とちぎテレビ番組ブログコンテンツ

6月20日放送 #11 尾瀬ヶ原

 

 

           水芭蕉

           水芭蕉

至仏山

至仏山

尾瀬山ガール

尾瀬山ガール

燧小屋

燧小屋

 
 
6/20放送 #11
テーマ:尾瀬ヶ原
案内人:萩原舞さん(尾瀬山の鼻ビジターセンター)
 
○今回の発見!
・尾瀬は、栃木・群馬・福島・新潟4つの県にまたがる国立公園
・群馬県片品村から尾瀬に入ると、「尾瀬山の鼻ビジターセンター」が玄関口となる
・尾瀬山の鼻ビジターセンターでは、季節の見どころや山の状況などを知らせてくれる
・群馬県では「尾瀬学校」と呼ばれる学校行事があり、子どものうちに尾瀬にやってくる
・尾瀬にいるツバメは、イワツバメ
・尾瀬は、特別保護地区のため、何も採取できない
・水芭蕉の花は、中央の小さな黄色い部分
・水芭蕉の白い花のような部分は、「仏炎苞」と呼ばれる葉が変化したもの
・水芭蕉は、水の流れを利用して種を飛ばすため、水が多いところに生息している
・水芭蕉には毒がある
・水芭蕉は、雪が多いところに生息している
・尾瀬ヶ原からは、至仏山と燧ケ岳を臨むことができる
・かつては、おひたしとして山小屋で食されていた植物は「リュウキンカ」
・尾瀬は、ゴミの持ち帰りを推奨。りんごの皮やぶどうの種も植生を壊すのでNG
・アカハライモリには毒がある
・昔はゲンゴロウを炒って食べていた
・尾瀬名物「歩荷(ぼっか)」さんは、山小屋の食料などを運んでくれる。一度に80キロから100キロの荷物を運び、尾瀬ヶ原の名物となっている
・尾瀬ヶ原に水が保たれているのは、「泥炭」と呼ばれる植物の死骸から作られた泥によって、保湿されているため。
・尾瀬ヶ原は、1万年の歳月をかけてできていると言われている
・尾瀬ヶ原の中に群馬県と福島県の県境がある。県境を過ぎると宿泊客のみとなり、人の数も減る
・ミズゴケは、湿原を作るのに欠かせない。死んだミズゴケが幾層にも重なると、空気が入れなくなり、腐食しない。そのため、保湿効果が保たれたままの土壌が出来上がる
・ミズゴケは、殺菌作用があり、包帯やシップの代わりに使われていた
・尾瀬の見晴は、山小屋がもっとも多く集まる場所
・燧小屋は、料理が美味しいと評判の宿。もともとは釣り小屋だった。

6月13日放送 #10 益子焼

 

 

つかもと美術記念館

つかもと美術記念館

職人さん

職人さん

ロクロ体験

ロクロ体験

最新台所陶器

最新台所陶器

 
 
6/13放送 #10
テーマ:益子焼
案内人:関教寿さん(株式会社つかもと)
 
○今回の発見!
・「益子焼」の定義=益子で作られたもの
・群馬県横川の峠の釜めし用の釜(器)は益子焼
・つかもとの敷地は、東京ドーム3個分
・益子焼は、江戸時代に始まった。もともと生活用品だった。
・益子焼は、もともと「半農半陶」 冬に陶器を作っていた。
・益子で焼き物が発展した理由は、陶器に適した土があったこと以外に釉薬や薪などの材料が揃っていたから。
・益子焼が生活陶器から美術品としての価値を得たのは、「民藝運動」
・民藝運動とは、日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美は生活の中にあると提唱した生活文化運動
・民藝運動では、「用の美」(使ってこそ美しい)という言葉も生まれた
・「ヌカ」と呼ばれる釉薬は、米ぬかを主原料にしていて、緑色をしているが焼くと白になる
・焼き上げて釜から出した陶器は、冷めながら音を出す。貫入が起こる際の音。
・貫入は釉と素地の収縮率の差により、焼成後の冷却時に生じた釉のひび模様のことで、割れる時のひびや傷とは異なる。
・益子の土と町の雰囲気は、焼き物の本場佐賀県から見ても独特で魅力的
・陶芸体験では、小学生も受け入れている
・ロクロ体験で作った粘土は、焼くと小さくなる
・最新の益子焼では、ポップな色合いやおしゃれなデザインも取り込み、若い人向けの商品も多い。
・カラフルな台所陶器にも挑戦していて、お一人様用の調理器具も開発している

