とちテレニュースカレンダー

2016年3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2016年03月25日(金)のニュース

ニュース動画一覧

■【金曜はBiz】「テクニクス」50周年記念盤、宇都宮で生産へ(16-03-25)

 パナソニックは24日、音響機器ブランド「テクニクス」のレコードプレーヤーを6月24日に国内で発売すると発表した。シニア層だけでなく若い世代でもレコードの人気が出ており6年ぶりに復活する。テクニクスブランド50周年の記念モデルは世界で1200台の限定販売で、宇都宮市の工場で生産される。日本では300台で、希望小売り価格は35万6400円、4月12日から予約を受け付ける。
〇レコードは温かみのある音などで人気が再燃している。日本レコード協会によると国内のレコード生産は去年、66万枚を超え、2010年の10万5千枚のおよそ6倍に上っている。「テクニクスシリーズ」は2010年の生産終了後も復活を求める声が上がっていた。パナソニックは年内に通常モデルを投入することも検討している。

■【金曜はBiz】障がい者工賃アップに向け音羽シェフ監修ジャムに挑戦(16-03-25)

 宇都宮市内でフレンチレストランを経営し県内外で広く活躍する料理家の音羽和紀さん。県では施設で働く障がい者の福祉の向上などにつながればとイチゴを使ったジャムの監修を音羽さんに依頼し23日、商品化のテストが行われた。これは県障害福祉課が施設で作る「セルプ商品」の魅力を向上させ“売れる商品”“欲しがられる商品”作りを目指そうと行われたもの。19の施設が参加し、フレッシュかつ甘さを控えたジャム作りに挑戦した。音羽さんは糖度や色、味のバランスなどを丁寧に確認し、審査の結果、壬生町の「むつみの森」など8つの施設に交付証が手渡された。
〇今回の取り組みは県保健福祉部の近藤 真寿部長が音羽さんに会った際に直接、協力をお願いしたのをきっかけに実現。自立支援が目的だが、県によりますと障がい者の月別の工賃の県平均は1万5千円ほどだと言う(平成26年)。近藤部長は「自信を持って売ることができるもの、逆に買う人にとっては欲しいものを作る必要がある」と話している。審査を通った施設は県の確認を受けた後、「音羽シェフ監修のジャム」と銘打って商品を販売することができる。音羽さんは「食の経験が福祉に広がることは光栄」と話していて県では新年度以降も取り組みを続けていく方針。

■夏の参院選 共産は候補一本化 自公は協力体制(16-03-25)

共産党栃木県委員会は25日、野党の共闘体制を整えるため、栃木県選挙区で予定していた小池一徳氏の立候補を取り下げた。共産党は民主党などが推薦する新人の田野辺隆男氏を支援することとして候補の一本化を図る。小池氏は比例候補に回る。一方、自民党と公明党もこの日、互いの協力について会見を開いた。県選挙区では上野通子氏の再選に向けて協力することで合意したと説明。比例区では公明党公認の長沢広明氏の当選を目指す方針。

■現行制度最後 古澤教育長が会見(16-03-25)

今年度限りで退任する古澤利通県教育長が25日、最後の会見を開いた。この春から県の教育委員会が新制度に移行して「教育長」と「教育委員長」が一本化されるため、現行制度では最後の教育長となる。古澤教育長は印象深い取り組みに、グローバル人材の育成や自分未来学の構築を、やり残した課題に公立高校の再編などを挙げた。そして子どもたちに向けて「自分の個性を伸ばし頑張って欲しい」とメッセージを贈った。 

■社会の仕組みを体験しよう! こどものまちミニかぬま(16-03-25)

子どもたちに社会の仕組みを体験してもらおうと、自分たちでルールを決めて働いたり買い物をしたりする催し「こどものまちミニかぬま」が25日、鹿沼市で開かれた。会場にはパンケーキ店やネイルサロンなど約40店が並んだ。子どもたちはこの「まち」の市民として店を切り盛りし、その報酬として「ベリー」と名付けた通貨を受け取る。このイベントは27日までで、26日は「まち」の市長を決める選挙が行われる。
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 盲導犬協会
  • 旅好き