とちテレニュースカレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年08月のニュース

ニュース動画一覧

■新たに9人の感染確認 計261人に(20-08-12)

県と宇都宮市は12日、計9人の新型コロナウイルス感染を発表した。累計で261人、重症者は3人。県が発表した4人は真岡市と足利市の30代から60代の男女。254人目から256人目は247人目の関係者で、255人目と256人目は夫婦。いずれも今月8日に247人目の人と足利市内の飲食店を利用していた。宇都宮市発表の5人は10歳未満から40代の男女。257人目から260人目の4人は家族で、もう1人は県外の20代男性。

■日光の突風・倒木被害で現地調査(20-08-12)

11日午後2時半ごろから午後3時ごろにかけて突風が原因とみられる倒木が相次いだ日光市内で、宇都宮地方気象台が現地調査を行った。被害はけが人2人(車が倒木に巻き込まれる、女性が転倒)、日光市で住宅の外壁や屋根の破損2件、倉庫の全壊2件と半壊2件、車庫やカーポートの被害も相次いだ。調査した宇都宮地方気象台の職員は、倒れている木から風の向きや強さを読み解き、近くの工場に勤める人から当時の様子を聞き取った。宇都宮地方気象台によると、時間にして5分未満で風向きが変化し、強い風が吹いたと考えられるという。

■真岡の77歳女性 熱中症で死亡(20-08-12)

11日夜から12日朝にかけて県内は多くの地域で熱帯夜となり、真岡市では12日、女性(77)が熱中症で死亡した。午前7時半ごろ、女性が起きてこないのを心配した夫がベッドの上で横向きで動けなくなっているのを発見し消防に通報した。女性は心肺停止の状態で病院に運ばれ死亡が確認された。女性の寝室にはエアコンはあったが当時は使われておらず、窓も締め切られたままだったという。真岡はこの日、最低気温が25度を下回らない熱帯夜で、午前7時には29.4度を観測していた。県のまとめでは12日、17人が病院搬送され1人が重症(那須烏山市の78歳男性で河川敷の側道に倒れているところを発見)となっている。12日夜から13日朝にかけても宇都宮で熱帯夜を予想していて、宇都宮地方気象台や県は、夜にもエアコン使用、室内にいてもこまめな水分補給を呼び掛けている。

■下野市と損保会社が協定(20-08-12)

 

■コロナ禍のお盆休み 動物園は(20-08-12)

 

■【詳報】日光で倒木 突風が原因か(20-08-11)

11日午後、日光市の日光街道や例幣使街道の杉並木が倒れる被害が相次いだ。突風が原因とみられる。今市警察署によると、今市地区を中心に少なくとも市内10カ所で倒木が確認された。日光市によると、午後2時半過ぎ、被害のあった地域では強い雨と激しい風が吹いていたという。警察によると2人のけが人が確認されている。30代男性は運転中の車の上に木が倒れ軽傷。40代女性が強風にあおられ転倒しけがをした。日光市森友などで約600世帯停電した。

■佐野で県内観測史上最高39.8度 熱中症相次ぐ(20-08-11)

県内は11日、猛烈な暑さとなり、佐野で県内の観測史上最高気温となる39.8度を観測した。小山でも38.9度、真岡で38.2度といずれも観測地点の史上最高を観測、宇都宮は37.5度だった。この猛暑の影響で、県発表では30人が熱中症の疑いで救急搬送された。うち4人が重症。鹿沼市の90歳女性と真岡市の69歳男性はいずれも家にいて救急搬送されたが、家でエアコンは使用していなかったという。12日も各地で35度を超える見込みで、県などでは室内にいても水分補給や適切なエアコンの使用を呼び掛けている。

■新型コロナで県内初の死者 感染者が250人超える(20-08-11)

県は11日、新型コロナウイルスで県内判明分では初の死亡者が出たと発表した。亡くなったのは「高齢者」で、遺族の意向で詳細は明らかにしていない。この人はこれまで「重症者」としてカウントしていた3人とは別で、容態が急変したという。県保健福祉部は「改めて怖さを実感している。重症化する人の中には高齢者や基礎疾患を持つ人が多く、接する機会がある場合は感染予防に気をつけてほしい」と改めて求めた。県では新たに真岡市の20代男性と70代女性、芳賀町の30代男性の陽性が判明し、累計で250人を超えた。70代女性は真岡市田町「スナックサチ」に勤務していて、県は「スナックサチ」を7日(金)と8日(土)に利用して体調が悪くなった人に対し、健康福祉センターなどに相談するよう呼び掛けている。

■【速報】日光・今市地区で倒木相次ぐ 停電約660軒(20-08-11)

 県内では11日午後竜巻注意情報が出たが、日光市今市地区の国道では倒木があり通行止めとなっている箇所がある。倒木は午後2時48分から55分にかけて今市、森友、室瀬、倉ケ崎新田で確認。日光市の国道119号(日光街道)の森友交差点〜七本桜交差点の間、国道121号(例幣使街道)の小倉町交差点〜土沢インター付近で通行止め。また東京電力パワーグリッドによると午後2時47分ごろから日光市大室(約480軒)、森友(約160軒)、荊沢(約20軒)の計約660軒で停電が発生。

■ながら見守りで子どもの安全を(20-08-11)

 

■高校生が林業体験(20-08-11)

 

■アイスバックス 新体制発表(20-08-11)

 

■栄冠は君に輝く 全国一斉に演奏(20-08-10)

当初の夏の甲子園開幕予定の10日(同日、高校野球交流試合が開幕)、大会歌の「栄冠は君に輝く」を全国一斉に演奏しようという取り組みが行われた。宇都宮市の宮の原中学校で吹奏楽部顧問を務める星弘敏教諭が、コンクールがなくなり努力の成果が発表できなくなった吹奏楽部の子どもたちに機会を設けようと全国に広め、午前10時10分に好きな場所で、1人でも仲間でも、演奏しても歌ってもよいという自由な形で行われた。宮の原中学校では運動部員が校庭を行進して盛り上げ、県大会9連覇だった作新学院高校吹奏楽部は、揃いの黄色いシャツを部員90人全員で着て、ダンス付きのロックバージョンも演奏した。

■山の日 塩谷でウォーキングイベント(20-08-10)

山の日の10日、自然豊かな塩谷町をウォーキングのまちとして盛り上げるイベント「塩谷町を歩こうみんなで408キロ」が最終日を迎えた。競歩選手で町の地域おこし協力隊の近藤良亮さんが企画した取り組みは、6月1日スタートして町民がリレー方式で加わり、町名「しおや」にちなんで408キロを目標にした。当初は山の日に目標達成の予定だったが、反響が大きく7月7日に突破。これまでに193人が661キロを歩いた。最終日は約50人が参加し、5キロのコースを約1時間歩いた。

■新たに3人の感染確認 計249人に(20-08-10)

県は10日、新たに3人の新型コロナウイルス感染を発表した。累計で249人、現在の重症者は9日と変わらず3人となっている。247人目と248人目は足利市の40代男性で、今月8日に陽性が確認された240人目の感染者の知人。247人目の男性は会食、248人目の男性は屋外で短時間会話をしていた。249人目は足利市の40代女性で、現在は背中や腰の痛み、息苦しさ、味覚・嗅覚異常があり入院予定。感染経路は分かっていない。
  • とちテレ番組ガイド
  • イブ6プラス
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • マリフルールBUCCA
  • まろにえーるTV 超