたと思います。
それが、毎日です。

もうひとつの質問は
「バレーをやっていてよかったか」。
これは全員が「よかった」と答えました。

仲間と励まし合っていたこと、
小学生から生活の中心、成長とともに
バレーがあった。
この学校でやっていてよかった。

今年は宇都宮中央女子に代表されるように
3年生が数多く大会に残りました。
「区切り」とは思っていませんでした。
試合に勝ちたいという一心でした。

技術面では厳しいと話した監督もいます。
スポーツを感情で語っては
いけないのでしょう。
残るスコアも接戦には見えません。

しかし私は、
困難を乗り越えて
仲間とともに最後まで戦い切った
「強い」チーム同士の対戦だったことを
ずっと忘れないでおこうと思います。
選手はコートに確かな足跡を残しました。

とちぎテレビ
飯島誠

2020年08月31日(月)

今年の夏が、終わる

試合開催前のグリスタ

試合開催前のグリスタ

高校野球終わったばかりの県営球場

高校野球終わったばかりの県営球場

塩原大つり橋は感染防止対策徹底

塩原大つり橋は感染防止対策徹底

感染拡大防止を呼びかけます

感染拡大防止を呼びかけます

とちおとめソフトクリーム(ミックス)

とちおとめソフトクリーム(ミックス)

8月が終わります。
「特別な夏」が終わります。

未曽有の経験、新型コロナ。
何もかもが不自由な生活を強いられ
職業上、その模様を取材に行くことに
何とも言えない気持ちを覚えました。

「代替の」高校野球、
「短い」夏休み、
「新しい」観光のかたち。
関わる人は苦しみ、何かを求めていました。

大変な中取材にお邪魔させていただき
ありがたかったです。
感謝申し上げます。

ホッとするものにも出会いました。
お盆休みの塩原大つり橋で食べた
とちおとめソフトクリーム。
猛暑の中、とてもおいしい。

周りには「新しい生活様式」を求める
さまざまなお知らせが貼ってありましたが、
おいしいものは、変わらない。
騒動が落ち着いてからも
もちろん、変わらないと思います。
これは心の支えに、なります。

とちぎテレビ
飯島誠

2020年05月31日(日)

ことしの、5月。

手づくりの「黄ぶな」

手づくりの「黄ぶな」

私の誕生月、5月。
この季節が好きです。
この季節の新緑が好きなせいか
「好きな色は?」に即座に「緑」と答えます。

今年の5月は
本当に様々なことがありました。
きょうは5月31日。

あすから学校は通常授業、
県またぎの移動も一部条件がありますが緩和。
いろいろ、区切りのようです。

区切りですが、
新型コロナがなくなるわけではない。
まだまだ気を緩めることは難しそうです。

宇都宮の郷土玩具に「黄ぶな」があります。
昔、天然痘が流行した時に、
宇都宮で黄色いフナが釣れ
病人が食べたところ
治ったという伝説があります。

子どもたちが自分で黄ぶなを作り、
玄関に飾ってありました。
こういう「気づき」を大切にしたい。
6月を迎える今、そう思います。

とちぎテレビ
飯島誠

2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

飯島 誠(いいじま まこと)

■氏名:
 飯島 誠(いいじま まこと)
■誕生日:
 5月22日
■出身地:
 栃木県小山市
■趣味:
 鉄道旅行、「ウチのメダカ」の飼育
■特技:
 話し相手の地元の話に強い(合わせられる)
■モットー:
 ゼロから。
■好きな...

詳しいプロフィールはこちら

アナウンサーブログ一覧

最新のブログスレッド

  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • はじめてばこ
  • イブ6プラス
  • マリフルールBUCCA
  • まろにえーるTV 超
  • うたの王様 よくあるご質問