とちテレニュースカレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■JR両毛線 あしかがフラワーパーク付近に新駅構想(16-12-09)

足利市の和泉聡市長が9日に会見を開き、市内を走るJR両毛線に新駅を整備する構想を発表した。設置されるのはJR両毛線富田駅と足利駅の間で「あしかがフラワーパーク」付近約300メートルの範囲内。総事業費は約15億円を見込んでいて、大部分は足利市で負担する。市は常設駅としての設置を要望する方針。2018年春の開業に向け駅の名称などを協議する。

■JR両毛線 あしかがフラワーパーク付近に新駅構想(16-12-09)

足利市の和泉聡市長が9日に会見を開き、市内を走るJR両毛線に新駅を整備する構想を発表した。設置されるのはJR両毛線富田駅と足利駅の間で「あしかがフラワーパーク」付近約300メートルの範囲内。総事業費は約15億円を見込んでいて、大部分は足利市で負担する。市は常設駅としての設置を要望する方針。2018年春の開業に向け駅の名称などを協議する。

■JR両毛線 あしかがフラワーパーク付近に新駅構想(16-12-09)

足利市の和泉聡市長が9日に会見を開き、市内を走るJR両毛線に新駅を整備する構想を発表した。設置されるのはJR両毛線富田駅と足利駅の間で「あしかがフラワーパーク」付近約300メートルの範囲内。総事業費は約15億円を見込んでいて、大部分は足利市で負担する。市は常設駅としての設置を要望する方針。2018年春の開業に向け駅の名称などを協議する。

■県防災会議 地域防災計画を改定(16-12-09)

地域の防災のあり方を考える「県防災会議」が9日に開かれ、2015年の関東・東北豪雨などを受けた県の地域防災計画の改定案が了承された。新たに5項目を改定。県や市町が火山の状況に応じて、警戒避難体制の整備を協議する「火山防災協議会」の設置や、原子力災害が発生した場合、放射性物質が到達する前に屋内退避を行うことなどが盛り込まれた。

■児童が花と親しむ 「花育」教室(16-12-09)

児童に県内で生産されている花々への理解を深めてもらおうと、栃木県花き振興協議会による「花育」教室が9日、宇都宮市にある富屋小学校で開かれた。児童はクリスマス向けのフラワーアレンジメントに挑戦し、バラやカーネーション、スプレーマムなどの花を思い思いに生けた。

■真珠湾攻撃から75年 県内からも平和願う声(16-12-08)

1941年12月8日、当時の日本軍が米ハワイにあった米軍基地や戦艦に奇襲攻撃をしかけた「真珠湾攻撃」から75年を迎えた。米国人約2,400人が命を落とし、太平洋戦争の引き金となった。ハワイでは犠牲者を悼む式典で約4千人が黙とうを捧げた。12月下旬には安倍総理と米オバマ大統領が真珠湾を訪問することが予定されている。当時、宇都宮第一高等女学校(現・宇都宮女子高校)の4年生だった大塚房子さん(90)は総理の訪問を機に世界が戦争のない平和な状態に近づくことを祈る。

■車内置き去りで男児死亡 父親を書類送検(16-12-08)

2016年7月、芳賀町で軽乗用車の中に置き去りにされた男の子(2)が死亡した事件で、警察は8日、男の子の父親(37)を重過失致死容疑で宇都宮地検に書類を送致した。父親はその日午前中に、男の子を保育園に送ることを忘れ、チャイルドシートに乗せたまま出勤。約3時間後に死亡させたとしている。死因は熱中症とみられる。警察は男の子が眠っていて声を出さなかったことなどから、置き去りには故意がなかったと判断している。

■泉食品 大和田産業団地に進出(16-12-08)

大豆モヤシの生産から加工までを手掛ける食品製造業・泉食品(真岡市)が、真岡市の大和田産業団地に進出することになり、8日、県企業局と土地の売買契約を結んだ。大和田産業団地は北関東自動車道真岡ICまで約7キロの距離にあり、地下水を利用することもできる。契約面積は6,603平方メートルで、契約額は約1億円。泉食品は新工場を建てるとし、着工は来年1月を予定している。

■鍛冶の伝統の技「ふいご祭り」(16-12-08)

 

■第70回記念 県芸術祭表彰式(16-12-07)

 県内の文化や芸術の振興を目指して毎年開かれる「県芸術祭」が今年度、70回の節目を迎え、7日、表彰式が行われた。戦後まもない1947年に始まり70回目を迎える県芸術祭は、文芸、美術、ホール、茶華道の4部門、22分野で行われる。今回は「第70回記念賞」のほか芸術・文化の若い担い手を育てるための「U25賞」が新たに設けられ、美術・書道部門の室井 大輔さん(18)などが初代受賞者となった。

■高根沢町長が出馬表明(16-12-07)

 高根沢町の加藤 公博町長は、7日開かれた町議会の一般質問で、来年3月に行われる町長選挙に再選を目指して立候補する考えを明らかにした。答弁に立った加藤町長は「よどみなく、一点の曇りなく町政運営に引き続き議会と協力して取り組んでいきたい」と述べた。加藤町長は「教育や地域安全など4つの分野で引き続き取り組みを加速させていきたい」と現在の町政の継続に意欲を示した。高根沢町長選挙は、来年3月21日に告示され、26日に投開票が行われる。

■学校法人「船田教育会」と宇都宮東警察署が協定(16-12-07)

 万が一、大きな災害があった時に、警察が大学の施設を使えるようにしようと、宇都宮東警察署が7日、作新学院大学を運営する、学校法人「船田教育会」と協定を結んだ。調印式には、宇都宮東警察署の北村 修署長と、船田教育会の船田 元理事長が出席し協定書にサインした。作新学院大学は、管理棟や2棟ある教育棟などの施設を提供することになる。
  • とちテレSHOP
  • ゴルフの王様!
  • visual
  • ゴルフここだけ
  • 旅好き
  • 盲導犬協会