6月6日放送 #9 真岡鐵道

 

 

真岡駅舎

真岡駅舎

真岡鐵道を走るC11

真岡鐵道を走るC11

D51の運転席

D51の運転席

 
 
6/6放送 #9
テーマ:真岡鐵道
案内人:竹前直さん(真岡鐵道株式会社)

○今回の発見!
・真岡鐵道は、整理券で乗車し後払い。スイカ・パスモは使えない。
・SLが土曜、日曜、祝日を中心に通年運行!
・真岡駅は、駅舎がSLの形。平成10年に現在の形になった。
・真岡鐵道のSLは、平成6年から運航開始。
・真岡鐵道は、国鉄の「真岡線」だった。
・昭和63年に国鉄から「真岡鐵道株式会社」として第3セクターとしてスタートした。
・真岡鐵道の普通列車のイメージは、「旅行鞄」。利用者からは、「スイカ」で定着している。
・平成3年に地域振興の目的で「SL復活プロジェクト」がスタート。福島県川俣町の公園にあったSLを譲り受けて運行開始した。修理に1年がかり
・C11は、予備機として導入された。新潟県の中学校の敷地にあったもの。
・SLをはじめ鉄道車両には、車の車検に相当する整備がある。JR東日本の大宮車両センターへ委託整備している。
・真岡駅には転車台を間近で見られ、誰でも入れる場所がある。
・SLキューロク館は、「9600形蒸気機関車」から名前をとっている。
・9600形蒸気機関車は、真岡市井頭公園からやってきた。
・9600形蒸気機関車は、土日祝日にパフォーマンス走行を実施
・D51型蒸気機関車は、大型。貨物機として生産された車両
・D51の1号機は、京都鐵道博物館に展示されている
・真岡鐵道では、D51蒸気機関車の体験運転会を開催している。
・SLキューロク館には、客車スハフ4425号が展示されている。
・スハフ4425号は、実際にSLに牽引されていた車両。SLの急行列車の車両だった。
・SLは、蒸気で発電もできる

5月23日放送 #8 三原たこ

 

 

三原市漁業共同組合の皆さん

三原市漁業共同組合の皆さん

          三原たこ

          三原たこ

FURUOKAシェフと奥さん

FURUOKAシェフと奥さん

ゑびす家の皆さん

ゑびす家の皆さん

 
 
5/23放送 #8
テーマ:三原たこ
案内人:米村勇輝さん(三原市経済部観光課)

○今回の発見!
・三原市のたこは、マダコ
・三原たこは、瀬戸内海の海流にもまれていて筋肉質で歯ごたえがいい
・たこ漁は、朝1時2時にスタートする場合もある
・たこ漁のポピュラーな形は、たこつぼ
・一回の漁でたこつぼを2000個仕掛ける場合もある
・100個のたこつぼで10匹かかれば大漁
・たこ漁の高齢化が問題。60代が若手
・三原市漁業共同組合に所属しているたこ漁師は、全部で11人
・三原たこは、硬いと思いきや簡単にかみきれる
・外国産のたことは、味・食感がまるで違う そして、シャキシャキ
・たこの名産地だけあって、たこのフルコースを食べられるイタリアンレストランがある
・シェフも幼い頃から三原たこを自宅で郷土料理で食べていた
・三原たこの足は大きさ・太さもしっかりしていて、料理のし甲斐がある
・煮たり、焼いたり、蒸したりと調理方法で食感を楽しめる。味も変わる
・三原市街では、とても大きなたこのゲソ天が売っていて、丸かじりする人もいる
・三原市街地にはたこのオブジェがあり、8つすべて発見すると幸せになれる?
・たこを使ったもみじ饅頭がある たこもみじはゑびす家のみで販売
・竜王山展望台からは、しまなみ街道の7本の橋が見える

