とちテレニュースカレンダー

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年04月19日(月)のニュース

ニュース動画一覧

■佐野市 金子裕新市長が初登庁(21-04-19)

今月11日に行われた佐野市長選挙で四つ巴の激戦を制して初当選した前県議会議員、金子裕新市長が19日、市役所に初登庁し市民や職員などの出迎えを受けた。金子市長は市議会議員や県議会議員として30年あまりを務め、合併後の新しい佐野市が誕生した2005年の市長選以来2度目の挑戦で当選を果たしている。幹部職員への訓示では新型コロナウイルスへの対策と東日本台風からの復旧・復興の加速を重点施策として、自身が政治の基本姿勢とする「人とのつながり」を柱に市民生活の向上を目指すと述べ、職員と協力して課題に向き合っていくと呼びかけた。

■LRT 停留場の名称候補を提出(21-04-19)

宇都宮市などが導入する次世代型路面電車、LRTの停留場の名称候補について有識者や地域住民でつくる検討委員会の古池弘隆委員長が宇都宮市の佐藤栄一市長と芳賀町の見目匡町長に提案書を提出した。対象となったのはJR宇都宮駅東口から芳賀・高根沢工業団地までの約14キロにできる19の停留場。地域を表す名前や公共施設歴史的・文化的施設の名称などから複数の候補を決め、去年12月に住民アンケートを行っている。提案書を受け取った佐藤市長は「地元の人に使いやすく地域の由来が分かる名前になりありがたい」と述べた。停留場の名前は4月中にも正式に決まる見通し。

■豚熱 作業中の職員の足に注射針(21-04-19)

県は県内で初めて養豚場で豚熱が発生したことを受けて殺処分を行っていた県の男性職員の足に薬剤が入った注射針が刺さり救急搬送される事故があったと発表した。県によると、豚が暴れて獣医師が持っていた注射針が防護服を貫通して職員の左足に刺さったという。県では容体を明らかにしていないが、注射針は刺した後のもので現在のところ命に別条はない。使用していた薬剤は動物用の薬剤としては一般的な逆性石鹸で、殺処分をする際の消毒のために使用していた。県は作業の安全性を考慮し薬剤による殺処分を現在、中止しているが作業スケジュールに変更はない。県では、別の業務を行う職員が防疫作業に入る際にはデモンストレーションを踏まえた技術の習得をしてから作業に加わることにしていて改めてマニュアルを確認するとともに再発防止を徹底していく方針。

■養豚場で豚熱発生で県など事業所向け相談窓口設置(21-04-19)

県内で豚熱が発生したのを受け、豚肉の流通に影響が出る恐れがあるとして、県経営支援課は卸や小売りなどに関わる中小企業を支援するため相談窓口を発表した。問い合わせ先は028−623−3181。

 また、日本政策金融公庫でも関係する事業所を対象に融資や返済に関する相談窓口を設置した。問い合わせ先は028−636−3901。

■新たに12人感染 新型コロナ 累計5,080人(21-04-19)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は19日、新たに宇都宮市、小山市、真岡市、那須塩原市、栃木市、佐野市、野木町の未就学児から70代までの12人の感染を発表した。このうち、11人が現在のところ感染経路不明。県内の感染者は累計で5,080人となった。このうち、療養者は169人、重症者は3人、入院調整中は9人。
  • イブ6プラス
  • CM制作募集
  • 海と日本PROJECT
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • チラシビジョン
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン