とちテレニュースカレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年11月のニュース

ニュース動画一覧

■佐野SA 8日に再びストライキ(19-11-07)

東北自動車道佐野サービスエリア上り線の運営を委託されているケイセイフーズ(佐野市)の労働組合メンバーが、再びストライキをするとして7日、会見を開いた。8月のストライキ後、事態は収束したかに見えたが、会社側は正当な労働争議と認めず、従業員に対し3億円を超える損害賠償を求めて提訴するとしたほか、加藤正樹執行委員長に退職を迫った。組合側は損害賠償の請求や退職を迫るのをやめるように求めたが会社側からの回答がなかったため、8日午前7時から8時の間レストランの営業を休止するストライキを行うという。

■JR両毛線 11日に約1カ月ぶりの運転再開(19-11-07)

JR東日本は、台風19号の影響で栃木市の永野川にかかる鉄道橋が損壊したため運転を見合わせていた両毛線、岩舟〜栃木間の上下線を、今月11日に運転を再開すると発表した。運転再開は約1カ月ぶりで、始発から運転する。当面この区間で徐行運転を行うため、列車に遅れが出るという。佐野〜栃木間のバス代行輸送は10日まで。

■日光市の高校教員 女子生徒のスカート内を盗撮(19-11-07)

日光市にある県立高校の40代の男性教員が、自分の靴に小型カメラを仕込んで校内で女子生徒のスカート内を盗撮していたことがわかった。10月下旬、男性教員が女子生徒のスカートの下に足を入れるような不審な動きを他の女子生徒が目撃し、事態が発覚。校長などが男性教員に事実を確認したところ、複数回盗撮したことを認めた。報告を受けた県教育委員会は処分を検討している。男性教員は事態が発覚してから休んでいて、現在警察が任意捜査を進めている。

■台風被害で過去2番目規模の補正予算案 (19-11-07)

台風19号の復旧に対応するため県は7日、約577億2千900万円の11月補正予算案を発表。このうち災害復旧事業費は369億7千300万円が盛り込まれた。1度の補正予算額としては、2009年9月のリーマンショックの762億円に次ぐ2番目の規模になる。補正予算案のうち約371億6千800万円は国の補助金などを充てる。8日の県議会臨時会議で採決が行われる見通しで、補正後の今年度予算は約8,658億4千万円と、昨年同時期と比べて7%増える見込み。

■通信設備の工事技術を競う(19-11-07)

 

■【台風19号】被災から3週間(茂木町の畜産農家)(19-11-06)

那珂川の水があふれた茂木町でも37棟の住宅が水につかったほか牛が流されるなどの被害があった。河井地区では現在でも地面がえぐられ流されてきたものが散乱する様子が見受けられる。この地区で23頭の牛を放牧していた畜産農家の瀬尾亮さん。牛たちが濁流に呑まれ6頭は今も行方不明のまま。瀬尾さんはまずは放牧場を復興させ今後も続けていきたいと話している。

■【台風19号】県弁護士会が無料で法律相談(19-11-06)

県弁護士会は6日から台風19号で被害を受けた人を対象に電話による無料の法律相談を始めた。担当した弁護士の徳田剛之さんは県内では浸水被害が大きかったため、住宅や車の修理やローン、農業関係の相談が多く寄せられるのではないかとみている。また弁護士に相談することで心配が取り除かれることもあるのでどこに相談したら良いのかわからない場合も気軽に連絡してほしいと話した。

■県文化功労者表彰式(19-11-06)

栃木県の文化の発展に貢献した人に贈られる県の文化功労者の表彰式が6日、県公館で行われた。今年度は県内の民俗学や文化財保護の分野で貢献した柏村祐司さんが選ばれた。148人目の受章者となった柏村さんは「県内のさまざまな経験者からの協力があったからこそ民俗学の研究や団体設立ができた。多くの県民のみなさんに感謝したい」とあいさつした。
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • ミヤリーの部屋
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • とちテレ番組ガイド
  • 2020日本の祭り
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