5月16日放送 #7 呉市御手洗

 

 

歴史の見える丘公園からの眺望

歴史の見える丘公園からの眺望

御手洗 国の重要伝統的建造物群保存地区

御手洗 国の重要伝統的建造物群保存地区

乙女座

乙女座

新光時計店 松浦光司さんと松浦敬一さん

新光時計店 松浦光司さんと松浦敬一さん

 
 
5/16放送 #7
場所:呉市御手洗
案内人:石田雅恵さん(豊町観光協会)
 
○今回の発見!
・クレイトンベイホテルは、ミシュラン三ツ星ホテル
・呉市御手洗は、風待ち・潮待ちの場所として、江戸時代から昭和初期に掛けて栄えた港町であり、歓楽街
・平成6年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された
・今も残る町屋は、参勤交代の大名行列を2階から覗かないように2階部分が物置になっている
・「御手洗」の地名の由来は、九州に流された菅原道真が天満宮の井戸で手を洗ったことからきている
・日本初の自転車による世界一周を成し遂げた「中村春吉」氏の出身地が御手洗
・御手洗の由来となった「菅公手洗いの井戸」が今も残る
・神様の下を通ることができる「可能門」は、願い事を唱えながら振返らずにくぐると願いが叶うと言われている
・幕末の「御手洗条約」(薩摩・長州・広島の三藩による倒幕同盟が秘密裏に結ばれた)が締結された金子邸
・金子邸には、坂本龍馬、高杉晋作、吉田松陰など当時の中心的人物が多く訪れていた
・坂本龍馬がストレスを発散した遊郭があった
・日本で一番古い時計店「新光時計店」が営業中。明治前後から時計店を始めた。
・新光時計店の建物は、大正時代のもの
・時計職人は、窓際族。太陽光を利用して時計作り・修理を行った
・日本の時計店は、南向きで太陽光が多く入る部屋を仕事場にしていた。
・新光時計店が営業を始めた明治初期は、現在の60進法の時間に変わったばかり。その頃に最先端の時計を扱う店ができたということは、それだけ「御手洗」に最先端のものや人が集まってきていた証拠
・テレビもラジオもない時代は、時計店が据え付けた時計が地域の標準時計だった
・歴史の見える丘公園からは、御手洗や来島海峡、四国の山々が一望できる。向かいは愛媛県

5月9日放送 #6 茶臼岳

 

 

那須ロープウェイ

那須ロープウェイ

那須ロープウェイからの眺望

那須ロープウェイからの眺望

ガンコウラン

ガンコウラン

山頂駅新メニュー

山頂駅新メニュー

 
 
5/9放送 #6
場所:茶臼岳
案内人:津田直美さん(那須ロープウェイ)
 
 
○今回の発見!
・「那須岳」という名前の山はない
・茶臼岳・朝日岳・三本槍岳 3つの山の総称が「那須岳」
・茶臼岳の別称として、那須岳を使うこともある
・茶臼岳の標高=1915m「一句いこう」
・朝日岳の標高=1896m「いやー苦労するなー」
・三本槍岳の標高=1917m「低いな」
・那須ロープウェイは、昭和37年から営業開始
・日本初のロープウェイは、足尾銅山=貨物輸送用
・日本初の旅客用ロープウェイは、三重県矢ノ川峠
・日本初の観光用ロープウェイは、日光の明智平 昭和25年
・那須の知名度が低かった時代は、知名度を上げるために宣伝車を活用していた
・那須ロープウェイは風に強い!下に重りがあり、傾きを抑制している
・那須ロープウェイは、大きくガラス張りになっている。いろいろなロープウェイでも貴重
・ロープウェイの上に点検者が搭乗し、移動しながら点検する
・山頂駅では、インパクト大の新メニューが食べられる
・春の茶臼岳には緑のガンコウランが一面に広がりとても綺麗
・茶臼岳には、遭難などに備えて、現在地を番号で表示している。レスキューに場所を正確に伝えるため
・写真を撮るときに必ず笑顔になれる方法「那須ロープウェイ」と叫んで撮影する

