×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

足利赤十字病院に木製の仮設医療ブースを試験導入

新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が心配される季節を前に、足利市の足利赤十字病院では医療体制がひっ迫した際などに木材を金具でつなぎ自由に形を変えることができる仮設の医療ブースを試験的に導入した。これからインフルエンザが流行する時期には、さらに患者数が増える見込みで当面はこの仮設ブースを発熱外来に設置し、外来患者の安全な受け入れに活用する。