×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

クレーン車事故から10年 県内通学路で一斉指導

2011年、鹿沼市樅山町の国道で、登校中の児童6人が、てんかんの持病を隠した運転手のクレーン車にはねられ死亡した事故から、18日で10年。交通事故から子どもの命を守ろうと16日、小学校の通学路周辺で県内一斉の交通指導が行われた。事故が起きた北押原小学校近くの交差点では、鹿沼市の佐藤信市長や警察官など約60人が立ち、ドライバーや登校する児童に注意を呼びかけた。