×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

真岡市長選挙 現職・石坂さんが再選決める

 任期満了に伴う真岡市長選挙が25日投開票が行われ、現職の石坂 真一さんが2回目の当選を果たした。真岡市長選挙には石坂さんと前市議会議員で県議会議員も務めた佐々木 重信さん・81歳の2人が立候補し12年ぶりの選挙戦になった。  開票の結果、現職の石坂さんが13,536票、佐々木さんが12,289票で1247票差で石坂さんが2回目の当選を果たした。石坂さんは故・岩崎 純三参議院議員の秘書などを経て政界に入り、県議を6期、自民党県連の幹事長も務め2017年の市長選挙で無投票で初当選。選挙戦ではPCRセンターの整備など実績を強調し、中心市街地活性化を目指し子育てなどの拠点にしたいと訴えた。  投票率は41.37%で過去最低だった2005年選挙の49.39%をさらに下回り、過去最低を更新した。