とちテレニュースカレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年04月のニュース

ニュース動画一覧

■「令和」スタートへ準備 別れ惜しむ雨(19-04-30)

 平成最後の日となった30日は、30年余り続いた時代に別れを告げるかのように雨が降り続いた。宇都宮市の商店街では新元号を祝うポスター、那須町では横断幕を用意するなど新しい時代「令和」に向けた準備が行われた。ポスターの掲示は、祝賀ムードを盛り上げ街中を活性化させようと宇都宮商工会議所などが企画し、市内31の商店街と900の店舗が参加。御用邸のある那須町では玄関口となる東北自動車道 那須インターチェンジの目の前に改元を祝う横断幕がお披露目された。

■新時代歓迎 改元文具人気(19-04-30)

 「平成」の時代をしのび「令和」という新たな時代を歓迎するユニークな商品が県内の文具店でも人気を集めている。宇都宮市池上町の上野文具本店では、「平成」や「令和」の文字をモチーフにしたクリアホルダーなど改元グッズがずらり。平成の時代を懐かしむため年表が表示されていて、その時代に流行った文具が並ぶ。「令和」のコーナーにはクリアホルダーのほか新元号を記すカレンダーも販売されている。

■みんみん前社長 伊藤信夫さん85歳で死去(19-04-30)

 「宇都宮餃子」を全国に広めた餃子専門店「みんみん」の前の社長、伊藤 信夫さんが今月27日、病気でなくなっていたことが分かった。85歳だった。伊藤さんは1973年、昭和48年に餃子専門店「宇都宮みんみん」の社長に就任。1993年には38店舗を集めて、宇都宮餃子会を設立し初代会長を務めた。6月にお別れの会が開かれる。

■田母沢御用邸記念公園を着物で散策(19-04-29)

日光市の田母沢御用邸記念公園で、和の心を体感してもらおうと、着物で御用邸を散策する企画が行われている。この企画は日光田母沢御用邸記念公園と地元の着物レンタル店が大型観光企画、アフターDCキャンペーンの一環として行っている。企画に参加しているレンタル店で着物を借りると、御用邸の入園券がセットでついてくる。

■平成最後の「肉の日」、29グルメフェスティバル(19-04-29)

29日は、平成最後の「肉の日」。宇都宮市では肉を存分に味わうイベント「29グルメフェスティバル」が開かれた。大型連休期間中の4月29日、「肉の日」にちなんで毎年開かれ、10のお店が自慢の味をふるまった。会場には焼いた肉の香ばしい香りが広がり、子どもから大人までみんなで肉にかぶりついた。

■平成最後の「肉の日」、にーきゅーグルメフェスティバル(19-04-29)

29日は、平成最後の「肉の日」。宇都宮市では肉を存分に味わうイベント「29グルメフェスティバル」が開かれた。大型連休期間中の4月29日、「肉の日」にちなんで毎年開かれ、10のお店が自慢の味をふるまった。会場には焼いた肉の香ばしい香りが広がり、子どもから大人までみんなで肉にかぶりついた。

■日光市で交通渋滞の緩和対策始まる(19-04-28)

日光市と那須町で交通渋滞の緩和に向けて対策が始まった。特に渋滞の多い二社一寺周辺では、28日から来月5日までの8日間、日光小学校や日光砂防事務所、大谷川河川敷などに、約500台分の臨時駐車場を無料開放する。激しい渋滞が予想される国道119号を避けて臨時駐車場へ誘導する立て看板を日光宇都宮道路や、周辺の道路に60個設置したほかチラシなどを配って観光客に呼び掛けている。また那須岳周辺では路上駐車による渋滞を解消するため、路肩にカラーコーンを設置している。

■名前に「平」「成」でホームゲーム無料招待 栃木SC(19-04-28)

サッカーJ2の栃木SCは28日、岐阜を相手に平成最後のホームゲームを行った。この試合では、名前に漢字の「平」か「成」の字が入っている人が無料で招待された。昨日までに80組の申し込みがあった。なお試合は1対1で岐阜に引き分け、平成最後のホームゲームを白星で飾ることはできなかった。5月12日、元号が「令和」になって初めてのホームゲームとなる甲府戦では名前に「令」もしくは「和」の字が付く人をペアで無料招待する。

■10連休スタート 春の陶器市にぎわう(19-04-27)

天皇の代替わりに伴って初の10連休となる大型連休が27日スタートした。益子町では、春の陶器市が始まり多くの観光客でにぎわった。今回で103回目。城内坂通りを中心に、約50の店舗のほか500のテントが出店し、訪れた人たちは皿や湯のみ置き物などお気に入りの益子焼を買い求めた。また新たな取り組みとして150のテントでクレジットカード決済を導入した。

■栃木県メーデー中央大会(19-04-27)

連合栃木などが主催する労働者の祭典「栃木県メーデー中央大会」が27日、宇都宮市で開かれた。県内の労働組合などから約1500人が参加した。4月から働き方改革関連法が施行され安心して働き続けられる職場環境づくりが求められている。連合栃木の加藤剛会長は「格差のない社会を目指す」などとあいさつした。

■ひき逃げ死亡事故で男逮捕(19-04-27)

26日午前3時ごろ宇都宮市不動前5丁目の国道119号で近所に住む無職の沼尾実さん82歳を軽乗用車ではねて死亡させ救護せずに逃げたとして過失運転致死とひき逃げの疑いで上三川町磯岡の会社員、西尾竜也容疑者37歳を逮捕した。付近の防犯カメラの映像などで容疑者が浮上したが調べに対して西尾容疑者は「事故を起こした認識はなかった」と容疑を否認している。

■酒気帯び運転の巡査長 懲戒免職処分に(19-04-26)

県警察本部は4月7日に足利市内で酒気帯びで車を運転した足利警察署地域課の小沼 直征巡査長29歳を懲戒免職処分にしたと発表した。また、宇都宮地方検察庁足利支部は26日、小沼巡査長を道路交通法違反の罪で起訴した。県警察本部の藤田裕之主席監察官は「飲酒運転根絶に取り組む中、警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾。今後、改めて指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努めてまいります」とコメントを出した。

■15mの大木倒れる 車に接触 けが人なし(19-04-26)

26日午後3時前、宇都宮市徳次郎町で日光宇都宮道路ののり面に植えられていた高さ15メートル、根の直径が1メートルのコナラの木が並行して通っていた道路に倒れた。信号待ちで停車していた車2台と駐車場に止まっていた車1台に接触したが、けが人はいなかった。警察で、木が倒れた原因を調べている。

■那珂川で取水制限 農業用水15%都市用水10%制限(19-04-26)

国などでつくる那珂川・久慈川渇水調整協議会は27日から那珂川で取水制限を行うと発表した。 那珂川では2018年10月から2019年4月まで雨の量が平年の2分の1程度と少なく、この時期に必要な水量を大きく下回っていることから農業用水は15%都市用水は10%制限されるこれを受けて県は26日、渇水対策本部を設置した。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • SOUND30
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレSHOP
  • ミヤリーの部屋
  • とちテレ公式YouTube