とちテレニュースカレンダー

2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■クリスマス気分をプレゼント まちの駅でコンサート(17-12-24)

鹿沼市の「まちの駅 新・鹿沼宿」でクリスマスコンサートが開かれた。これはまちの駅を訪れた人たちにクリスマスの雰囲気を楽しんでもらおうと開催。24日は宇都宮市の豊郷南小学校の吹奏楽部の児童がトランペットや打楽器でクリスマスの曲を演奏した。市民オーケストラ、鹿沼フィルのメンバーなどで作るグループはフルートなどを奏で、ムードを盛り上げた。

■前ヤクルト監督 球場に真中満さんの名前(17-12-24)

大田原市出身で東京ヤクルトスワローズの監督などを務めた真中満さん。市美原第2球場野球場に真中さんの名前が付けられることになり、24日、命名式が行われた。野球人としてのその功績をたたえ「真中満記念球場」という愛称で呼ばれることになった。この日は真中さんと市内外の野球少年約100人が出席。真中さんはこの球場から未来のプロ野球選手が誕生してくれればと期待を寄せた。

■年末年始に向けての準備 かんれん市場まつり(17-12-24)

年越しやお正月の商品が販売されることで人気の「かんれん市場まつり」が宇都宮市中央卸売市場で開かれた。市場の役割を広め、その魅力をアピールしようと「宇都宮市中央卸売市場関連卸商協同組合」が開催。毎年大変な人気で前年は約1万2千人が訪れた。24日は約40の店が正月飾りやおせちの食材などを販売した。

■サンタ姿でゲレンデをさっそうと(17-12-23)

那須町のスキー場・マウントジーンズ那須ではサンタクロースやトナカイの衣装に身を包んだスキーヤーたちがゲレンデを彩った。サンタ姿などで滑るとリフトが一日無料になるという恒例のイベントに、約150人のサンタが一緒になってゲレンデを滑り降りた。マウントジーンズでは23日現在頂上からの中級コースを含めた3コースをオープン。クリスマスイベントは24日まで。

■子どもの貧困撲滅目指し サンタ姿で走る(17-12-23)

貧困に苦しむ子どもたちを救おうとサンタクロースの服装で街なかを走るイベントが開かれ、約200人が参加した。規定の寄付を行った参加者がサンタクロースの服を着てオリオンスクエア周辺など宇都宮市の中心部を走り道行く人たちに子どもの貧困の撲滅を訴えた。

■SL車内にサンタクロースが登場(17-12-23)

運行を開始して初めてのクリスマスを迎えた東武鬼怒川線を走るSL大樹がクリスマス仕様に装飾されている。SL大樹の車内では大樹のイメージカラーである黒のサンタクロースと赤のサンタクロースの2人が乗車した人たちをもてなした。列車の中はヘッドカバーや窓もクリスマス版に装飾され雰囲気を盛り上げている。また乗車した人たちには、この期間限定の記念乗車証が渡された。SL大樹のクリスマスイベントは24日まで。

■行灯大鳥居を設置 下野・星宮神社(17-12-23)

新年を迎える準備が各地で進んでいる。星宮神社(下野)では竹などで作られた骨組みにサテンの黄色い布が被せて作られた「行灯大鳥居」が設置された。中に電球が仕込まれていて鳥居が行灯になっているため暗くなると辺りをほんのりと照らし境内を幻想的な雰囲気に包むという。神社には親子連れなどが訪れ「家族が健康ですごせますように」など大鳥居に願い事を書き込んでいた。「行灯大鳥居」は来年の節分まで設置される。

■冬至のゆず湯(日光・東照温泉)(17-12-22)

1年の中で昼間の時間が最も短くなる「冬至」に合わせ、日光市の東照温泉では22日、毎年恒例の「ゆず風呂」のサービスが行われた。湯船には大量のユズが入れられ辺り一面、すがすがしい香りが立ち上った。湯船に浮かべられているのは2018年にちなんで2018個の県産のユズ。そして柑橘類の中では最も大きいとされる熊本県産の晩白柚も豪華に21個浮かべられた。

■動物園でクリスマスパレード(17-12-22)

もうすぐクリスマス。宇都宮動物園ではサンタクロースなどに扮した飼育員が動物と一緒に園内をまわるクリスマスパレードが行われた。赤い衣装を着た飼育員がイヌやウサギ、ミニチュアホースを連れてゆっくりと園内をまわった。子どもたちは動物と写真を撮ったり触れ合ったりしながらパレードを楽しんだ。パレードは25日まで毎日、正午から行われる。

■黒羽刑務所 2022年に廃止(17-12-22)

大田原市にある黒羽刑務所が2022年の春で廃止されることが分かった。黒羽刑務所は犯罪傾向が進んでいない男子受刑者を受け入れる施設で、建物の老朽化が進んだことや全国的に見ても受刑者の収容率が低下していることなどから施設を統廃合する方針となった。2018年度以降、黒羽刑務所への収容を止めて段階的に収容人数を減らし、さくら市の喜連川社会復帰促進センターなどに振り分ける。

■【22日夜9時のLIFE】(17-12-22)

ラインナップはこちら↓
◇女子は準優勝!全国アベック出場の大田原中駅伝部が報告会◇移住情報をアプリで発信(宇都宮)◇きょうは冬至〜日本一のゆず風呂(日光・東照温泉)◇黒羽刑務所2022年で廃止へ◇高校バスケ特集(宇工・白鴎大足利)◇栃木ゴールデンブレーブスの新入団選手会見◇宇都宮動物園でクリスマスパレード◇元気な年の瀬を…民生委員がお年寄りにそば振る舞う(下野市石橋地区)◇那須烏山・川俣市長が初めての定例会見◇「働き方改革」に観光振興など…2017回顧録〃从僉毎週金曜日の週間ニュースプレーバック、今週はback numberの「クリスマスソング」に乗せて1週間の映像を振り返ります!◇お天気は田代大輔さん
  • visual
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレSHOP
  • うたの王様
  • 旅好き
  • ダイドー祭りドットコム2017 日本の祭り