とちテレニュースカレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年07月のニュース

ニュース動画一覧

■県内で大規模停電 一時9万2千軒(19-07-29)

29日午後7時15分ごろから県南部を中心に広い範囲で停電があった。東京電力パワーグリッドによると停電は最大で午後7時30分ごろ栃木市で3万9700軒、下野市で3万500軒、小山市で1万1700軒など合わせて約9万2千軒に上った。それぞれの自治体には家の電気がつかない、信号がついていないなどの問い合わせが寄せられた。午後8時ごろにはすべて復旧した。

■県職員対象の防犯講話「とちまる見守り講習」(19-07-29)

通勤時間や勤務中に子どもたちを見守る「ながら見守り活動」に参加してもらおうと、県は29日、110番のかけ方や護身術などを学ぶ講習会を初めて開いた。講師のくらし安全安心課の福田亮さんは110番をする際に重要なのは事件や事故がどこで起こっているのかを伝えることで、場所が分からない場合は電柱や道路標識を参考にしてほしいと説明した。また県警警務部の柴田浩課長補佐は職員たちに簡単な護身術を指導した。

■お盆を前にナシ「幸水」目ぞろえ会(19-07-29)

ナシの「幸水」の初出荷を前に、小山市では29日、生産者が出荷の基準について話し合う目ぞろえ会が行われた。JAおやま管内小山、野木、下野のナシ農家61軒が参加し出荷に適したナシの色などを確認した。今年のナシは曇りや雨の天気が続いたため甘さは控え目だが実が大きくみずみずしいとのこと。令和最初の夏の贈答用としても需要が高いと見込まれている。初出荷は8月1日。

■栃木市の発砲事件 容疑者2人逮捕、1人指名手配(19-07-29)

21日に栃木市の飲食店で拳銃を発砲し男性に大けがを負わせた事件で、県警は29日までに殺人未遂の疑いで日光市の会社員大澤嵐士容疑者23歳と、福島県いわき市の無職で指定暴力団住吉会系幹部の小松 充容疑者37歳逮捕した。また指定暴力団住吉会系の組長、大澤康博容疑者56歳が指名手配されている。

■【速報】夏の高校野球 作新がV9(19-07-28)

夏の高校野球栃木大会はきょう決勝戦が行われ、作新学院が文星を6対2で破り9年連続での優勝をはたした。※とちぎテレビでは閉会式まで生中継します。

■小金井空襲から74年、駅前で慰霊祭(19-07-28)

小金井空襲があった日に合わせて毎年、JR小金井駅西口の慰霊碑の前で慰霊祭が行われていて、今年も遺族や地域の人達約70人が参列した。小金井空襲は終戦直前の1945年7月28日、宇都宮からの列車がアメリカ軍戦闘機の銃撃を受けたもので乗っていた31人が死亡し、70人を超える負傷者を出した。今年は、元国分寺町の町長で自身の戦争経験から平和を呼びかけてきた若林 英二さん、若林さんの息子でともに活動してきた県議会議員の和雄さんが相次いで亡くなったことから焼香の後は3人をしのぶ会も開かれた。

■佐野の突風 被害は細長く狭い範囲に集中(19-07-27)

佐野市で27日発生した突風で、被害は特に植上町地区の佐野医師会病院から佐野市立南中学校にかけての、南北約300mに伸びる狭い範囲に集中しているとみられる。市は被害住宅に土のうやブルーシートを配布して対応にあたっている。(※14時50分配信)

■佐野の突風 95軒以上に被害(19-07-27)

佐野市危機管理課によると、植上町地区を中心に発生した突風で、被害にあった住宅が27日午後1時30分現在、95軒以上に上ることが分かった。宇都宮地方気象台によると、佐野市には26日夕方からこれまで、大雨・雷注意報が継続して発表されていた。(※14時30分配信)

■佐野市の突風 発生時の気象状況(19-07-27)

