とちテレニュースカレンダー

2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■高齢ドライバー思いやりステーション(19-09-02)

下野警察署はガソリンスタンドを事故防止を呼びかけるスポットとして活用する「高齢ドライバー思いやりステーション」を始めた。県内で初めて。高齢ドライバーと接する機会が多い管内18のガソリンスタンドに働きかけ、安全運転と事故防止の呼びかけに協力してもらう。委嘱を受けたガソリンスタンドでは、店員が交通安全のチラシや啓発グッズを配って、訪れたドライバーへ安全運転を呼びかけていた。

■登山計画審査会 活動日数「最長で4泊5日」へ(19-09-02)

那須町で起きた雪崩事故を受けて設けられた高校生の登山計画を審査する会合が2日開かれ、宿泊を伴う登山については、活動日数をこれまでの「最長で5泊6日」から「最長で4泊5日」に改める方針が報告された。また、行動時間についてはおおむね8時間として実働時間とそこに「休憩」などを含めた滞在時間の2段階で計画してはどうかという案が出た。ガイドラインは年内をめどに改定する方針。

■県と真岡市 大地震想定し防災訓練(19-09-01)

「防災の日」の1日、県と真岡市は大規模災害に備えようと防災訓練を行った。真岡市の鬼怒自然公園を会場にした訓練は震度7を観測する地震が発生し、各地で被害が出たという想定。100の団体や機関などから1300人が参加し、救助訓練などにあたった。会場には団体や企業によるブースも出展され訪れた人は災害に関する知識に触れたりして防災への意識を高めていた。

■国体へ ジュニア選手793人を認定(19-09-01)

2022年のいちご一会とちぎ国体に向けて選手の強化を図るため、今年度のジュニア選手の認定証の授与式が1日、宇都宮市内で開かれた。今年度は36競技から小中学生793人が認定を受けた。柔道競技の足利第一中学校3年、齋五澤 凌生選手は「3年後の国体に向けて飛躍したい」と力強く宣誓した。

■みんな熱中!タグラグビー大会 栃木(19-08-31)

ワールドカップ開催目前、来年の東京オリンピックでは7人制が正式種目ということで関心が高まっているがそのラグビーのルールを単純化した「タグラグビー」の大会が、31日栃木市で行われた。これは2022年の「いちご一会とちぎ国体」でデモンストレーションスポーツとして行われ、タグラグビーへの関心を高めることも目的に今回初めて開かれたもの。年齢や性別、経験を問わず楽しめ、この日の試合ではメンバー全員が50歳以上のチームと学生チームが試合を繰り広げるなど、大人も子どもも熱中していた。

■地域と連携確認 警備会社が防災訓練(19-08-31)

想定外の自然災害に備え、宇都宮市の警備会社と地域の人たちが連携を深めるため共同で防災訓練を行った。外国人にも対応できるよう翻訳機を使った避難誘導も実施。参加した地域の人たちは家庭にある雑誌などを使ったケガの応急手当や火災で煙が充満した中を避難する体験をした。

■大嘗祭の無事祈る「天下大祓」(19-08-30)

天皇陛下が即位された年に執り行われる大嘗祭が無事に行われるようにと、30日に全国の青年神職が特別な儀式を行った。「天下大祓(てんかおおはらえ)」と呼ばれるこの儀式は、天皇陛下が即位される年だけに行われる特別なもので、飛鳥時代に天武天皇が即位したときから続いていると伝えられている。全国の青年神職が同じ時間にそれぞれの場所で「大祓」を一斉に行うもので、県内では青年神職10人が執り行った。大嘗祭は11月14日と15日に行われ、栃木県内で作られるコメが献上される。天皇陛下がコメを神々に供え、自らも召し上がって五穀豊穣を祈る。

■夏休み明けて さあ新学期!(19-08-30)

夏休みが終わり県内の学校で新学期がスタートしている。佐野市の下彦間小学校では夏休み明けの全校集会が開かれ、全校生徒28人が出席。ホームルームではポスターなどの宿題を確認し、夏休みの思い出を1人ずつ発表した。1873年に開校した下彦間小学校は1958年には児童が250人を超えていたが、少子化などの影響で減り続け、来年3月147年の歴史に幕を閉じる。来年度、田沼西地区では下彦間小学校など閉校する6つの小学校と田沼西中学校が統合しあそ野学園義務教育学校となる。

■日産の社員が町の職員と意見交換(19-08-30)

民間企業の従業員がまちの発展について行政職員と一緒に考える意見交換会が上三川町で行われた。これは人材育成も兼ねたもので、上三川町にある日産自動車栃木工場の従業員6人が、行政職員6人と2つのグループに分かれて地域活性化につながる施策について案を出し合った。このうち、10年後を見据えた町づくりについて話し合ったグループでは、公共交通の充実が町の課題であると設定した上で日産の自動運転技術をデマンド交通に取り入れる案など、自分たちの強みを生かした意見が出ていた。
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちぎのキラリびと
  • visual
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレゴルフ