とちテレニュースカレンダー

2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■とちぎ国体 正式に開催決定(19-07-17)

東京都内で日本スポーツ協会の理事会が開かれ、国民体育大会を2022年に栃木県での開催が正式に決定。県での開催は1980年の「栃の葉国体」以来42年ぶり、2度目。大会期間は2022年10月1日からの11日間。県内全市町でさまざまな競技が行われる。同年には冬の国体の一部の競技も県内での実施が決まっている。「栃木の魅力と実力を国内外に発信する絶好の機会。オール栃木体制で準備を進めていく」と福田富一知事は力を込めた。

■クマ一頭 捕獲(19-07-17)

現在、特に日光地域の市街地付近において、連日クマの目撃情報が相次いでいることから、若杉町、花石町、輪王寺付近に計3基のドラム缶式クマ用罠を設置し、一頭のクマを捕獲した。今後も別個体の出没も懸念されることから、市内全域の出没地付近を重点的に、猟友会の協力のもと、パトロールや追い払いを継続して実施する。屋外へ残飯やペットの餌等を出しておくと、クマを誘引してしまう可能性があるため、屋内保管の徹底をするなど注意してほしい。

■関東自動車 バス新デザインお披露目(19-07-17)

去年10月、東野交通と経営統合した関東自動車。今回、その後初となる貸し切りバスと高速バスの新車がお目見えした。貸切りバスは赤と落ち着いた紫色をベースに車体には関東自動車の伝統である「3本の線」をあしらった。「乗務員が誇りを持てること」などをイメージ。遠足や旅行で活躍する貸切りバス、現在、行われている夏の高校野球の栃木県の優勝校もこのバスで甲子園に向かう。

■技能五輪国際大会へ 2人が知事表敬(19-07-16)

8月にロシア・カザンで開かれる世界の若者がものづくりの技術を競う技能五輪の国際大会に県内から出場する2人の選手が福田富一知事を表敬訪問した。県庁を訪れたのは2018年11月に沖縄で開催された技能五輪全国大会で金賞に輝いた前橋康平さん(町田建塗工業、左官職種)と伊藤大晟さん(日立ジョンソンコントロールズ空調栃木事業所、プラスティック金型職種)。県内選手の国際大会出場は1997年以来22年ぶり。

■移動を助けるロボットの研究成果お披露目(19-07-16)

県庁でロボット業界の発展を目指すフォーラムが開催され宇都宮大学が開発を進める人の移動を助けるパーソナルモビリティロボットがお披露目された。ロボットの自律移動や車の自動運転の実現に向けて必要になるのが自分の位置を特定する能力だという。開発を進めるロボットでは前方に搭載された3次元のレーザースキャナーで読み取った情報が地図上に表れ、位置の特定を行う。宇都宮大学では公道での実証実験を目指し宇都宮市や警察などと今年度中にも協議会を立ち上げる方針。

■各候補の応援弁士が相次ぎ来県し支持を訴える(19-07-15)

夏の参議院選挙は投票日まであと6日となった。県内ではこの連休にかけて各候補の元に応援弁士が駆けつけ、支持の拡大を図ると共に期日前投票の呼びかけに躍起になっている。県選挙管理委員会によると、期日前投票で投票した人の数は前回3年前に比べて2.48ポイント高い8万7,780人となっている。これまでに有権者の約5%が投票したことになり特に週末、商業施設に期日前投票所が設置された宇都宮市や栃木市で投票者の数が増えている。

■ルートインBCリーグ 栃木GB×群馬DP(19-07-15)

プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは15日、佐野市で首位の群馬ダイヤモンドペガサスと対戦した。試合が動いたのは2回裏。7番・原田がセンターへのタイムリーヒットで2点を先制。群馬は4回表。8番・小黒、9番・大堀と2者連続のタイムリーヒットで2対2の同点に追いつく。栃木は4回裏に4番のルーカスがレフトへのホームランで勝ち越す。さらに6回と7回に1点ずつ加え栃木が5対2で群馬に勝利。

■H.C栃木日光アイスバックスが氷上での練習を開始(19-07-15)

アイスホッケー・アジアリーグのH.C栃木日光アイスバックスは15日からホームリンクの日光霧降アイスアリーナで氷上での練習を開始した。アリペッカ・シッキネン監督をはじめ、キャプテンの佐藤大翔選手など20人の選手が参加。選手たちは氷の上での感覚を取り戻すためにパスのトレーニングを繰り返し行い、動き出しなどを確かめていた。これから、対人や戦術的な練習を取り入れ、シーズンの開幕に向け強度を上げていく。

■参院選に向け 啓発イベント(19-07-14)

参議院選挙を前に有権者に選挙に関心を持ってもらおうと14日、宇都宮市の商業施設で啓発イベントが開かれた。とちぎ未来大使の双子のお笑いコンビザ・たっちが登場し、軽快なトークで投票に行きたくなるアイデアを披露。益子町出身のタレント井上咲楽さんをはじめ学生、主婦などが語り合うトークショーでは選挙が若者に浸透していない現状が報告された。県選挙管理委員会は期日前投票を利用するなどして投票してほしいと呼びかけている。

■ほかの県の不在者投票用紙が投票箱に(19-07-14)

14日午前9時半ごろ大田原市湯津上庁舎の期日前投票所で、ほかの県の有権者の不在者投票の投票用紙が投票箱に入れるミスが発覚した。県選挙管理委員会によると係員の案内不足が原因で、この1票は無効扱いになる。大田原市選挙管理委員会はこの有権者に対し謝罪。県選挙管理委員会は再発防止に向け周知徹底を図るとしている。

■アロハマイカイウツノミヤ(19-07-14)

フラダンスのステージなどハワイの文化を通してまちの活性化につなげようというイベントが14日、宇都宮市で開かれた。ステージでは、24のグループ、約500人がフラダンスやハワイアンミュージックを披露。会場ではTシャツなどが販売され売り上げの一部を災害義援金のほか動物愛護団体に寄付する。

■愛らしい姿に長蛇の列 那須どうぶつ王国でマヌルネコの赤ちゃん(19-07-13)

那須町の那須どうぶつ王国で、世界最古のネコといわれるマヌルネコの赤ちゃんの一般公開が始まった。王国にには開園と同時に200人以上が入り、2頭のマヌルネコの前に長い列を作った。4月末に生まれた2頭、当時の体重は120グラムほどだったが13日現在でメスが1576グラム、オスが1880グラムとこの3カ月で10倍以上に成長した。マヌルネコの飼育は全国でも珍しく、今年赤ちゃんを見られるのはここだけだそう。また2頭の誕生を記念して「けものフレンズ」とコラボレーションした企画を8月9日まで実施している。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • visual
  • 海と日本PROJECT
  • とちぎのキラリびと
  • とちテレゴルフ
  • バーチャル高校野球