とちテレニュースカレンダー

2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2016年01月21日(木)のニュース

ニュース動画一覧

■「大谷石」の日本遺産登録目指す 佐藤宇都宮市長(16-01-21)

宇都宮市の佐藤栄一市長は21日の定例会見で「大谷石」の日本遺産登録を目指す方針を明らかにした。日本遺産は各地の文化を国内外へ発信して地域活性化を図る事業。県内では去年4月に足利市の史跡足利学校が認定。日本遺産の趣旨について、文化庁は文化財そのものではなく歴史や風土に根差した『ストーリー』を認定するとしていて2020年を目標に現在の18件から100件程度にまで増やす方針。宇都宮市では新年度から「歴史文化基本構想」の策定に向けて大谷石をテーマにした『ストーリー』づくりに取り組むことにしていて、市内にあるさまざまな資源を絡めていく考え。なお、登録申請は2017年度を予定。

■矢板市長選・青木氏出馬表明(16-01-21)

任期満了にともない4月に行われる矢板市長選挙に元県議会議員で県議会議長も務めた青木 克明氏が正式に立候補する考えを表明した。青木氏は、矢板市議会議員を1期、県議会議員を3期務め県議会議長も歴任。しかし、県議会議員選挙では矢板市選挙区で前回と前々回、2回落選。青木氏は、去年9月から市長選挙への立候補を模索し「今回は政治生命をかけた最後の選挙になる」と強調。政策については、首都圏のまちと経済交流を深めることで矢板で生活できる環境をつくり、人口の流出に歯止めをかけたいとしている。また、若い世代への支援策として子育て支援センターの設置や夏に収穫できるイチゴの生産拠点をつくり、ブランド化を進めたいと訴えている。今回の矢板市長選挙では現職の遠藤 忠市長が今期限りで勇退する考えを表明していて、副市長の飯野 正敏氏が先週、正式に立候補する考えを表明。選挙を3ヵ月後に控えて選挙戦は確実となった。矢板市長選挙は4月3日に告示され10日に投開票。

■日光山輪王寺で節分会の準備(16-01-21)

日光市の日光山輪王寺では2月3日の「節分会」に向けた準備が始まった。毎年、大寒のころから始まり、21日には山伏に扮した僧侶が清めた豆まき用の豆を一般の参拝者に渡すマスに入れていった。一緒に、福を招くという縁起物の木製の小さなこづちとお札も詰められた。輪王寺が節分に使う福豆の量は約300キロで一升と五合のマスに計285個を作る。また、縁起物の点検や年男のお札の名前書きなど準備は前日まで続く。輪王寺の節分会の縁喜がらまきは2月3日の正午と午後2時45分からの2回にわたって行われる。

■日光ブランドに75商品認定(16-01-21)

■学生が考える仕事との両立(16-01-21)

  • ダイドー祭りドットコム2017 日本の祭り
  • とちテレ公式YouTube
  • 盲導犬協会
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • visual