×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

首里城のミニチュア登場 沖縄と栃木の架け橋に

世界の有名建造物のミニチュアを展示する日光市の東武ワールドスクウェアで、去年から制作を進めてきた沖縄を象徴する首里城が完成し24日、セレモニーが行われた。園内にはこれまでも守礼門が展示されていたが、2019年の火災で首里城は正殿など多くが焼失してしまったことから、元気になる力添えができればと制作・展示を決めた。展示が始まった首里城は実物の25分の1サイズで、本殿の儀式や観光客など約600体の人形を設置。展示脇のスロープの壁は沖縄県から取り寄せた琉球石灰岩で作られている。完成セレモニーでは日光東照宮の神職による神事が行われ、沖縄、栃木の関係者が「結びつき」「交流の場」になることを願っていた。