5月2日放送 #5 那須どうぶつ王国

 

 

レストラン「ヤマネコテラス」

レストラン「ヤマネコテラス」

ウェットランド

ウェットランド

元祖パンダのレッサーパンダ

元祖パンダのレッサーパンダ

世界最古の猫マヌルネコ

世界最古の猫マヌルネコ

 
 
5/2放送 #5
場所:那須どうぶつ王国
案内人:宮地さくらさん(那須どうぶつ王国)

○今回の発見!
・那須周遊バス「きゅーびー号」が新ルート運航開始。那須どうぶつ王国もルートに入った
 
・那須どうぶつ王国内に屋根が完成し、全天候型に生まれ変わった
 
・2018年オープンの王国内「ウェットランド」では、動物たちの自由な姿を間近で見られる
 
・動かないことで知られるハシビロコウだが、ここでは動く姿を観察できる
 
・鹿顔の牛「シタツンガ」を間近で見られる
 
・ジャガーを見上げながら観察できる
 
・ジャガーの生態 生息場所:密林→スピード<パワー 重視の体型=足が短く太い
 
・ジャガーの狩りの必殺技は「猫パンチ」 頭蓋骨を砕くほどの力
 
・ジャガーの名前は、「ヤガー」という単語 意味は「ひと突きで殺す者」に由来している
 
・メスのジャガーには、ハート型の模様があることも。 写真に撮れたら幸運になるとの言い伝えもある
 
・元祖「パンダ」は「レッサーパンダ」 ジャイアントパンダが後に発見されたことで「パンダ」の名前を奪われ「レッサー(小さい)」がつけられた
 
・1500万年前から生存しいてきた世界最古の猫「マヌルネコ」がアジアの森で見られる
 
・「マヌルネコ」は、ツイッターで4万以上のいいねがつく人気猫
 
・絶滅の危機にある、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」を守る取組みを国と那須どうぶつ王国が行っている
 
・飼育を通して数を増やす取組みが実を結び、ここ数年で数が増えてきたため今年から一般公開を開始した 国内でライチョウを見られる施設は5箇所、一般公開は国内で15年ぶり
 
・レストラン「ヤマネコテラス」で提供されるご飯は「ツシマヤマネコ米」 そのため、食べるだけで、ツシマヤマネコの生息域である田んぼが広がることになる
 
・ヤマネコテラスでは、使い捨てプラスチック製品をすべて廃止した
 
 

4月25日放送 #4 須賀川牡丹園

 

 

須賀川牡丹園歴史

須賀川牡丹園歴史

牡丹薬膳弁当とドレッシング

牡丹薬膳弁当とドレッシング

 
 
4/25放送 #4
場所:須賀川牡丹園
案内人:難波恭代さん(須賀川牡丹園保勝会)
 
 
○今回の発見!
・須賀川牡丹園には、岩瀬の亀甲松の立派な松林がある
・須賀川牡丹園には、290種7000株の牡丹がある
・須賀川牡丹園は、全国で唯一の国指定名勝に指定された牡丹園
・須賀川牡丹園の牡丹は、すべて自根から育てた牡丹
・実は、牡丹の魅力は、枝ぶり。画家は、枝をスケッチして帰り、花はアトリエで描く
・須賀川牡丹園は、市民のボランティアなど、地域の人々の協力により守られてきた
・須賀川牡丹園は、柳沼源太郎翁が基礎を作り、価値を高めた
・牡丹栽培の初めは、薬剤種として栽培が開始された
・病気にかかた牡丹の枝を焼く「牡丹焚き火」は、俳句の季語になっている
・牡丹は、支柱を立ててあげないと枯れてしまう
・牡丹は、夏に水が不要、冬に水が必要。冬に雪が多かった年は、綺麗な牡丹が咲く
・牡丹一輪の見ごろは、約5日間。早咲き、遅咲きなど複数の種類があるため、須賀川牡丹園の見ごろは、約20日間
・須賀川牡丹園には、「牡丹薬膳弁当」(要予約・5人以上)がある
・牡丹は、見るだけでなく食べられる
・須賀川牡丹園の今年の見ごろは、ゴールデンウィーク〜5月10日頃と予想

