とちテレニュースカレンダー

2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■新たに8人感染 累計4,101人に(21-03-01)

県と宇都宮市は1日、新たに8人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。累計4,101人、療養者127人、このうち重症3人、入院調整中20人。感染が確認されたのは、宇都宮市と栃木市、足利市の10歳未満の小学生から70代までの男女8人で、このうち宇都宮市の40代と60代の女性は県内27例目のクラスターが発生した宇都宮西ヶ丘病院の患者。また県は、大田原市内の事業所で2月27日までに9人の感染が確認されたとして、38例目のクラスターと認定した。埼玉県は7人死亡61人感染、茨城県は1人死亡53人感染、群馬県は15人の感染を発表した。

■足利の山林火災 市が鎮圧を宣言(21-03-01)

発生から9日目を迎えた足利市の山林火災について、和泉聡市長は1日、会見を開き、午後4時に鎮圧したと発表した。これに伴い、市内の305世帯に出していた避難勧告を解除し、すべての避難所を閉所、避難者全員が自宅に戻った。また、北関東自動車道の足利インターチェンジと太田桐生インターチェンジ間の通行止めは午後5時に解除された。

■感謝の思い胸に学び舎巣立つ 県内高校卒業式(21-03-01)

1日、県内ほとんどの高校で卒業式が行われた。足利市西宮町の足利工業高校は、発生から1日で9日目を迎えた山林火災で被害を受けた両崖山と天狗山のふもとにあるが、火災が鎮圧に向かったため、卒業式は予定通り1日に行われた。3年生190人は無事にこの日を迎えられた喜びを胸に、慣れ親しんだ学び舎を巣立った。中には、今回の山林火災で地元の寺から仏具などを運び出すボランティアをした卒業生もいて、消火活動に力を尽くす人々への感謝の思いを語った。

■足利の山林火災 きょう中に鎮圧へ 発生から9日目(21-03-01)

足利市の両崖山一帯で起きた山林火災は1日、発生から9日目を迎え、延焼はほぼ収まっていて、きょう中に鎮圧する見通し。1日は午前6時半から栃木県と群馬県の消防隊員およそ80人が山に入り、上空の防災ヘリコプターなどと連携し、燃えている場所を探しながら消火作業に当たった。足利市によると、延焼はほぼ収まっていて、きょう中にも鎮圧を宣言するとみられる。火災の影響で24日から休校が続いていた第一中学校は1日から通常通り再開し、塚田良雄校長は「再開に心から安堵している。生徒たちは普段と変わらない様子に見えたが、担任を中心に寄り沿いながら対応したい」と話していた。

■足利山林火災 1日にも鎮圧へ(21-02-28)

発生から8日目を迎えた足利市の山林火災について、足利市の和泉聡市長は1日にも鎮圧できるとの見方を示した。発生から8日目を迎え足利市の山林火災は収束に向かっている。一方、自衛隊のヘリが熱源探知機で確認したところ、燃えた樹木などに火種が残っていたとして28日もヘリでの消火に加え、増員した地上部隊およそ150人が放水装備などを活用して残り火の処理に当たった。休業していた小中学校すべてで1日から通常通り授業を行うほか、鎮圧を確認でき次第、305世帯に出している避難勧告も解除する方針。

■LRT車両基地見学会(21-02-28)

開業が1年遅れることとなった宇都宮市と芳賀町が整備を進める次世代型路面電車、LRTの車両基地の見学会が宇都宮市下平出町の完成予定地で28日開かれた。総面積はおよそ4ヘクタールで、敷地内には車両の日常的な修理や定期点検を行う検修庫、またLRTの運行管理などを行う管理棟や夜間などに車両を置いておくための路線などが整備される予定。見学会に参加した人たちは、車両が進路を転換するレールの分岐点や車両が電気を採り入れる仕組み、また大雨対策などについて担当者からの説明を受けながらその様子を写真に収めるなど見学を楽しんだ。今後は管理棟などの建物の整備に本格的に取り掛かる。

■J2開幕 栃木は岡山と対戦 黒星発進(21-02-28)

サッカーJ2の栃木SCは28日、ホームのカンセキスタジアムとちぎでファジアーノ岡山と開幕戦を迎えた。今シーズン新たに14人の選手を加えた栃木SC。しかし前半22分、PKを決められ先制点を奪われる。後半17分、栃木はFWをジュニーニョと矢野に代え、豊富な運動量で攻め続けたが、後半30分に岡山に追加点を奪われそのまま試合終了。栃木は7シーズン連続で開幕戦を勝利で飾ることができなかった。

■山林火災7日目「鎮圧まであと一歩」(21-02-27)

足利市の山林で起きた火災は27日で発生から7日目となった。市は「鎮圧まであと一歩の所まできている」とし、28日以降、地上部隊による残った火の処理を本格化させる考えを示した。足利市によるとこの一週間で上空部隊は1600トンを超える放水を行い、地上部隊は延べ1900人が消火活動にあたった。宇都宮地方気象台は、3月2日が雨になる予報と説明していて、市は、その前日までに鎮圧を目指す考え。

■新型コロナ 新たに12人感染(21-02-27)

県と宇都宮市は27日、新たに壬生町、栃木市、那須塩原市、大田原市、宇都宮市の10代から60代の男女12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者は累計4,090人。療養者は145人、このうち重症は4人、入院調整中は25人。

■とちぎ花センター 営業再開(21-02-27)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い臨時休園が続いていた栃木市のとちぎ花センターが27日から約1カ月半ぶりに営業を再開した。園内では県内の生産者によるバラやランの切り花や鉢植えの美しさを競う展覧会が開かれ訪れた人たちを魅了していた。施設ではオンラインで植物の育て方を学ぶ講座も開いていて新型コロナウイルスの影響が続く中、植物を楽しんでもらうさまざまな催しを企画している。

■3000匹が順位競う(21-02-27)

  • とちテレ番組ガイド
  • チラシビジョン
  • 民放の日
  • イブ6プラス
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • 海と日本PROJECT