とちぎテレビ番組のご案内

お伊勢参り

■番組名:お伊勢参り

式年遷宮、伊勢志摩サミットを経て、新元号を迎える今年、ますます注目を集める伊勢神宮。内宮・外宮両正宮をはじめ、伊勢市を中心に点在する別宮、摂社・末社・所管社を含む125の社の様々な表情や、式年遷宮の歴史、神社のおまつりなど幅広い視点から、人々を魅了してきた背景とともに伊勢神宮を見つめる。
 
6月8日(土)19:00〜19:55放送
 
第一話 「内宮〜伊勢神宮百二十五社とは〜」
 
長い年月を掛けて日本人が培ってきた「伊勢神宮への祈り」に目を向けながら、伊勢神宮が今に伝えることに迫るシリーズ「お伊勢参り」。第一話のテーマは「内宮」。内宮には、皇室の祖先につながる神様「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」がお祀りされています。その内宮の神域には、天照大御神をお祀りする正宮だけでなく、天照大御神ではない神様をお祀りする神社がいくつもあり、そこにお祀りされている神様は、川・風など様々です。さて「伊勢神宮」が、内宮・外宮を中心とした125もの神社の総称であることはご存じでしょうか。それら125の神社は伊勢市内だけでなく、伊勢市外の地域にまで点在します。第一話では、番組案内役・西川千雅(にしかわ・かずまさ)さんが、内宮神域を巡りながら、伊勢神宮内宮に「天照大御神」だけでなく、様々な神々がお祀りされている、その理由を紐解きながら、昔も今も私たち日本人を魅了してきた「お伊勢参り」に迫ります。また、天皇の祖先につながる「天照大御神」をお祀りする伊勢神宮と皇室の関わりにも目を向けます。天皇陛下をはじめ皇室の方々は、節目ごとに、ご報告のために伊勢神宮をご参拝してきました。伊勢神宮の大祭には、天皇陛下は「勅使(ちょくし)」と呼ばれる使者を派遣。また、天皇陛下の名代として伊勢神宮に赴き、祭事を執り行う重要な立場である神宮祭主も、皇室が務めてきました。「皇室とお伊勢参り」、そこから見えてくるものとは。
 
 
出演
西川 千雅(日本舞踊家/西川流四世家元)
音羽 悟(神宮司庁広報室広報課長)
清水 潔(皇學館大学 前学長)
 
ナレーション
野沢 雅子(声優)
 
 

  • 次のページ
  • 前のページ
  • 一覧ページ
  • とちテレトップページ
  • 陽春の日光めぐり
  • とちテレSHOP
  • SOUND30
  • visual
  • ミヤリーの部屋
  • とちテレ公式YouTube