とちテレニュースカレンダー

2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■給食の牛乳にいじめ相談ダイヤル(17-06-26)

6月26日から7月2日の「子どもの人権110番」の強化週間に合わせ、「いじめ」や「体罰」などの相談先を印刷した牛乳パックが県内の学校給食で提供される。毎日、給食に出る牛乳のパックに記載することで児童や生徒に悩みを相談できることを知ってもらおうと、県人権啓発活動ネットワーク協議会が毎年、この時期に掲載している。牛乳を製造する5事業所が協力して、今年度は県内の小中学校約480校で提供する。

■バスケ3×3 今年も宇都宮で開催(17-06-26)

3人制バスケットボールの国際大会「3×3ワールドツアーうつのみやマスターズ」が来月、宇都宮市の二荒山神社前のバンバ広場で開催されることが発表された。去年に続く開催。7月29日土曜日・午後2時から12チームによる予選を行い、翌30日日曜日に上位8チームによる決勝トーナメントを実施。特設コートの無料観客席は、去年の約800席から約880席に増やす予定。去年は2日間で、6万7,400人が観戦したという。うつのみやマスターズ当日の2日間はオリオンスクエアでパブリックビューイングも行う予定。

■川の事故を防ぐ 子どもたちに出前授業(17-06-26)

川遊びや魚釣りなど水辺の活動が増える時期を前に子ども達に安全にレジャーを楽しんでもらおうと矢板市で出前講座が開かれた。矢板土木事務所の職員が矢板市の西小学校の5年生と矢板高校の3年生に雨が降ると川の水位が上がり事故が起きやすいので、川に行く前には天気予報を確認したりライフジャケットを身に着けたりすることが大切などと川で遊ぶ時に気を付けてほしいことを説明した。

■鹿沼 車4台絡む事故  1人重体・1人重傷(17-06-25)

 25日午後1時55分ごろ、鹿沼市上野町の国道交差点で乗用車4台が絡む事故があり、30歳代の男性が意識不明の重体、別の乗用車を運転していた60歳代の女性が大けがをした。ほかの2台の乗用車の運転手にけがはなかった。現場は比較的交通量の多い交差点で、鹿沼警察署で事故の原因を調べている。

■外来種を駆除 おさかなワイワイ大作戦(17-06-25)

渡良瀬遊水地に生息する生き物を守ろうと25日、地引網で外来生物を駆除する活動が行われた。この取り組みは小山市などが初めて行ったもので市の内外から家族連れなど約200人が参加した。網には、多くのブラックバスやブルーギルがかかった。また、大きさが50センチを超える大きなコイなど在来生物もかかったが大きさを計った後子どもたちがやさしく池に戻した。

■楽しく安全な登山 山の講演会(17-06-25)

「8月11日」の山の日を前に日本山岳会栃木支部は25日「楽しく安全な登山」をテーマに講演を行った。長野県山岳遭難防止対策協議会の原一樹さんが講演し、登山ルートを難易度や体力度などに分類して登山する人たちに提供し、山の事故を防ぐ「山のグレーディング」ついて話した。登山の初心者が年々増えていると指摘した上で登山で大切なのは実力に合わせた山選びだと呼び掛けた。

■障がいのある子どもたちを笑顔に チャリティーラン(17-06-25)

障がいがある子どもたちを支援しようと、たすきをつないで走るチャリティーランが25日、宇都宮市内で開かれた。とちぎYMCAなどが毎年開いている。今回は58チームが出場した。1チームは5人で、県総合運動公園陸上競技場の周回コース、およそ10キロを駅伝方式で走った。大会には、障がいがある人もない人も参加。参加費や寄付といった収益金は障がいがある人たちの自立支援活動に使われる。

■夏の高校野球栃木大会 独唱者決定(17-06-24)

 夏の高校野球栃木大会の開会式で歌われる国歌と大会歌の独唱者を決めるオーディションが24日、宇都宮工業高校で行われた。過去最高の24の高校が応募。国歌の独唱者には宇都宮海星女学院高校1年の荻巣真理亜さん、大会歌には宇都宮短期大学付属高校3年の大野和奏さんが、それぞれ選ばれた。開会式は7月7日に県営球場で行われ、2人の国歌と大会歌の独唱が披露される。

■スペーシアも登場 おもてなしフェスタ(17-06-24)

 2018年4月から始まるJRグループの大型観光キャンペーン、「デスティネーションキャンペーン」に向けて、JR那須塩原駅前で24日、県内外の人にとちぎの魅力をアピールする「おもてなしフェスタ」が開かれた。会場では地元産の野菜がたくさん入った郷土料理の「巻狩鍋」が振る舞われるなどした。また、東武鉄道の特急スペーシアが大宮駅から那須塩原駅まで特別に運行し、那須塩原駅で地元旅館の女将などが乗客約290人を出迎えた。

■うつのみや花火大会をPR 花火の絵の展覧会(17-06-24)

 8月に開催される「うつのみや花火大会」をPRしようと、道の駅うつのみやろまんちっく村で24日から、花火の絵の展覧会が開かれている。市内の幼稚園や保育園の子どもたちが描いた作品約3,000点を展示。展示作品の中から抽選で6つの作品が花火大会当日に本物の花火となって打ち上げられる。花火大会は8月12日に開催予定。展覧会は25日まで。

■夏山に限り活動再開 登山専門部会合で決定(17-06-23)

 今年3月、那須町で登山の講習中だった高校生ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故を受けて自粛していた県内高校山岳部の活動を夏山に限り、再開することが分かった。22日に開かれた県高体連登山専門部会合で決定した。登山専門部では那須の雪崩事故を受けて今年5月と6月に予定していたインターハイ登山競技県予選会や関東大会県予選会を中止にするなど山岳部の活動を自粛していた。

■同居の男性放置死 内縁の妻逮捕(17-06-23)

 宇都宮市ゆいの杜のアパートで75歳の男性が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡した事件で県警は23日、適切な看病をしなかったとして一緒にいた無職、猪瀬 ミヤ子容疑者(67)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。猪瀬容疑者は調べに対し「病院に連れて行かず死なせてしまったことに間違いない」と容疑を認めているという。死亡した男性は数年前に胃がんの手術を受けていて先月ごろから寝たきり状態になっていた。
  • 盲導犬協会
  • visual
  • SOUND30
  • 旅好き
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