とちテレニュースカレンダー

2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2016年01月のニュース

ニュース動画一覧

■小山市排水強化対策プロジェクト 初会合開かれる(16-01-27)

 去年9月の関東・東北豪雨で、河川の氾濫により甚大な浸水被害を受けた小山市で、総合的な治水強化対策を検討するプロジェクトが発足し、27日、初めての会議が開かれた。会議では、プロジェクトの会長である小山市の大久保 寿夫市長が豪雨災害を振り返り、市や地元住民に加え、県や国など関係団体が一体となって協力していくことを求めた。また会議では、これまでの調査結果から、浸水被害の規模や原因が報告された。今後、年内をめどに対策をまとめた基本構想を策定し、国や県に対し、2017年度の予算化を要望する方針。

■約2万鉢のランが一堂に…とちぎ蘭展(16-01-27)

 県内の生産者が丹精込めて育てたランが並ぶ「とちぎ蘭展」が、福田屋ショッピングプラザ宇都宮店で27日から始まった。この展示会は、広く洋ランを知ってもらおうと、県洋蘭生産組合などが、さまざまな種類のランが咲き誇るこの時期、毎年、開いているもの。会場には、約2万鉢のランが展示され、訪れた人たちは、咲き誇るさまざまなランを楽しんでいた。とちぎ蘭展は、今月31日まで。

■次期プラン全議員検討会 最終案示される(16-01-27)

来年度から今後5年間の県の目指すべき方向性を示した「次期プラン」の内容を話し合う検討会が、27日、県議会で開かれ、次期プランの最終案が示された。県では最終案の中で、「魅力度、地域ブランド力」の全国順位について「25位以内を目指す形で取り組みたい」と強調した。委員からは、「25位以内に留まらず、目標を上げる気持ちで取り組んでほしい」との意見があがった。次期プランは、県庁内での調整を経て2月上旬には公表される予定。

■とちおとめをアメリカに輸出(16-01-26)

県産とちおとめをアメリカへ輸出するため26日、鹿沼市のイチゴ農家からアメリカへ向けてとちおとめを積み込んだトラックが出発した。今回、輸出されるのは約45キロでニューヨークやロサンゼルスの日系のスーパーマーケットでテスト販売される予定。アメリカへの輸出を仕掛けたのは野菜の流通や加工などを行っている宇都宮市の「ベジエース」で新たな市場を開拓するのが狙い。「海外に認められることで栃木県を元気にしたい」と話している。

■真岡でビジネスマッチング商談会(16-01-26)

北関東自動車道が走り6つの工業団地と産業団地がある真岡市で26日、地元の企業と市内への進出企業の出会いの場を作るため真岡商工会議所などが商談会を主催し、地域から20企業が参加。県などが主催するビジネスマッチングの催しは今までもあったが地域の商工会議所が単独で商談会を開くのは珍しく、開催に向けては足利銀行真岡支店などが協力した。会場にはカッティングプロッタと言うマシーンを使って好みの形に紙を抜く技術を持つ企業や起業のコンテストで優勝した女子高生と一緒にイスラム教徒が食べられることを示すハラール認証をクリアする豆の缶詰などを製造し、ドバイやサウジアラビアに製品を売り込む計画を進めている企業の姿もあった。

■とちぎ食の安全・安心推進会議 立ち入り検査はじまる(16-01-26)

来年度から2020年度までを期間とする「とちぎ食の安全・安心・信頼性の確保に関する基本計画」についての素案を検討する「食の安全・安心推進会議」が26日開かれ、環境省からの通知を受け県内の産業廃棄物処理業者への立ち入り検査が今週から開始されていることが報告された。委員からは廃棄物対策の観点から食品廃棄物の取り扱いに関する情報を今回の計画に盛り込んだ方が良いのではないかという意見が出された。基本計画は、3月までに決定し、公表される予定。

■県議会各派が予算化要望(16-01-25)

最大会派のとちぎ自民党議員会は産業政策の推進や防災対策など108の重点項目に1,407億1,600万円を要望。東京五輪開催を見据えた大型観光キャンペーンや2015年9月の豪雨災害を受けて公共事業の確保や浸水対策などに取り組むよう求めた。民主党・無所属クラブは指定廃棄物の最終処分場問題で「各県で処理をすると言う方針を見直す時期に来ている」として国に強く働きかけるよう求めている。公明党栃木県議員会は障がい者への支援の充実などを要望。要望への回答は2月5日に示され、県の新年度予算案は2月9日に発表される。

■ツアーバス事故受けバス会社が研修会(16-01-25)

長野県軽井沢町で起きたスキーツアーのバス転落事故を受けて、下野市の栃木交通バスが事故や安全管理に関する研修会を開いた。研修にはドライバーやガイドなど約70人が参加。運行など各部署の担当者がドライバーの健康管理やスケジュール管理といった事故防止の取り組みについて発表した。また今回の事故の原因についてグループで話し合い、シートベルトの着用の徹底や運行のコースを変更するときの基準など課題を挙げた。

■今年度はTマークに12商品(16-01-25)

県内の中小企業のデザイン力の向上と魅力ある商品づくりを推進しようと設置されている「とちぎデザイン大賞」の表彰式が県庁昭和館で行われた。今年度は27企業から30商品の応募があり、優良デザイン商品「Tマーク」に認定されたのは12商品。最優秀賞には、宇都宮市にある「ファクトリー21あみの輪」の「箸の調べ」が選ばれた。今回、Tマークに選ばれた商品は県庁15階の展示ギャラリーで1月29日までパネル展示される。
  • とちテレ公式YouTube
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • ゴルフここだけ
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • スノーボード天国