とちテレニュースカレンダー

2020年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年05月22日(金)のニュース

ニュース動画一覧

■再び感染確認 宇都宮の30代男性(20-05-22)

宇都宮市は22日、新型コロナウイルスのPCR検査を9件行い、うち1件で再びウイルスを確認する「再燃」が判明したと発表した。県内で再び感染したのは初。再燃したのは4月6日に感染確認された県内18例目(市5例目)の30代男性で、5月19日にのどに違和感があり、22日検査した結果ウイルスが検出された。男性は5月8日に陰性が確認されたため退院し、2週間自宅で過ごした。この間買い物などで出かけた日もあったが、感染防止対策を取っていたため濃厚接触者はいないという。

■検査機器1台追加 1日36人可能に 宇都宮(20-05-22)

 宇都宮市の佐藤栄一市長は22日会見を開き、PCR検査の機器1台を追加し23日から1日に検査できる人数を36人に増やすと発表した。市衛生環境試験所では2月4日から今月21日までに累計878人の検査を行ってきた。これまでは機器2台を使い1日に最大24人までだったが、ドライブスルー方式を採用したPCR検査センターの設置で検体数の増加が見込まれることから、体制を強化した。

■警戒度維持も注意呼びかけ 1週間に感染者7人(20-05-22)

 県内の新型コロナウイルスの感染者数が今週、一時的に警戒度を一段階上げる指標を上回ったことを受けて、県は22日会見を開き、感染経路が特定できていることなどを総合的に判断して現状のままの対応を維持すると発表した。県内では宇都宮市のスーパーを起点として従業員4人と家族2人が相次いで感染するなど20日までの1週間で計7人の陽性者が出ていた。県は有識者の意見を踏まえて、直近1週間の感染者数の指標を再び下回ったことや病床がひっ迫していないことなどを理由に警戒度が最も低い「感染観察」を継続する。

■検体採取の手順確認 検査センター運用前に小山(20-05-22)

 新型コロナウイルスのPCR検査を専門に行う「地域外来・PCR検査センター」が小山市で運用を開始するのを前に22日、検体採取の模擬訓練が行われた。小山地区医師会は小山、下野、野木、上三川で構成する広域保健衛生組合などと協力して今月26日からセンターを運用する。県が県内10カ所に設置を目指すセンターの一つで宇都宮に続き県内2カ所目。感染が疑われる人が車に乗ったまま検体を採取できるドライブスルー方式を採用し、医師や看護師、県の担当者など約30人が手順を確認した。

■さくら市議会 一般質問中止(20-05-22)

 

■苦難乗り越え日本酒づくり(20-05-22)

 

■上三川町にマスク寄付 日産(20-05-22)

 
  • ミヤリーの部屋
  • イブ6プラス
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • とちテレゴルフ
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン