×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

土石流被害の熱海へ…県警・広域緊急援助隊を派遣

静岡県熱海市で発生した大規模な土石流から1週間となる中、県警察本部は9日現地に「広域緊急援助隊」12人を派遣した。熱海の土石流は3日御膳10時半ごろ発生。9人が死亡、20人が安否不明となっていて悪条件の中、各地から応援部隊が集まり、救助活動が続いている。出発式では川嶋 将之小隊長が印南 浩司警備第2課長に出発を申告。印南課長は隊員に「熱海市はみなさんの力を必要としている。これまでの経験や訓練の成果を発揮して、救出、救助にあたってほしい」と訓示を述べた。隊員たちは15日までの1週間、活動にあたる。