×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

宇都宮 児童福祉施設で児童ら49人おう吐 ノロウイルスか

4月11日、宇都宮市内の児童福祉施設から複数の児童や職員に嘔吐や下痢の症状があると宇都宮市保健所に連絡があった。調査の結果、5人の便からノロウイルスが検出された。この施設では14日までに49人に嘔吐などの症状があったが、いずれも快方に向かっているという。宇都宮市保健所によると、ノロウイルスには、アルコールなどの消毒薬はあまり効果がないため、石鹸と流水でしっかりと手洗いを行い、食品は十分に加熱するよう予防の徹底を呼び掛けている。