とちテレニュースカレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年03月22日(日)のニュース

ニュース動画一覧

■県南で今年初の「夏日」(20-03-22)

22日は県内各地で気温が上がり、5月上旬から6月中旬並みの陽気となった。佐野で25.4度、真岡で25.2度、小山で25.0度と、今年初めての「夏日」となった。

■鹿沼木工と烏山和紙の御朱印帳 初日で完売(20-03-22)

栃木の伝統工芸、鹿沼の木工と烏山の和紙で作られた御朱印帳が22日、発売された。計100冊用意されたが、初日で完売となる人気ぶりだった。御朱印帳は鹿沼今宮神社祭屋台行事と烏山山あげ行事が2016年にユネスコ無形文化遺産に登録されたことを受けて、鹿沼商工会議所と那須烏山商工会が企画。スギ材で作られた表紙をめくると、和紙で作られた鮮やかな透かしを楽しむことができる。今後第2弾、第3弾を企画しているという。

■桜の季節に桜づくしの陶芸展をどうぞ(20-03-22)

桜をテーマにした陶芸の企画展「さくら・桜・SAKURA」が、さくら市の瀧澤家住宅で開かれている。茨城県桜川市出身で桜に関する作品を多く手掛け、さくら市PR大使を務める陶芸家、島田恭子さん一家の作品を展示する「桜づくし」の企画展。島田さんが製作した、満月の光に照らされた満開の桜が表現された作品などが展示されている。県の指定文化財、瀧澤家住宅の庭の桜も咲き始めていて、作品は桜と建物、それぞれの趣に合うように置かれている。陶芸一家の島田さん、夫の緋陶志さんや娘の琴絵さん、息子の東秋さんの作品も必見だ。5月10日まで開催。

■聖火リレーに向けてパラリンピアンが練習(20-03-22)

東京五輪聖火リレー、県内2日目の今月30日に日光市を走る2008年北京パラリンピック出場の全盲ランナー、加治佐博昭さん(矢板市在住)が、伴走する中学3年生、福田蒼依さん(同市在住)と22日、矢板市内で練習を行った。福田さんは去年の全国中学校陸上大会・女子走り幅跳び優勝で、全盲ランナーの伴走は初めて。加治佐さんや普段伴走をする豊島聡さんのアドバイスを受けながら、伴走ロープ「きずな」を一緒に持ち、歩幅を合わせたり曲がる時に声をかけたりしながらコンディションを整えた。2人は聖火リレー当日、日光山輪王寺の大仏堂正面の階段を下りて参道へと向かうルートを走ることになっている。
  • はじめてばこ
  • 島守の塔
  • やいた大好き
  • 高校サッカー選手権大会 栃木大会
  • イブ6プラス
  • ミヤリーの部屋