とちテレニュースカレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年01月21日(月)のニュース

ニュース動画一覧

■シニア世代の活躍も 「災害ボランティア」に関心を(19-01-21)

災害ボランティアへの参加を考えてもらおうというセミナーが宇都宮市で開かれた。セミナーには120人が参加。講師は全国各地の被災地に災害ボランティアを派遣してきた認定NPO法人「レスキューストックヤード」の栗田暢之代表理事など3人が務めた。栗田さんは、ボランティアは災害があった時に行政の手の届かない「私有地に入り直接、被災者を応援できる唯一の他人」と役割の重要性を説明した。

■産業や医療など各分野で効果を 宇都宮駅東側の整備巡り調印式(19-01-21)

JR宇都宮駅の東側に5つ星ホテルを含む複合施設や2千人規模の大ホールがある公共施設を整備する事業について、その概要が決まったことから、宇都宮市の佐藤栄一市長と、整備を行う優先交渉権者「うつのみやシンフォニー」を代表して野村不動産の沓掛英二会長がサインを交わした。沓掛会長は、宇都宮に地方の中核都市としての可能性を感じていると話し、産業や医療、教育などさまざまな分野で効果を波及させたいと力を込めた。

■芳賀町長選に現職が出馬表明 町議も出馬の考え、選挙戦か(19-01-21)

任期満了に伴い4月に行われる芳賀町の町長選挙で、現職の見目匡町長(67)は会見を開き、再選を目指して無所属で出馬する考えを表明した。一方、警備会社社長で町議会議員、水沼孝夫氏(57)も立候補する考えを明らかにし、選挙戦になる見通し。見目町長は災害対策や交通安全対策、高齢者の居場所づくりを充実させたいと意欲を示した。一方、水沼氏は近く会見を開き、正式に立候補を表明する予定。

■休暇不正取得 職員2人を処分 鹿沼市(19-01-21)

 鹿沼市の2人の男性職員が書類を改ざんし有給休暇などを不正に取得したとして、鹿沼市は21日付で2人に対しそれぞれ停職と減給の懲戒処分にしたと発表した。
 懲戒処分を受けたのはいずれも鹿沼市の都市建設部に所属する48歳の男性主査と28歳の男性主事。
 発表によると、このうち48歳の男性主査はおととし4月から去年12月までの間48回にわたり休暇簿を改ざんするなどしてうその申請を行い、およそ15日分に相当する有給休暇とおよそ5日分に相当する病気休暇を不正に取得していた。
 また28歳の男性主事は去年1月から12月まで13回にわたりうその申請をしておよそ4日分に相当する有給休暇を不正に取得していたことが分かった。
 鹿沼市が病気休暇の取得状況を確認したところ2人の不正が発覚したという。
 2人とも休暇の不正取得を認めていて市は48歳の男性主査を停職2ヵ月、28歳の男性主事を減給10分の1を1ヵ月の懲戒処分とし、不正に得た欠勤分の給与およそ40万円を返還するよう命じた。
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • SOUND30
  • ミヤリーの部屋
  • visual
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー