とちテレニュースカレンダー

2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2016年01月のニュース

ニュース動画一覧

■日光で氷上インカレ開幕(16-01-05)

フィギュアスケートやフィギュアスケート、アイスホッケーなど氷上スポーツの学生大会が日光市で始まり日光総合会館で開会式が行われた。大会には全国から延べ141校、総勢千人以上の選手が参加。式ではかつて、日本学生氷上競技連盟の総裁を務めていた瑶子女王がおことばを述べ選手たちを激励された。大会は、日光霧降アイスアリーナなど合わせて4つの会場で今月9日まで行われる。

■宇都宮市の中央卸売市場で初競り(16-01-05)

宇都宮市の中央卸売市場では、初競りが開かれ、冷凍されたメバチマグロの初競りでは150キロのものに1本42万円の値段がついた。午前7時からは野菜や果物の初競りが行われた。市場によると去年の豪雨災害や暖冬の影響を受けているということだが、買い手 新鮮な野菜や果物を競り落としていた。

■介護・育児で退職した元教員の採用へ 制度見直し(16-01-05)

古澤 利通教育長は、介護や育児などで退職した元教員を再び採用できるよう選考の制度を見直すと発表した。県教育委員会によるとこうした制度は全国初だという。対象は、公立学校の正規の教員経験が5年以上で介護や育児、家族の転勤などで一度、退職した人。年齢制限は59歳以下で1次試験の学力試験や2次試験の実技を免除する。

■福田知事 地方創生推進会議を設置する考え示す(16-01-04)

福田知事は4日の会見で、県や市町の地方創生戦略を着実に実行するため、新たな連携組織を設置する考えを示した。福田知事は「県と市町との一層の連携が必要。意見交換を行うため『地方創生推進会議』の早期設置について市町と協議していく」と述べた。新設する地方創生推進会議はなるべく早い段階で副市長や副町長をメンバーとして構成したいとしている。地方創生戦略は全自治体で今年3月末までにまとめられ、新年度からその取り組みを実施していく。

■交通事故死亡者数 3年ぶり100人未満(16-01-04)

去年1年間に県内で起きた交通事故での死亡者数は前年に比べ4人減少の98人で、3年ぶりに100人を下回ったことが県警察本部のまとめで分かった。これは1956年の統計開始以来、2番目に少ない。このうち高齢者は約6割に上り、平成に入ってから最も高い割合。まとめによると去年起きた交通事故は前年より86件少ない6,327件で、12年連続で減少した。しかし今年に入り、県内では三が日の間に計3人が死亡し、警察で注意を呼び掛けている。

■新小山市民病院 診療始まる(16-01-04)

小山市神鳥谷地区に老朽化などに伴い新しく建て替えられた新小山市民病院の開院式が4日に行われ、外来の診療が始まった。式には小山地区医師会や職員などが出席。式典では島田和幸理事長が「地域との密着を深めていく」とあいさつしたほか大久保寿夫市長が地域医療の核になることに期待を寄せた。他の医療機関からの紹介状を受けて患者を外来に案内する「患者支援センター」などが新設され、地域の医療機関との連携を強めていくとしている。

■ひと足早く 高根沢などで成人式(16-01-03)

11日の「成人の日」を前に高根沢町と大田原市では3日、ひと足早く成人式が行われた。このうち高根沢町では午前11時から、新成人やボランティアによる手作りのセレモニーが行われ、実行委員長を務めたセィフィバーログ・せなさんが「大人の自覚を持ち、考える、挑戦する、感謝するの3つの目標の下進んでいきたい」と挨拶した。続いて中学時代の恩師に花束が手渡され、友人同士が旧交を温め合う姿が見られた。その他高根沢町で大学時代までを過ごし、TBSのドラマ「MOZU」などの音楽を手掛ける作曲家の菅野祐悟さんがこの日のための新曲を披露した。
今年の県内の新成人の対象者の数は男女合わせて2万457人で過去30年で最も少ない。

■一粒残さず食べろ 発光路の強飯式(16-01-03)

山盛りの赤飯を残さず食べるように強いる鹿沼市上粕尾地区の正月の伝統行事、「発光路の強飯式」が3日行われた。これは国の重要無形民俗文化財に指定されている行事。日光山輪王寺の強飯式の流れをくみ、室町時代から続くとされる。登場した山伏と強力は訪れた客に赤飯などを食べるよう口上を述べ、大勢のカメラマンがシャッターを切るなどしていた。

■新年の思い新たに書き初め 小山 (16-01-03)

小山市で3日、子どもたちによる新春書き初め大会が開かれた。これは日本文化に対する理解を深め毛筆に親しみを持ってもらおうと、大日本書芸院が毎年開いているもので今年で10年目。去年から、小山市と友好協定を結んでいる茨城県結城市の子どもたちも参加している。この日は約80人が高さ3メートル幅8メートルの紙に言葉をひとつずつ書き添えていった。作品は6日まで、道の駅思川の小山評定館に展示される。
  • スノーボード天国
  • visual
  • SOUND30
  • とちテレ公式YouTube
  • 盲導犬協会
  • とちテレSHOP