×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

ブレックス・遠藤選手 「クール・チョイス」県アンバサダーに

 地球温暖化の要因とされる二酸化炭素の排出を減らそうという取り組みを県民に発信!県環境森林部は13日、プロバスケチーム・宇都宮ブレックスの遠藤 祐亮選手をアンバサダーに任命し、鈴木 英樹部長から委嘱状が手渡された。県は、2050年までに地球温暖化の要因とされる温室効果ガスを実質ゼロにする、カーボンニュートラルの実現に向け「クール・チョイス(賢い選択)」運動を進めている。  アンバサダーはエアコンの温度管理やエコバッグの使用など、県民が手軽に取り組める地球温暖化対策を発信する役割を担う。遠藤選手はインスタグラムを通じて協力を呼び掛けるほか、試合会場でもブースを設け情報提供を行うという。県は14日、サッカーJ2・栃木SCの森 俊貴選手を任命する。