とちテレニュースカレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■ものづくり技術の交流へ 浙江省の訪日団が表敬(17-11-21)

ものづくりの分野の交流を図ろうと、中国の浙江省の政府関係者などが、赤松 俊彦副知事を表敬訪問した。一行は今回、日本に1週間滞在し県産業技術センターや、県内の工場などを見学する。訪日団のソウ・ショウホウ団長は浙江省が栃木と同じく、ものづくりが盛んで数多くの中小企業があることを説明した。赤松副知事は「中国と日本が交流しながら発展していきたい」と話した。

■C.W.ニコルさんが園児とサクラを植樹 日光(17-11-21)

作家のC.W.ニコルさんが日光市を訪れ、地元の園児たちとサクラの苗木を植えた。自然の良さを伝え、大人になってもふるさとを大切にしてほしいという願いが込められている。「思川ざくら」や「江戸彼岸」など5種類のサクラの苗木、50本が園児たちの手で植えられた。サクラが成長したら「日光江戸村」の中に移す予定。

■光と魚の共演 なかがわ水遊園で企画展(17-11-21)

大田原市の「なかがわ水遊園」で、光と魚たちの共演が楽しめる幻想的な冬の企画展「ライトアクアリオ」が始まった。ステンドグラスをテーマに16種類の色鮮やかな熱帯魚などを展示。目玉は、2メートルの水槽を泳ぐカージナル・テトラ。約2000匹の光の群れは、動くステンドグラスのよう。会場は幻想的な雰囲気に包まれていた。企画展は来年1月21日まで開催。

■障害者施設傷害事件 2被告、起訴内容認める(17-11-20)

宇都宮市にある知的障害者の支援施設で、当時入所していた男性に暴行してけがをさせたとして傷害の罪で起訴された元職員、佐藤大希被告(22)と松本亜希子被告(25)の初公判が20日、宇都宮地裁で開かれた。松本被告は栃木市にある同グループが運営の別施設でも、当時入所していた女性に暴行したとして暴行の罪にも問われている。初公判で2人は「間違いないです」などと起訴内容を認めた。

■コンサート中に火災発生! …を想定し訓練(17-11-20)

コンサート中に火災が起きたと想定した避難訓練が県総合文化センターで行われた。「避難訓練コンサート」は毎年開かれているもので、今回は楽屋で火災が起きたことを想定。センターで開く催しの9割はイベント会社が運営をしているため、今回の訓練はイベント会社のスタッフが観客に避難指示を出した。約200人の観客はスタッフの指示に従いながら、外の安全な場所へ避難。災害発生時の手順を確認した。

■すくすくと立派な若鳥に ニホンライチョウ生後120日(17-11-20)

今年7月、那須どうぶつ王国でふ化した国特別天然記念物のニホンライチョウが、20日で生後120日を迎えた。産まれた時は6センチほどの体長だったが、現在は25センチにまで成長した。体重は491グラムでほぼ大人と同じ見た目の若鳥になったという。冬が近づき、足からお腹にかけて白い羽毛に生え変わっていて、12月下旬には全身が白い羽毛に覆われるとみられる。

■日光焼きそばまつり 30の味を食べ比べ(17-11-19)

県内外のおいしい「焼きそば」が味わえるイベントが日光市で開かれた。今年は遠くは長野県から30の店が出店。訪れた人は食べ比べて気に入った味の店に投票する。ソースのこうばしい香りが漂う会場は、朝から多くの人でにぎわい、それぞれの味を楽しんだ。

■アビリンピック閉会式 過去最多10人が入賞(17-11-19)

障がい者が日ごろ培った技能を競う、全国アビリンピックの閉会式が19日宇都宮市で行われた。今回は22種目に全国から約370人が出場。各種目で高成績を残した選手たちにメダルが贈られた。県内からは19種目に29人が出場し、過去最多の10人が入賞。都道府県別でも最多で金賞には2人が輝いた。式の最後には来年の開催地の沖縄県知事に大会の旗が引き継がれた。

■防災・福祉・交通を知ろう 昭和フェスティバル(17-11-19)

防災や福祉、交通の3つの協議会が参加した催しが、宇都宮市の昭和地区で開かれた。これまで、3協議会は別々にイベントを開催していたが、参加者が少なくなっていることから今回初めて協力。会場の昭和小学校には車が衝突した時の衝撃を体験できる車両が設けられた。また、子どもたちがバケツリレーや、車いすの体験などを行った。

■詩と版画のコラボ展(17-11-19)

■新4号で事故 0歳長女死亡(17-11-18)

18日午前11時過ぎ上三川町の新国道4号でさくら市の19歳の少年が運転する軽乗用車が対向車線を走っていた那須塩原市の41歳の女性が運転するワゴン車に衝突した。軽乗用車は横転し少年の0歳の長女が外に投げ出されて死亡した。また少年は左足を折り、20歳の妻も骨盤を折ったほか、ワゴン車の女性は胸を打撲した。少年の3歳の長男にけがはなかった。警察で事故の原因を調べている。

■全国アビリンピック 約370人競う(17-11-18)

障がいのある人たちの技能の祭典全国アビリンピックが18日、宇都宮市で行われた。栃木県では初めて開催。全国から約370人の選手がエントリーし栃木県からは約30人が出場。競技は宇都宮市内3つの会場を舞台に木工や喫茶サービス、オフィスアシスタントなど22種目で競われた。選手たちは与えられた課題を制限時間の中で早く正確に行うなど日ごろの成果を披露した。

■木造エラスムス立像の複製 お披露目(17-11-18)

国の重要文化財「木造エラスムス立像」の複製が完成し18日、披露された。木造エラスムス立像は1600年に現在の大分県に漂着したオランダ船に飾られていた神学者デジリウス・エラスムスの像。佐野市ではカテキ様と呼ばれ昭和のはじめまで市内にある龍江院に安置されていたが現在は東京国立博物館が管理している。複製はクスノキで作られていて本物により近づけようと汚れまで再現された。19日から龍江院の本堂に展示される。
  • 旅好き
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • ゴルフここだけ
  • とちテレ公式YouTube
  • 盲導犬協会
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