とちテレニュースカレンダー

2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2017年02月05日(日)のニュース

ニュース動画一覧

■公明・山口代表が来県(17-02-05)

 公明党栃木県本部主催の会合が5日、宇都宮市内で開かれ、山口那津男代表が来県した。公明党政経文化懇話会には連立政権を組む自民党の茂木敏充政調会長や福田富一知事なども出席。山口代表は外国人観光客を呼び込むため日光国立公園をブランド化する支援やリーディング産業への税制面などの支援をしたいと述べた。自民党の茂木政調会長はアメリカのトランプ政権について、「ばたばたしないでがっぷり組んで、世界をどのようによくしていくか話し合うことが大事だ」と述べた。

■ユネスコ世界遺産記念の講演会(17-02-05)

 那須烏山市の山あげ行事と鹿沼市の屋台行事がユネスコの無形文化遺産に登録されたことを記念して、鹿沼市民文化センターで5日、講演会が開かれた。2つの市の関係者で作る「地域文化活用促進協議会」が主催したもので「全国山・鉾・屋台保存連合会」参与の菊池健策さんが講演した。菊池さんは「こうした行事は古くから、比較的街なかで行われていて、世代を超えた人たちの交流を促進する重要な役割がある」と話した。そのほか鹿沼鳶工業組合による「木やり」や烏山山あげ保存会による「子宝三番叟」などが披露され、会場を盛り上げた。

■未来のトップアスリートを養成へ(17-02-05)

未来のトップアスリートを目指す「エクセレントキッズ・ジュニア」の認定式が5日、県総合教育センターで行われた。県内の小学生の中から優れた運動能力を持つ児童を発掘、その能力を最大限に発揮できるスポーツを見つけてもらおうと、県競技力向上対策本部などが認定するもの。2022年には栃木県で国体が開かれるが、国際大会などで活躍する選手を育成するねらいがある。認定式には応募総1470人の中から運動能力測定などの審査をして選ばれた131人が出席。トライアスロンの指導者として4人のオリンピック選手を育てた村上晃史さんの特別講義などを聞いた。

■公園トイレに血の痕 洗い流し逃走か 宇都宮の刺傷事件(17-02-05)

宇都宮市で4日未明、男性(74)が胸を刃物で刺されて意識不明の重体になった事件で、現場近くの宇都宮城址公園のトイレに、血を洗い流したような痕跡があったことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 同公園では血痕が見つかり、栃木県警は何者かが公園で男性を刺した後、トイレで血を洗い流してから逃げた可能性が高いとみて調べている。
 県警によると、男性の2カ所の傷は、いずれもジャンパーの上から刺されていた。傷の状態などから、刃物の幅は約5造箸澆蕕譴襦6Т錣聾つかっていない。
 男性は4日午前3時前、同市中央5丁目の路上でうずくまっているところをパトロール中の警察官が発見。当初は意識があり「酒を飲んだ後散歩していたら、知らない男に刺された」と説明していた。県警は傷害事件と見て調べている。
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • 盲導犬協会
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • visual
  • とちテレSHOP
  • SOUND30