とちテレニュースカレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年07月のニュース

ニュース動画一覧

■【速報】栃木市で男性が拳銃で撃たれ重傷 容疑者は逃走中(19-07-21)

21日午前2時30分頃、栃木市旭町の居酒屋で40代の男性が拳銃で撃たれ重傷。容疑者は拳銃を所持したまま逃走中です。警察で警戒を強化するとともに注意を呼び掛けています。

 男性は、意識がある状態で病院に運ばれましたが、腹を撃たれており重傷。発砲したとみられる40〜50代の男は逃走し、栃木署は殺人未遂容疑で行方を追っています。

 栃木署によると、事件の直前、居酒屋の店内では、4〜5人のグループ同士がけんかになっていたということです。発砲の後、撃った男を含むグループは走って逃げました。重傷を負った男性の仲間の女性が119番しました。

 現場はJR両毛線と東武日光線の栃木駅から北東に約800メートル。近くには宇都宮地裁栃木支部や栃木市役所などがあります。

■いよいよあす投票 候補者最後の訴え(19-07-20)

夏の短期決戦となった参議院選挙はあす投開票が行われる。栃木選挙区の3人の候補者はそれぞれ最後の訴えを行った。県選挙管理委員会によると公示日翌日の5日から19日までの15日間で行われた期日前投票は21万1262人。3年前を若干上回る数字で投票率は12.83%。前回の全体の最終投票率は51.38%だった。

■パトカーから逃走し事故 危険運転致死傷容疑で男逮捕(19-07-20)

今年5月、酒気を帯びた状態で運転しパトカーの追跡を受けても停止せず赤信号を無視、逃走中にカーブで対向車線にはみだし軽乗用車に衝突する事故を起こし、運転手の男性(46)を死亡させたとして、 宇都宮市横田新町の無職、川俣勇人容疑者(22)が危険運転致死傷と道路交通法違反容疑で逮捕された。事故当時、川俣容疑者は規制速度の2倍超の100キロ以上のスピードで走行していたという。調べに対し川俣容疑者は容疑を認めているという。

■国有形文化財に新たに寺岡糸店と乃木神社の建物(19-07-20)

国の文化審議会が19日開かれ新たに196件の建造物を有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申した。県内では寺岡糸店(佐野)と乃木神社(那須塩原)の建造物が選ばれた。寺岡糸店は佐野市の中心部、天明町の商家。答申を受けたのは店舗(1933年)のほか主屋や文庫蔵、石蔵、大門の5件。一方、乃木神社では本殿と拝殿の2件で答申を受けた。本殿は日光二社一寺の補修にも携わった栃木県の技師・大江新太郎が設計したという。

■タンクに落ちたクマの親子 懸命な救出作業も・・・(19-07-18)

塩谷町にある牛の放牧場の飼料タンクに親子のクマ3頭が落ちて出られなくなっているのが見つかり、町の関係者などが救出にあたった。関係者によると、1頭は体長70センチほどの親グマでもう2頭は体長およそ40センチの双子の子グマ。今月14日の午前に、町営の豊月平放牧場の高さ6メートルの飼料タンクの中に落ちているのが見つかった。タンクの外側のはしごを使い、上部にある直径およそ50センチのふたを開けて内部に落ちたとみられる。町や牧場関係者、猟友会など14人が救出活動にあたり3時間後に子グマ2頭はタンクから出て山に帰ったものの、親グマはタンクの中で衰弱しており死亡したものとみられる。

■台湾視察団が来訪 真岡市の青木製作所(19-07-18)

今月15日から日本を訪れている台湾の企業の団体が18日、県内の企業を視察した。日本を訪れているのは「台湾機械工業同業公会」の会員14人で、日本企業とのビジネスマッチングを目的に各地で視察を行っていて、この日は真岡市で車の部品の設計などを行う青木製作所を視察した。台湾機械工業同業公会には2600社以上が所属していて今回の視察にはボールねじの生産で世界第2位の「ハイウィン」も参加した。青木製作所はタイにも工場があるほか、台湾の企業とも何度も交流しているという。

■「そばゼミ」で中学生が発表 那須塩原市(19-07-18)

那須塩原市の高林中学校で18日、地域で親しまれているソバの学習発表会、通称「そばゼミ」が開かれた。「ものづくり」や「歴史」「打ち方」などテーマごとに生徒がそば店を実際に取材し4月から取り組みを進めてきた。この日は長野県の戸隠そばと高林のそばとの歴史の比較など、これまでの学習の成果が発表された。生徒たちは「そばゼミ」で学習したことを生かして9月8日に高林中主催の「そばフェスタ」を開く予定で、当日は200人前の手打ちそばを用意し訪れた人に振る舞うという。

■とちぎ国体 正式に開催決定(19-07-17)

東京都内で日本スポーツ協会の理事会が開かれ、国民体育大会を2022年に栃木県での開催が正式に決定。県での開催は1980年の「栃の葉国体」以来42年ぶり、2度目。大会期間は2022年10月1日からの11日間。県内全市町でさまざまな競技が行われる。同年には冬の国体の一部の競技も県内での実施が決まっている。「栃木の魅力と実力を国内外に発信する絶好の機会。オール栃木体制で準備を進めていく」と福田富一知事は力を込めた。

■クマ一頭 捕獲(19-07-17)

現在、特に日光地域の市街地付近において、連日クマの目撃情報が相次いでいることから、若杉町、花石町、輪王寺付近に計3基のドラム缶式クマ用罠を設置し、一頭のクマを捕獲した。今後も別個体の出没も懸念されることから、市内全域の出没地付近を重点的に、猟友会の協力のもと、パトロールや追い払いを継続して実施する。屋外へ残飯やペットの餌等を出しておくと、クマを誘引してしまう可能性があるため、屋内保管の徹底をするなど注意してほしい。

■関東自動車 バス新デザインお披露目(19-07-17)

去年10月、東野交通と経営統合した関東自動車。今回、その後初となる貸し切りバスと高速バスの新車がお目見えした。貸切りバスは赤と落ち着いた紫色をベースに車体には関東自動車の伝統である「3本の線」をあしらった。「乗務員が誇りを持てること」などをイメージ。遠足や旅行で活躍する貸切りバス、現在、行われている夏の高校野球の栃木県の優勝校もこのバスで甲子園に向かう。
  • visual
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレSHOP
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • とちぎのキラリびと
  • とちテレゴルフ