とちテレニュースカレンダー

2018年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■速報・県庁近くで火事(18-08-20)

午前5時30分ごろとちぎテレビ近くの集合住宅から火が出ていると通報がありました。現場は宇都宮市塙田で県庁や県立図書館に近い住宅地です。現在、周辺の道は消防車やパトカーで混雑しています。塙田トンネルを通行の際はご注意ください。

■涼を味わう 市貝町の大流しそうめん (18-08-19)

市貝町の芝ざくら公園で19日、毎年恒例の「大流しそうめん」が行われた。芝ざくら公園を管理している芳那の水晶湖ふれあいの郷協議会が、地域の活性化を図るために企画している。この日は町内のほか埼玉県など県外からも多くの人が訪れた。そうめんだけではなく、地元でとれたミニトマトやブドウも流された。つるつるとしたのど越しに果実のみずみずしさも加わり、参加した人たちは涼しく、おいしく、そうめんを味わった。

■とちぎ国体正式種目「トランポリン」を体験しよう(18-08-19)

とちぎ国体の正式種目、トランポリン競技を体験する催しが19日茂木町で行われた。デモンストレーションでは、2011年の世界選手権大会の「シンクロナイズド」種目で銀メダルを獲得した、茨城県出身の坂本鷹志選手が華麗な演技を披露した。ハイレベルな演技を見た後、参加した人たちは実際に競技で使われるトランポリンを使い、ジャンプに挑戦した。

■障がい者スポーツサミット(18-08-19)

4年後に栃木県で開催される「全国障害者スポーツ大会・いちご一会とちぎ大会」への機運を高めようと、19日に「障害者スポーツわかくさサミット」が開かれた。サミットでは日本障がい者スポーツ協会の滝澤幸孝さんが講演し、障害者スポーツを行う上での環境づくりなどについて話した。その後行われたシンポジウムでは、栃木県出身でロンドンパラリンピック車いすバスケットボールの日本代表として活躍した増渕倫巳さんなどが大会に向け意見を交わした。

■災害派遣医療チーム 県版の「DMAT」の養成研修(18-08-18)

主に県内で災害が発生したときにすぐさま救命措置に駆けつける災害派遣医療チーム、県版の「DMAT」を養成するための研修が18日から県庁で始まった。講義や実習などの研修を通して救命措置に必要な知識と技能を習得する。電車の脱線事故を想定した実習では、出血や骨折などさまざまなけがを負った状態の患者の治療の優先順位を決める「トリアージ」などを学んだ。

■とちぎプロスポーツまつり(18-08-18)

県内のプロスポーツを通して地域を盛り上げようと18日、宇都宮市内でイベントが開かれた。会場には7つのプロスポーツチームのブースが設けられ、子どもたちがゴールに向かってシュートするなど体験教室が行われた。ステージでは子どもたちとプロスポーツチームのチアリーダーによるパフォーマンスや選手らによるトークショーが行われた。県内のスポーツを堪能する多くの人で賑わった。

■高校生の夏の音楽の祭典「なつこい」(18-08-18)

シリーズでお伝えしている「とちぎ夏もよう」。高校生バンドが熱い演奏を披露する栃木市の夏の音楽の祭典「なつこい」が18日、開かれた。「なつこい」は夏に若者がメインのイベントで地域の活性化を図ろうと毎年、開かれている。出演したのは、予選を勝ち抜いた栃木県と群馬県の14組の高校生バンドなど。高校生たちはオリジナル曲などを演奏し音楽への熱い思いをぶつけていた。

■10回目の優勝目指す 作新学院高校軟式野球部(18-08-17)

8月24日から兵庫県明石市などを会場に全国高校軟式野球選手権が始まる。北関東代表で出場する作新学院高校軟式野球部が17日、宇田貞夫県教育長を表敬訪問した。作新軟式野球部は全国最多の9回優勝しているが去年は県大会準決勝で敗れた。新井主将は10回目の優勝を目指すと意気込んだ。野球部は24日の全国大会開幕戦で大阪代表の河南高校と対戦。

■県内で事故相次ぐ 今市で乗用車、住宅に衝突(18-08-17)

県内で事故が相次いでいる。16日、日光市今市で埼玉県加須市の男性(82)が運転する乗用車が住宅の壁に衝突し死亡が確認された。死因は胸の大動脈の破裂で衝突する前に意識を失っていた可能性がある。住宅にいた人にけがはない。一方、宇都宮市平出町の県道では17日、高根沢町の地方公務員の女性(54)が運転する乗用車が対向車と衝突し意識不明の重体。警察で事故の原因を詳しく調べている。

■「とかいなか」小山市 1ヵ月3万円で移住体験(18-08-17)

小山市で移住体験ができる住宅の運用が始まった。東京都から来た一家5人が最初の利用者として今月13日から暮らしている。住宅は空き家を改修したもので広さは4DK、電化製品など、生活に必要な備品がそろっている。家賃は光熱費と水道代込みで3万円で利用期間は1ヵ月間。約300坪ある庭では野菜や果物の収穫体験もできる。住宅の利用者はすでに2月まで埋まっている。

■宇大生がロボット実演教室(18-08-17)

■16日は送り盆 手を合わせ先祖の御霊を送る(18-08-16)

送り盆の16日、県内の寺や霊園で家族連れなどが墓に手を合わせ先祖の霊を送った。宇都宮市塙田の慈光寺によると今年は迎え盆の前の11日と12日が土日だったため、この2日間にたくさんの人が墓参りに訪れたという。核家族化が進み盆に合わせて親族が集まることも多く、訪れた人は線香を供えたあと、そろって手を合わせて先祖の霊を送っていた。

■家内安全願い神社で獅子舞を奉納 日光(18-08-16)

家内安全や無病息災を願って、古くから伝わる獅子舞の奉納が日光市の小林瀧尾神社で行われた。この獅子舞は明治時代から約150年にわたって受け継がれる伝統芸能で、日光市の無形民俗文化財に指定されている。境内には氏子など約50人が訪れ、息の合った迫力ある舞に見入っていた。
  • 平成最後の夏 とちぎ夏もよう
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  •  第12回とちテレおきなわ遊YOU塾旅先ブログ
  • とちぎテレビサービス
  • SOUND30