4月18日放送 #3 かっぱ麺

きゅうりん館の皆さん

きゅうりん館の皆さん

  

  

かっぱ麺

かっぱ麺

井桁屋本舗 大黒屋

井桁屋本舗 大黒屋

 
 
4/18放送 #3
場所:かっぱ麺
案内人:大内康広さん(須賀川かっぱ麺の会会長)
 
○今回の発見!
・須賀川市には、きゅうりを専門に扱う大規模施設がある
・須賀川市は、夏秋きゅうりの生産量が日本一
・関東で食べられるきゅうりの多くが須賀川市産
・きゅうりの葉の厚みは健康の証
・ハウス内の温度はコンピューターで管理
・きゅうりのトゲは新鮮な証
・きゅうり1本のうち98%は水分
・かっぱ麺はきゅうりの絞り汁だけで練っている
・かっぱ麺は、麺からきゅうりの風味が香る

4月11日放送 #2 研究学園都市

つくばエキスポセンターの皆さん

つくばエキスポセンターの皆さん

 

 

セグウェイツアー

セグウェイツアー

 
 
4/11放送 #2
場所:研究学園都市
案内人:谷貝一雄さん(つくば観光ボランティアガイド298)

○今回の発見!
・研究学園都市は、国の3割の研究機関が集まったサイエンスシティ
・研究学園都市の候補地は4つあった。富士山、赤城山麓、那須高原、つくば
・つくば市は、東京から近く、平坦で霞ヶ浦の水を使えるというメリットで決定した。
・研究学園都市には、研究者が2万人いる「石を投げると研究者に当たる」といわれるほど
・研究学園都市になり、地域の勉強レベルが上がった
・研究学園都市には、セグウェイツアーがあり、公道でセグウェイに乗れる
・中心部の遊歩道の両脇にモニュメントがあり、太陽と惑星の距離を保ちながら縮めた太陽系モニュメントがある
・反対側には、地球誕生からの歴史を表現したモニュメントがあり、散歩しながら勉強できる
・国際科学技術博覧会、通称つくば万博の跡地は、つくばエキスポセンターになっていて、科学技術と最先端研究の一部を体験・学習できる

4月4日放送 #1 筑波山

 

 

 

 

筑波山ケーブルカー

筑波山ケーブルカー

          筑波山頂上

          筑波山頂上

山頂ご本殿

山頂ご本殿

 
4/4放送 #1
場所:筑波山
案内人:吉原 一行さん(つくば観光ボランティアガイド298)
 
○今回の発見!
・男体山(標高871m)と女体山(標高877m)からなる総称を「筑波山」
・筑波山は、火山ではなく隆起による山。今でも少しずつ隆起している。
 
・筑波山神社は、江戸時代まで関東で最大級の規模を誇る「中禅寺」という寺だった
・明治維新後の廃仏毀釈運動の際、焼かれることを免れるため「筑波山神社」と改名
・随神門は、江戸時代まで「仁王像」が安置された「仁王門」だった。
 現在は、左側に倭健命(やまとたけるのみこと)、右側に豊木入日子命(とよきいりひこのみこと)を安置する
・本殿は、「筑波山」自体。そのため、社は山頂にある。
 
・万葉集に詠まれた「筑波山」の唄は、25首。山では日本で一番多い。
・奈良時代など、中世の筑波山は、合コンの場所だった。
・筑波山女体山山頂は、柵などがなく自然な景観がすばらしく、360度のパノラマ絶景
 
 
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • SOUND30
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレSHOP