とちテレニュースカレンダー

2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■新たに26人の感染確認 全国知事会は緊急提言へ(21-04-24)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は24日、小山市、上三川町、栃木市、真岡市、宇都宮市、下野市、鹿沼市、足利市、那須塩原市の10代から80代の男女26人の感染を発表した。このうち9人は県内54例目のクラスターが発生した上三川町の病院の入院患者と医療従事者で、このクラスターによる陽性者は17人となった。県内の感染者は累計5,199人で療養者は191人、重症は4人、入院調整中は35人。また県は今月中旬に発症した20代の女性から変異株を確認したと発表した。県内の変異株患者は累計63人。

一方、東京、大阪など4都府県を対象とした3回目の緊急事態宣言が25日に発令されるのを受けて、全国知事会は24日、観光や宿泊など全国の幅広い事業者への支援を求めることを柱とした国への緊急提言案を示した。

■サッカープリンスリーグ無事に開幕 矢板中央も躍動(21-04-24)

高校世代のサッカー強豪チームが集まるプリンスリーグ関東は今月開幕し、リーグに所属する矢板中央高校は24日、ホームで山梨学院と対戦し3対0で勝利した。昨季プリンスリーグは新型コロナウイルスの影響で前期が中止。今季は観客制限など感染症対策を行いながら試合が行われている。今年1月の全国高校サッカー選手権3位の矢板中央と優勝校の山梨学院という注目の一戦は、矢板中央が前半12分に田邉、22分に藤野、終了間際の90分に星が決めてライバル相手に無失点で完勝した。

■大嶋日光市長の市民葬営まれる(21-04-24)

今月5日に56歳で亡くなった日光市の大嶋一生市長の市民葬が24日営まれ、参列者が早すぎる死を悼んだ。日光市文化会館で行われた市民葬には新型コロナウイルス感染防止のため、招待者のみ約200人が参列。大型スクリーンに在りし日の大嶋市長の写真が映し出されると、参列者は、病と闘いながらも最後まで市民のために力を尽くした大嶋市長の功績と強い意志に思いを巡らせていた。参列者はやさしい笑みを浮かべる大嶋市長に向かって花を手向け、志し半ばでの早すぎる死を悼んだ。

■首里城のミニチュア登場 沖縄と栃木の架け橋に(21-04-24)

世界の有名建造物のミニチュアを展示する日光市の東武ワールドスクウェアで、去年から制作を進めてきた沖縄を象徴する首里城が完成し24日、セレモニーが行われた。園内にはこれまでも守礼門が展示されていたが、2019年の火災で首里城は正殿など多くが焼失してしまったことから、元気になる力添えができればと制作・展示を決めた。展示が始まった首里城は実物の25分の1サイズで、本殿の儀式や観光客など約600体の人形を設置。展示脇のスロープの壁は沖縄県から取り寄せた琉球石灰岩で作られている。完成セレモニーでは日光東照宮の神職による神事が行われ、沖縄、栃木の関係者が「結びつき」「交流の場」になることを願っていた。

■群馬の山火事、消火続く 山中の全焼住宅で1遺体(21-04-23)

 群馬県みどり市東町沢入で22日発生した山林火災は、23日早朝に消火活動を再開し、陸上自衛隊のヘリコプター2機による上空からの散水と、地上からの放水が行われた。県警によると、山中で全焼した住宅1棟で1人の遺体が見つかった。住人の1人暮らしとみられる男性(73)と連絡が取れておらず、死因と身元の確認を進めている。(群馬県警は23日、男性の年齢を「72歳」から「73歳」に訂正)

現場は栃木との県境付近の山林。近くに住む女性(83)は「昨夜は山の火が拡がっているのが見えて恐ろしかった。朝まで不安で眠れなかった」と話した。

 桐生市消防本部によると、火の勢いは弱まっているが下草に燃え広がり、鎮圧のめどは立っていない。群馬県の要請を受けた新潟県防災ヘリも加わった。群馬県の防災ヘリは2018年に墜落事故を起こして、20年末に新機体を導入したが現在訓練飛行中で今回出動していない。

 みどり市が24世帯に出した避難指示で、23日午前8時すぎの時点で、2世帯2人が集会所に避難している。

■LRT 愛称が決定!(21-04-23)

■22日の新規感染22人 宇都宮の飲食店で新たなクラスター(21-04-22)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は22日、新たに22人の感染を発表した。また、1日の発表分としては最多となる8人の変異株感染が確認されている。新たに感染が確認されたのは足利市、真岡市、宇都宮市、下野市、那須烏山市、小山市、上三川町、那珂川町の中学生から80代までの男女。また、宇都宮市は市内の飲食店で22日までに従業員1人と利用者4人の合わせて5人の感染が確認されたため、県内53例目のクラスターの発生を発表。県内の感染者は累計で5,150人となった。現在の療養者は190人。このうち、重症は4人、入院調整中は21人。一方、変異株について県は4月上旬から中旬にかけて発症した20代から60代の男女8人の感染を発表した。県内の変異株の累計は54人。

■龍門の滝そばに新たな観光拠点 那須烏山(21-04-22)

那須烏山市の名所龍門の滝に隣接する観光の拠点施設「龍門ふるさと民芸館」がリニューアルオープンした。1993年の建設から25年以上が経過し老朽化したため国の交付金を活用して改修。屋根のふき替えや内装を張り替え、軽食を提供するカフェを新設した。滝が一望できるテラス席や地元の特産品を扱う直売所を設けた。今後、那須烏山市の観光の賑わいつくる拠点として市内外から訪れた観光客をもてなす。

■奥日光でEVバスの試乗会(21-04-22)

奥日光の豊かな自然を守るため、環境に配慮した「低公害バス」の今年の運行が24日から始まるのを前に、EVバス「しらかば」号の試乗会が行われた。去年まではガソリンと電気のハイブリッドバス3台だったが1台をEVに。一般的な電気自動車5台分のバッテリーが搭載されていて、1度の充電で240キロ走行できる。奥日光・戦場ヶ原の赤沼車庫から中禅寺湖の千手ヶ浜までの9.5キロを1日6往復する。

■仏塔から発見の資料を展示 輪王寺(21-04-22)

一般公開されているのは儀式に使用されていたとみられる鏡2枚と密教系の経典3冊など。日光山輪王寺では解体修理されている国の重要文化財の仏塔「相輪とう」の上部「龍車」と呼ばれる部分から発見された。明治時代に塔が移された際に入れられたとみられる。資料は2月ごろの予定の修理完了とともに戻されるため見られるのは6月9日まで。
  • チラシビジョン
  • 海と日本PROJECT
  • まろにえーるTV 超
  • とちテレ番組ガイド
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • CM制作募集