とちテレニュースカレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年12月16日(日)のニュース

ニュース動画一覧

■子どもが考えた「大人になっても食べたいお菓子」(18-12-16)

子どもたちが考えたお菓子コンテストの表彰式が16日に行われた。これはスナック菓子メーカーのカルビーが「大人になっても食べたいお菓子」をテーマに小学校などからアイデアを募集したもの。1477点の応募から、カルビー社員の投票で選ばれた12点が入賞し、児童に賞状などが手渡された。試作品として作られた上位3点の試食会も行われ、子どもたちが考えたパッケージとともにお披露目。1位に輝いた宇都宮市の清原東小学校6年の保科美琴さんの作品は、フルーツポンチやカレーなど、大人になっても忘れられない給食の味をお菓子で再現した。

■宇都宮シクロクロス 小坂は8位(18-12-16)

自転車オフロードの国際レース「宇都宮シクロクロス」が16日、宇都宮市で行われた。今年は男女の最高クラス「エリート」が国際自転車競技連合の公認レースとして2日間にわたって開催された。最終日の16日は、男子エリートに海外の招待選手と日本のトップ選手59人が出場。宇都宮ブリッツェンからはシクロクロスチームの小坂光選手などが出場した。シクロクロスは障害板や砂場区間など変化に富んだコースレイアウトで順位を競う。レースは、去年も優勝したスペインのフェリペ・オルツ・ローレット選手がレース序盤から抜け出し圧勝。ブリッツェンの小坂選手は8位に終わった。

■インドネシアの大学生と宇大生が交流(18-12-16)

インドネシアの大学生を招き学生同士でアジアの平和や繁栄について話し合う交流会が15日、宇都宮大学で開かれた。これは県内の国際交流活動団体「日光清風塾」が外務省の対日理解促進交流プログラムを受けて開いたもの。インドネシアの大学生9人のほか宇都宮大学生など約30人が参加した。学生たちは一人一人英語で自己紹介を行ったあと、「アジアの将来についてどう考えているか」「若い人たちは何をすべきか」など、両国が共に発展する道について意見を交わした。
  • とちテレゴルフ
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • バスケットLIVE 栃木ブレックス
  • visual
  • 陽春の日光めぐり
  • SOUND30