とちテレニュースカレンダー

2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■夏休みの小学生 トライアスロンに挑戦(17-08-21)

宇都宮市の清原北小学校で21日、児童たちが鉄人レース「トライアスロン」に挑戦した。1年生から6年生までの児童約40人が参加した。清原北小のトライアスロンは水泳を50メートル、続いて自転車を1キロこぎ、最後にランニングとして500メートルの距離を走る。児童たちは泳ぎ方のポイントやルールを守りながら達成感に満ちた表情でゴールテープを切っていた。

■料理人の卵たち 自慢の腕をふるう(17-08-21)

料理人の卵たちが運営する「夏休み学生食堂」が21日から始まった。調理師の専門学校などを運営する三友学園が学生たちの学習の成果の実践の場として毎年開いている。初日の21日のメニューは栃木県産の豚肉とカンピョウを使ったハヤシライスのセット。午前11時の開店直後から満席の盛況ぶりだった。夏休み学生食堂は午前11時から午後2時まで開店。期間は25日まで。

■次男捜し行方不明の父親 捜索続く(17-08-21)

19日の夜、日光市の鬼怒川温泉で橋から川に落ちた2歳の次男を助けに向かったまま行方が分からなくなっている千葉県の会社員、山家竜司さん41歳の捜索が21日も午前7時半から行われた。今市警察署では警察と消防合わせて11人で橋からおよそ5キロ下流までを捜索したが行方はわからず午後3時半でいったん捜索を打ち切った。22日午前7時半から再開する。

■ヒルクライムレースで健脚競う 矢板・八方ヶ原(17-08-20)

自転車で急勾配の坂を上るヒルクライムレースが矢板市の八方ヶ原で行われ、サイクリストたちが健脚を競った。4回目の開催となる今回は、10歳から74歳までの約660人が参加した。コースの距離は13.4キロとロードレースの中では短いものの、平均斜度が7.1%、標高差は950メートルもある。参加した人たちは汗だくになって歯を食いしばりながらゴールを目指した。

■鬼怒川温泉で男性が行方不明(17-08-20)

19日夜日光市の鬼怒川温泉に家族で観光に来ていた男児(2)が橋の上から河原に転落し、男児は軽傷だったものの、捜しに行った父親が戻らず、行方不明になっている。現場近くには父親が履いていたとみられるホテルの下駄が落ちていたという。

■子ども目線で防災防犯マップ作成 那須塩原(17-08-20)

災害や犯罪などから身を守ろうと自分たちの地域を歩いて安全マップを作る取り組みが那須塩原市南地区で行われた。マップ作りは地域の子どもたちの通学路を中心に歩いて危険な場所を見つけ出す。参加した人たちは見通しの悪い交差点や大雨で水が増えた時の用水路の危険など大人と子どもがそれぞれの目線で気づいたことをマップに記しまとめた。この防災・防犯マップの作成は今後も南地区の別の地域で取り組み、2018年2月には、小学校の子どもたちに冊子で配布する予定。

■県内で初めてJアラートを使用した訓練(17-08-19)

8月30日から始まる防災週間を前に、宇都宮市は19日、防災訓練を行った。今回の総合防災訓練は、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され落下の可能性がある想定で身を守る行動を取る訓練が行われた。県内で初めてJアラート・全国瞬時警報システムを使った訓練が行われた。また宇都宮市の中心部を震源とする震度7の直下型地震が発生したことを想定した訓練も行われた。



■ブレックスTIPーOFFイベント開催(17-08-19)

バスケットボールBリーグの栃木ブレックスは19日、9月29日の開幕に向けてブレックスアリーナ宇都宮でファンを集めたイベントを開いた。連覇を目指すべく鎌田 眞吾社長がスローガンを発表した。新しいスローガンは「ブレックスメンタリティー」。決してあきらめず、常に挑戦し続ける精神で勝利をつかみ取りたいと話した。また、キャプテンは引き続き田臥 勇太選手が務める。

■県林業センターが一般に公開(17-08-19)

夏休みの子どもたちなどに林業について学んでもらおうと19日、宇都宮市にある県林業センターが一般に公開した。日頃の研究の成果が展示されている。会場では、美グマコンテストと題して気に入ったクマの写真に投票するコーナーが設けられた。また、訪れた親子連れなどは丸太を運ぶ機械の操作を体験したほか電動ノコギリを使って彫刻を作るチェンソーアートの制作の様子を見学していた。

■車が転落し炎上 1人の遺体(17-08-18)

18日午前6時20分ごろ日光市湯元の国道120号、金精トンネル付近で「谷底に車が落ちて燃えている」と近くを通っていた男性から通報があった。日光警察署によると、乗用車は国道から約40メートル下の崖下に転落して炎上。車の中から1人の遺体が見つかった。車の持ち主は山形県の70歳以上の男性で連絡がついていないことなどから警察は遺体がこの男性とみて身元の確認を進めている。

■デフリンピック宇賀耶選手に県スポーツ功労賞(17-08-18)

耳の不自由な人の国際的なスポーツの大会デフリンピックの女子バレーで金メダルを獲得した栃木市出身の宇賀耶早紀選手に18日、県のスポーツ功労賞が贈られた。福田富一知事は県民に希望と活力を与えてくれたとして表彰状とトロフィーを手渡した。宇賀耶選手が県スポーツ功労賞を受賞するのは2013年に行われた前回大会で銀メダルを獲得したときに続いて2回目。

■夏休みの子どもたち 県庁を見学(17-08-18)

「県庁」について知ってもらおうと18日、親子で県庁を見学する催しが開かれた。県広報課県民プラザ室が企画したもので県内に住む小学生とその保護者が参加した。最上階にある展望ロビーは晴れていれば富士山も見える人気のスポットで東西南北に広がるさまざまな景色を楽しんだ。いつもは知事が使っている応接室では、実際に知事の椅子に座るなどして県の仕事や役割について関心を深めていた。
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレSHOP
  • とちテレ公式YouTube
  • visual
  • バーチャル高校野球
  • 旅好き