とちテレニュースカレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年11月のニュース

ニュース動画一覧

■リハビリ通して力作 こころの絵画・書道一堂に(19-11-19)

 精神障がい者が日々のリハビリなどを通して創作した書道や絵画を集めた作品展が19日から、宇都宮市の県総合文化センターで開かれている。作品展は社会参加を促進することを目的に県と県精神衛生協会が毎年開催。今回は38施設から絵画116点と書道97点が展示されている。絵画部門で金賞は、インパクトのある夕日が描かれた油絵「夕やけ」が選ばれた。20日まで。

■夏山登山 残雪の一部ルート禁止へ(19-11-19)

 高校生の登山計画を審査する会合が19日、県庁で開かれ、改訂を進めている計画作成のガイドラインについて、雪が残る夏山登山で危険性が高い一部のルートを禁止する方針を決めた。県教委事務局が残雪状況により登山計画審査会の審査で判断する案と、一律で通過を認めないという2案を出し、前記に決定。この中に、夏場であっても危険性が高い一部のルートは禁止することが含まれていて、今後、具体的な危険個所を整理するという。

■田川周辺で泥出し ボランティア不足も 台風19号(19-11-19)

 台風19号によって田川が氾濫した宇都宮市中心部の被災した住宅地で19日、ボランティアによる泥だし作業が行われた。周辺では、先月30日から「うつのみや暮らし復興支援センター」が遊歩道の柵にかかった枯草の清掃などを続けてきた。この日は3人が作業にあたり、これまでに延べ、400人ほどが参加している。地道な活動によって景観は元に戻りつつあるものの、ボランティアが不足していて、センターは活動の写真をSNSで発信し、支援を呼び掛けている。

■被災の中小企業 グループで復興計画 県が説明会(19-11-18)

 台風19号で被害を受けた中小企業向け支援説明会が18日、栃木市で開かれた。約130人が参加。県の担当者が激甚災害指定による支援策「グループ補助金」について説明した。この補助金は被災した中小企業などでグループを作り復興事業計画を作って申請するというもの。企業ごとの申請も含めて計画が認められると復旧にかかる費用の4分の3を国と県が負担し1事業者あたり15億円を限度に補助が受けられる。説明会は今月22日まで各地で開催予定。

■全国高校サッカー 矢板中央 初戦は大分と (19-11-18)

 12月30日に開幕する第98回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が18日行われ、栃木代表の矢板中央は31日に、大分代表の大分と1回戦で対戦することが決まった。3年連続で全国の舞台に立つ矢板中央は最後48番目にくじを引いた。大分は2年連続11回目の出場で、矢板中央は4年前の1回戦で逆転勝ちを収めている。

■広域災害 油の流出に備え 連携確認(19-11-18)

 県北那須水道事務所は18日、広域的な災害や異常水質などに備えるため防災訓練を実施した。訓練は同事務所の浄水場から水道水を供給している大田原市、那須塩原市と連携を図るため去年から始まった。ダムに油が流出し浄水設備の運転が停止したという想定で県や市の職員など22人が参加。参加者らは施設に油が流れ込まないようにオイルフェンスを設置したほか、被害状況の伝達を行うなど連携を確認した。

■栃木銀行 県に義援金(19-11-18)

■地元にこんなVR施設が!子どもたち興奮(19-11-17)

バーチャルリアリティ(VR)を気軽に楽しんでもらおうと、日光市の観光施設「とりっくあーとぴあ日光」が17日、地元の子どもたちを無料招待した。同施設は訪れる人のほとんどが県外の観光客で、今回の試みは全国でも有数のアトラクションを地元の人に知ってもらう狙いがある。近くの3つの小中学校の子どもたちが招待され、自分がジェットコースターに乗って空中を猛スピードで駆け抜けているような感覚を味わえるVRを体験し大興奮の様子だった。

■ご即位祝い屋台や山車が繰り出す(19-11-17)

天皇陛下のご即位を祝う祭りが17日、真岡市の大前神社で開かれ、絢爛豪華な屋台や山車が新時代の幕開けを盛り上げた。大前神社では、明治から大正、昭和、平成、令和とそれぞれ奉祝祭を開いている。真岡市内の各地区から集まった屋台や山車は計9台、みこしは3基と過去最大の規模で、はっぴ姿の引手や見物客が境内を埋めて、威勢の良い掛け声とともにお囃子を演奏した。おはらいの後、柳田耕太宮司が祝詞を読み上げ、万歳三唱を行って天皇陛下のご即位を盛大に祝った。

■台風被害の両毛線沿線で観光PR(19-11-17)

台風19号で大きな被害を受けた県南のJR両毛線沿線で17日、県の観光PR活動が行われた。両毛線も今月11日に全線で運転再開したばかりで、佐野駅を利用した人たちには同市の缶バッジなどが配られた。また佐野厄除け大師では復興支援のチャリティーイベントが開かれ、佐野ラーメンやいもフライなどの名物が販売されて多くの人で賑わった。イベントの売り上げは全額、佐野市に寄付された。

■仏・ヴォークリューズ県と交流30年を祝う(19-11-16)

栃木県とフランスのヴォークリューズ県が友好交流をはじめて今年で30年を記念し、宇都宮市内で催しが開かれた。会場には本場フランスのワインやオリーブオイルを楽しめるブースが並んだ。また子どもにもフランスを身近に感じてもらおうと南フランス発祥の球技「ペタンク」や変わり種自転車などフランスの魅力を体験できるコーナーも登場した。

■交際相手の息子にスタンガン 男逮捕 足利(19-11-16)

交際相手の2歳の息子にスタンガンを押し付けてけがをさせたとして足利警察署は傷害の疑いで足利市大前町の無職・伊能誠二郎容疑者37歳を逮捕した。男児の命に別条はないという。児童相談所から「子どもを保護している」と警察に連絡があり発覚した。

■全国で活躍する選手が野球教室 大田原(19-11-16)

NTT東日本栃木支店が主催する野球教室が大田原市で開かれ、大田原市と那須塩原市の19の学童野球チームに所属する児童239人が参加した。指導したのは今年の都市対抗野球大会と社会人野球日本選手権大会でベスト16となったNTT東日本野球部の選手など30人。子どもたちは技術だけではなく大きな声を出すことでいいプレーつながるなどの心構えも教わった。
  • 高校サッカー選手権大会 栃木大会
  • とちテレ番組ガイド
  • うたの王様 よくあるご質問
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • チラシビジョン
  • 島守の塔