×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

知事選事前運動の疑いで 市議が辞職 宇都宮

  宇都宮市の桜井啓一市議(59)が21日、市議会議長に辞職願を提出し許可された。桜井氏は去年12月、福田富一知事が5選を果たした11月の知事選で、告示前に投票を呼び掛ける文書を配ったなどとして、県警に公選法違反(法定外文書配布、事前運動)容疑で書類送検されていた。  桜井氏は書類送検後、市議会議長を辞任したが議員辞職はしていなかった。所属会派だった自民党議員会の市議によると、辞職の理由を「事件のけじめをつける」などと説明したという。県警は桜井氏の他、福田知事の次男、福田陽市議(37)ら数人を書類送検している。