とちテレニュースカレンダー

2018年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■あしかが映像まつり 菊地監督と貫地谷しほりさん登場(18-02-24)

足利市ゆかりの映画を上映する「あしかが映像まつり」が始まり、足利市出身の菊地 健雄監督と女優の貫地谷 しほりさんがゲストとして登場した。市内の映画館では、貫地谷さんが主演をつとめた菊地監督の最新作「望郷」が上映。菊地監督は「足利を舞台に何かできないかと常に考えている」と故郷への思いを話した。

■女子高生を誘拐容疑で男を逮捕(18-02-24)

県央部に住む女子生徒(17)を連れ去ったとして、宇都宮中央警察署は24日、未成年者誘拐の疑いで、東京都世田谷区の会社の役員、山口 正勝容疑者(47)を逮捕した。山口容疑者は今月18日の深夜から23日未明にかけ、都内の自宅に女子生徒を車で連れ出し誘拐した疑い。山口容疑者は容疑を認めている。2人はSNSを通じて知り合ったと話していて、警察で経緯などを詳しく調べている。

■「さのまる」の誕生日 みんなでお祝い(18-02-24)

佐野市のブランドキャラクター「さのまる」の誕生日を記念したイベントが佐野市役所周辺で行われた。会場には全国各地から駆けつけた約20のご当地キャラクターたちが登場。訪れた人たちは写真撮影をするなどして交流を楽しんだ。ステージでは、歌手のダイアモンド☆ユカイさんやアイドルグループSKE48の福士 奈央さんがトークショーを行い会場を盛り上げた。

■県議会通常会議 代表・一般質問(LRT・雪崩の賠償)(18-02-23)

県議会の代表・一般質問が23日から始まり、福田富一知事は宇都宮市と芳賀町が進める次世代型路面電車、LRTの事業について83億円に上る県の財政支援のうち25億円を建設期間中に充てる考えを示した。そのほか、発生からまもなく1年を迎える那須の雪崩事故で遺族に対する県の賠償責任について問われた宇田貞夫教育長は「部活動中の事故で生徒たちに責任はないことから、県として賠償責任があることを遺族に丁寧に説明していきたい」と述べた。

■ICTを活用した総合スポーツゾーンの現場見学会(18-02-23)

このところ、先進的な情報通信技術、「ICT」の活用が建設現場などでも進んでいる。ドローンやコンピュータなどを使った現場の様子を学んでもらおうと宇都宮市西川田の県総合スポーツゾーンで高校生向けの見学会が開かれた。これは、建設の現場でICTを活用し効率よく作業を進められるよう国が推進する「アイ・コンストラクション」の取り組みについて知ってもらうのが目的。生徒たちは工事現場で活用例を見学した。

■とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会(18-02-23)

農村地域の過疎化や高齢化が進むなか地域の活力をどう維持するかが県内でも課題になっている。企業とそうした地域を結び付けようという相談会が23日、開かれた。この相談会は農村地域に関心がある企業と地域を結びつけ連携した活動を進めようと県農村振興課などが開いたもの。企業がブースに分かれて地域が抱える課題や悩みなどを聞き、自分たちは何ができるのかきめ細かく情報を集めた。

■LRT車両設計事業者決定(18-02-22)

宇都宮市の佐藤 栄一市長は、「新潟トランシス」(本社・東京)を芳賀町などと導入を進める次世代型路面電車・LRTの車両を設計する業者に決めたと発表した。鉄道車両などの設計・販売を行う会社で、富山市など国内で33本の低床型の路面電車を販売した実績がある。安全性やコスト面など実績を踏まえた具体的な提案で、円滑な業務の遂行や維持管理の体制が期待できる点を評価したという。今年の10月以降を目途に国に車両設計の認可を申請する。

■春の選抜 國學院栃木に選抜旗授与(18-02-22)

春の選抜高校野球大会に出場する、國學院栃木に開会式の入場行進で掲げる選抜旗が贈られた。授与式では、大会を主催する毎日新聞社から青木 一男校長に選抜旗が手渡され、最後に大久保 謙亮キャプテンが受け取り、甲子園での健闘を誓った。春の選抜高校野球大会は3月16日に組み合わせ抽選会。3月23日から甲子園球場で熱戦が展開される。

■ファンを呼び込み ダム・橋カード無料配布へ(18-02-22)

県は4〜6月までの期間限定で、県内のダムや橋のカードを無料で配布する。カードの表には、美しい景観にダムや橋が写り、裏面にはこだわりの技術などマニアックな説明を記載。4月から始まるJRグループの「デスティネーションキャンペーン」に合わせ配布する。初めて作った「橋カード」は那須塩原市の晩翠橋や那須烏山市の烏山大橋など10種類を用意。カードは、それぞれのダム管理所や観光案内所などで4月から配布される。

■出願倍率1.21倍 県立高校全日制(18-02-21)

 来月行われる県立高校の入学者選抜願書の受け付けが21日、締め切られ、全日制の出願倍率は1.21倍となったことが分かった。1.5倍以上の倍率になったのは12校、19学科などで、最も高かったのは宇都宮白楊・流通経済科2.23倍、次いで同校情報技術科2.15倍だった。普通科では宇都宮北の1.62倍が最も高かった。最も倍率が低かったのは佐野普通科で0.25倍だった。

■豊かな自然で観光客をおもてなしを 植樹会(18-02-21)

 地域の自然を豊かにして観光客をもてなそうと、益子町で21日、植樹会が行われた。県が今年度から始め、この日は 環境保全活動に取り組むエコ・もり地域推進協議会のメンバーや七井小学校の5年生約60人が参加し、ソメイヨシノやヤマザクラなど桜の苗木20本を植えた。また陶器を焼く窯の薪にアカマツが使われていることから「アカマツ復活プロジェクト」の一環で、150本の苗木も植えられた。

■県議会開幕 予算案など61件提出(18-02-21)

 県議会の2月定例会第347回通常会議が21日から始まり、8034億円に上る新年度の一般会計当初予算案や宇都宮市などが進める次世代型路面電車・LRT支援基金の設置条例案など61件が提出された。代表質問と一般質問は23日から28日まで3日間にわたって行われる。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • ダイドー祭りドットコム2017 日本の祭り
  • とちテレSHOP
  • 人狼ゲーム ロストエデン
  • 旅好き