とちテレニュースカレンダー

2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■大寒禊 1年の健康を願う 真岡(18-01-20)

1年で最も寒さが厳しくなると言われる「大寒」に大前神社(真岡)で冷たい水で、体を洗い清める「大寒禊」が行われた。大前神社で行われるのは初めてで、真岡市内外から男女20人が参加した。参加者たちは取り船と呼ばれる準備運動をしたりみそぎ歌を歌ったりしながら作法にのっとってみそぎに臨んだ。

■SL大樹がイチゴづくしに(18-01-20)

50年連続で生産量日本一が確実になった栃木のイチゴをさらにPRしようと、東武鬼怒川線を走るSL「大樹」がイチゴづくしで観光客を迎えた。ヘッドマークや車窓、網棚もイチゴの飾りがつけられましたSL大樹。乗客にはイチゴのデザインの記念乗車証が配られた。また地元の生産者が育てた「とちおとめ」が配られ、車内はイチゴの甘い香りに包まれた。イチゴの装飾は1月28日まで。

■鹿沼市の新庁舎 設計業者を公表(18-01-19)

鹿沼市の佐藤信市長は19日、臨時の会見を開いて市が計画する新庁舎の設計業者を東京に本社を置く「佐藤総合計画」にしたと発表した。佐藤総合計画はこれまで170を超える全国の庁舎を設計した実績があり県内でも佐野市や下野市、日光市の新庁舎を手がけている。鹿沼市では新庁舎について総事業費を60億円以内として現在の敷地で今ある庁舎を利用しながら建て替えることなどを条件にしている。

■震災建築物の応急危険度判定訓練(18-01-19)

地震で被災した建物が崩れる危険性がないかを判定する「応急危険度判定士」の訓練が19日、今は使われていない小山市の市営住宅を使って行われた。木造の住宅など4棟が被災したことを想定して2人1組で調査した。判定士は壁のひび割れや落下の危険がないかを確認したり柱の傾きを調べる器具を使って危険性をチェックする。そして使用可能から立ち入り禁止まで3段階で建物の危険度を判定した。

■「とちぎの百様」ジュニアコンクール表彰式(18-01-19)

県が後世に残し大切にしたい100の地域資源「とちぎの百様」をテーマに子どもたちがその魅力を作文や絵画などで表現した作品コンクールの表彰式が19日、県庁で行われ、福田富一知事から優秀賞に選ばれた18人に表彰状が手渡された。コンクールは小学生と中学生を対象に「作文」と「俳句・川柳」、「絵画」の3部門で行われ今年は去年の1.5倍ほど多い1660もの応募があった。

■壬生町の社会福祉法人 3億円余りを不正受給(18-01-18)

必要な基準を満たす常勤の医師をリハビリ施設などに配置していないにもかかわらず、介護報酬など合わせて3億3200万円余りを不正受給したとして、県は壬生町の社会福祉法人「関記念 栃の木会」に報酬の請求を制限する行政処分を行った。栃の木会は「法令や基準を十分に理解していなかった」とコメントしている。施設では、去年10月、基準を満たす医師を置き体制を改善させたという。

■県内でスリップ事故が多発(18-01-18)

県内では18日の朝、路面の凍結で交通事故が相次いだ。日光宇都宮道路では、多数の車がスリップして3人がけがをした。この日、5時50分ごろから8時すぎまでに、今市から徳次郎ICの間で、路面の凍結が原因とみられる交通事故が合わせて18件発生。県内では18日午前9時までに289件のスリップ事故が起きた。

■Bリーグ初代王者「ブレックス」 記念モニュメント完成(18-01-18)

バスケットボール・Bリーグで栃木ブレックスが、初代王者となったことを記念した「優勝記念モニュメント」が完成し、除幕式がブレックスアリーナ宇都宮で行われた。除幕式には選手14人やファン、関係者など約100人が集まった。モニュメントは幅・奥行きともに1.2メートルで、チャンピオンシップのロゴや選手のサインが刻まれている。

■【18日今夜9時のLIFE】(18-01-18)

ラインナップはこちら↓
◇県内スリップ事故相次ぐ◇県経営者協会の新春交流会◇矢板中央サッカー部・全国3位を知事に報告◇ブレックスBリーグ初代王者記念モニュメントお披露目◇栃木ゴールデンブレーブスに元ヤクルト飯原選手が入団◇防災特集〜小山で情報伝達訓練&阪神・淡路大震災から23年◇女将さんのどぶろく仕込み(益子・外池酒造店)◇障がい者がソバ打ち体験(那須)◇宇都宮・羽黒山ではロウバイが咲き始めました♪◇お天気は田代大輔さんです

■県内でスリップ事故相次ぐ(18-01-18)

 栃木県内では今朝、路面凍結の影響でスリップ事故が相次ぎました。県警・交通企画課によりますときょう午前0時から午前9時までのスリップ事故の発生状況はあわせて289件で、そのうち12件が人身事故でした。事故の形態は車両単独事故が182件、次いで、追突が76件と続いています。一方、警察署管内別のスリップ事故件数は鹿沼警察署管内の39件が最も多かったということです。
 また、289件のスリップ事故の中でスタットレスなどの滑り止の装置がない事故の件数は57件でした。【CRT栃木放送】
  • visual
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • うたの王様
  • とちテレ公式YouTube
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