とちテレニュースカレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年01月のニュース

ニュース動画一覧

■死亡事故差し戻し審で有罪判決 1審無罪も(19-01-31)

 2016年3月、那須町で男性を車ではねて死亡させたとして自動車運転処罰法違反の罪に問われた那須町の会社員、平山 裕佳被告(30)の差し戻し審で宇都宮地方裁判所大田原市部は31日、禁固1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。一審判決は衝突回避が可能だったとは言えないとして無罪となったが、去年5月の二審の東京高裁は、この判断を否定し追加の証拠調べを求めて審理を差し戻していた。

■逮捕の男「人に心開くタイプでない」 住民口揃える(19-01-31)

 逮捕された広瀬 晃一容疑者についてアパート近の住人たちは「近づきがたい雰囲気」、「人に心を開くタイプではない」と口をそろえた。複数の住民によりますと広瀬容疑者は去年夏ごろアパートに引っ越してきた。近所付き合いはほとんどなく「明るい感じではなかった」という。当時の勤め先は茨城県鹿嶋市の建設会社で作業員として働いていた。同僚だった男性は 「ここに来る前は仕事をしていなかったようだ。社交的ではなく人に心を開かないタイプに見えた」と話していた。

■遺体は栃木市出身不明女子大生(19-01-31)

 去年11月末から行方不明になっていた栃木市出身で東京都葛飾区の日本薬科大1年、菊池捺未さん(当時18)が31日、茨城県神栖市で遺体で発見された。警視庁は死体遺棄の疑いで菊池さんが失踪直前に会っていたとされる茨城県神栖市の無職、広瀬 晃一容疑者(35)を死体遺棄の疑いで逮捕した。広瀬容疑者は「インターネットの掲示板で知り合った女性に騒がれて車の中で殺した。穴を掘って埋めた」などと供述していて、警視庁は事件の経緯を調べている。

■茨城で遺体発見、不明女子大生か(19-01-31)

 昨年11月下旬に行方不明になった東京都葛飾区の女子大生(19)=栃木県出身=とみられる遺体が茨城県神栖市で見つかったことが31日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁が確認を進めている。
 警視庁は死体遺棄容疑で、女子大生が失踪直前に会っていたとみられる同市の30代の男を逮捕した。遺体は供述に基づき見つかったという。
 女子大生は11月20日午後、足立区のJR綾瀬駅で電車に乗り、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮駅へ移動。鹿島神宮駅前でタクシーに乗り、午後6時ごろ、男のアパートから約400メートルのコンビニで降りた。

■競輪選手が清掃活動(19-01-30)

地域貢献活動の一環として競輪選手や宇都宮市の職員など約60人が開設70周年を迎える宇都宮競輪場の周辺でゴミ拾いを行った。この活動は24回目。活動が認められ2016年に善い行いをした活動を支援する一般社団法人の日本善行会に表彰されている。節目の年に多くの人に気持ちよくレースを見に来てもらおうと、選手たちは紙くずやタバコの吸い殻といった道端に落ちているゴミをひとつひとつ拾った。

■真岡木綿技術者に2人を認定(19-01-30)

真岡木綿の技術者として認定されたのは水沼恵美子(真岡市)さんと菊島弘子さん(益子町)。2人は綿を育てるところから糸を紡ぎ染色や機織りまで全ての工程をほぼ一人で行う真岡木綿に魅力を感じ、その技術を習得するために7年1カ月に及ぶ研修を受け、30反以上を織り上げてきたという。技術者として認定されたのは今回で41人。現在10人の認定者と4人の研修生が木綿会館で真岡木綿の製作に携わっている。

■アイスホッケー選手が小学校でスケート授業(19-01-30)

日光市の鬼怒川小学校のスケートリンクで、アイスホッケーの小平百香選手(日光市在住、元日光アイスバックスレディース、現軽井沢フェアリーズ)を招いて特別授業が行われた。鬼怒川小学校の校舎の北側に作られた縦9メートル、横25メートルのスケートリンクで6年生9人がアイスホッケーの手ほどきを受けた。児童はアイスホッケーの防具を身に着ける体験などもし、その軽さと丈夫さに驚いていた。

■鹿沼の小学生 ハガキで総務大臣賞(19-01-29)

はがきのやりとりの中で生まれた心温まる作品を選ぶ全国大会で鹿沼市粟野小学校5年の齋藤ゆなさんが最高賞にあたる総務大臣賞を受賞した。この全国大会で入賞するのは5年連続。祖父が亡くなり元気がなかった祖母に宛てたはがきの中で「いつも大好きだよ」と言ってくれることに対し感謝の気持ちを伝えた。

■県東部もシカに注意 現地説明会(19-01-29)

もともと県の西側に生息していた野生のシカが5年ほど前から県の東側でも目撃されるようになった。県東部の地域でもシカの食害などに注意してもらおうと那須塩原市の林で29日研修会が開かれた。県の職員のほか市や町の担当者など約30人が参加。シカやクマに木の皮が食い荒らされた跡や木の幹を守るために設置されたプラスチック製のネットについて説明を聞いた。

■東京五輪控えテロ対策訓練(東武宇都宮駅)(19-01-29)

東京オリンピック・パラリンピックを2020年に控えテロ対策を強化しようと29日、東武宇都宮駅で訓練が行われた。警察や消防、駅員など約50人が参加。電車の中に有毒な化学物質が入ったペットボトルが放置され乗客が体調不良を訴えているという想定で行われた。防護服を着て駆け付けた消防が倒れている乗客を担架に乗せて救出。さらに警察が液体が有毒かどうかを検査してペットボトルを回収した。テロ対策として実際の電車を使った訓練は県内で初めて。
  • とちテレゴルフ
  • とちぎテレビサービス
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • とちテレ公式YouTube
  • ミヤリーの部屋
  • 海と日本PROJECT