×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

福田知事の次男 陽氏 宇都宮市議を辞職

 福田 富一知事の次男で宇都宮市議会議員の福田 陽氏が28日、 辞職願を提出した。去年行われた知事選で福田知事への投票を呼び掛ける文書を告示前に配ったとして書類送検されていた。宇都宮市議会事務局によると28日付けで、福田氏から辞職願が議長あてに提出された。福田氏は去年11月の県知事選挙で、告示の前に福田知事への投票を呼び掛ける文書数百枚を郵送したなどとして公職選挙法違反の疑いで書類送検されていた。同じく書類送検された櫻井 啓一元議長は今月21日に議員を辞職している。福田氏は2019年春の統一地方選で初当選し、1期目。福田氏は辞職の理由を「一身上の都合」としていて、関係者によると福田氏から「道義的責任を取って辞職いたします。誠に申し訳ありませんでした」と連絡があったという。  宇都宮市選挙管理委員会によると今回の辞職を受けての補欠選挙は 行わない。  なお、福田氏は辞職後に発表した文書で「このまま何ら政治責任を果たさずに議員の地位にあり続けるのは適切ではない」と説明している。