宇都宮地方気象台は27日、佐野市で発生した突風被害時の気象状況を発表した。突風が発生した27日未明は、台風6号が潮岬付近にあって、栃木県にも南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となり、活発な積乱雲が発生した。佐野市付近でも積乱雲が通過し、突風が発生したものとみられるという。宇都宮地方気象台は機動調査班を現地に派遣し調査を実施している。(※14時20分配信)

■佐野の住宅被害「ジェット機のような音」(19-07-27)

佐野市危機管理課によると、27日に起きた佐野市の住宅被害は東武佐野線・佐野市駅の東側、植野町、植上町、植下町で、南北に直線状に広がっている。佐野市立南中学校の北側に住む住民によると、「寝ていたらバタバタとひょうが降るような音がしてシャッターが揺れた。すごい音で、何かがはがれるような音だった。午前4時ごろ警察や消防のサイレンが鳴ったので外に出てみると、カーポートの屋根が壊れていた」と話した。また別の住民は「雨が降る音で目が覚めた。雨はかなり降っていた。自宅の被害はなかったが、別の近所の人は『ジェット機が飛んできたような音がした』と話していた」と当時の状況を説明している。(※12時55分配信)

■佐野市で突風か 50棟以上の被害(19-07-27)

佐野市で住宅など少なくとも50軒以上で屋根瓦が飛ぶといった被害があった。27日午前2時半ごろ、佐野市植上町で「屋根が飛ばされている」と住民から消防に通報があった。警察や消防によると、住宅など少なくとも50軒以上で屋根瓦が飛ぶなどの被害があった。けが人はいないという。当時この地域では雨が降っており、未明に「ゴー」という音を聞いた住民がいることや窓ガラスが割れるなどの被害が集中している。現場はJR佐野駅から南に約2キロの住宅が密集する地域。佐野医師会病院の大川利裕事務次長によると、朝になって病院に駆け付けたところ南側の駐車場にプレハブの物置小屋が丸ごと飛ばされていたという。また佐野市の南中学校によると、校庭にあった高さ2メートルほどのネットが倒れたり、折れた木の枝が散らばったりしているのが確認された。この突風被害を受けて宇都宮地方気象台は気象庁機動調査班を派遣し現地調査を行っている。(11時21分配信)

■佐野で突風か 建物被害25軒以上(19-07-27)

 27日午前2時半ごろ佐野市植上町で「屋根が飛ばされている」と住民から消防へ通報があった。警察や地元の消防によると住宅など少なくとも25軒以上で屋根瓦が飛ぶなどの被害があったが、けが人はいなかった。未明に「ゴー」という音を聞いた周辺住民がいることや、窓ガラスが割れるなどの被害が集中していることから、警察などは突風や竜巻が起きた可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。(※10時配信)

■佐野で竜巻とみられる突風 住宅など95軒で被害(19-07-27)

27日未明、佐野市で住宅などおよそ100軒で屋根瓦が飛ぶといった被害があった。警察などは突風や竜巻が起きた可能性があるとみて詳しい状況を調べている。佐野市危機管理課によると夕方までに住宅など95軒で屋根瓦が飛ぶなどの被害が確認された。けが人はいなかった。被害は東武佐野線の佐野市駅の東側、植野町と植上町、それに植下町と南北に直線状に広がっている。佐野市ではけさ災害警戒本部を設置して対応に当たっている。

■行方不明のフランス人女性の家族が情報提供呼び掛ける(19-07-27)

日光に観光に訪れていたフランス人女性の行方が分からなくなってからまもなく1年が経つ。去年7月29日に宿泊していた日光市のホテルを出て以降、行方が分からなくなっているのはフランス国籍のティフェヌ・ベロンさん37歳。27日日光市の東武日光駅前などでベロンさんの母親のアン・デゼールさんと兄のダミアンさんが日光ロータリークラブや日光明峰高校の生徒などと一緒に情報提供を呼びかけるチラシを配った。
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • 海と日本PROJECT
  • visual
  • SOUND30
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン