とちテレニュースカレンダー

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年03月のニュース

ニュース動画一覧

■介護分野に外国人を 県がセミナー(18-03-12)

高齢化社会の進展で将来、全国的に介護に携わる人材が不足することが予想される。こういった状況に対応しようと県は12日、外国人を介護分野に受け入れるためのセミナーを初めて開いた。介護事業所などから約150人が参加した。外国人の技能実習制度などが紹介され、介護職に就く技能実習生は日本語能力試験を受けなければならないことが説明された。

■震災チャリティ撮影会(18-03-11)

写真撮影で東日本大震災の被災地を応援しようとジョイフル本田宇都宮店にある7822フォトスタジオでは東日本大震災が発生した3月11日に合わせてチャリティ撮影会を開かれた。ワンコイン500円で写真を撮れば半額の250円が震災孤児などの支援のための「東日本大震災みやぎこども育英募金」に寄付される。家族連れなどが訪れ記念の1枚を撮影した。

■震災の風化防ぐ 高校生がコンサート(18-03-11)

さくら市では東日本大震災の風化を防ごうとさくら清修高校の生徒によるコンサートが開かれた。生徒たちは東日本大震災のときに感じた思いを忘れないよう心を込め「ふるさと」の歌を会場に響かせた。震災から7年。実行委員会の生徒たちは当時、小学生。それぞれの思いを胸に黙とうを捧げた。そして震災で亡くなった人への追悼の気持ちを込めて白いハトの形をした風船を青空に飛ばした。

■とちぎ防災の日 記念式典(18-03-11)

災害に強いとちぎづくりを進めようと「とちぎ防災の日」に合わせて県総合文化センターで記念の式典が行われた。東日本大震災が起きた午後2時46分には黙とうが行われ犠牲になった人たちの冥福を祈った。県のまとめによると東日本大震災や原発事故で県内に避難している人は2月末現在で2,901人で去年の同じ時期と比べて18人減った。

■とちぎ防災フェア 県庁(18-03-11)

■栃木GB キャンプイン 飯原、村田も汗流す(18-03-10)

野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は10日からキャンプに入り、小山市で2季目に向けて始動した。小山市出身の飯原誉士選手兼コーチをはじめ25人の選手が汗を流した。9日に入団会見を行った元巨人の村田修一選手は選手たちとコミュニケーションを図りながら精力的に打撃練習に臨んでいた。栃木GBは4月7日の開幕戦で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

■震災7年 病院で大地震想定し訓練 小山(18-03-10)

東日本大震災から3月11日で7年。小山市にある新小山市民病院では10日、大地震を想定した防災訓練が行われた。 医師や看護師など病院の職員も地震発生の一報を受けて自主的に出勤するところから訓練がスタート。参加した職員たちは「トリアージ」という診療の優先順位を決める作業をしたり、ドクターヘリで搬送される患者を受け入れたりし、万が一に備えて防災意識を高めていた。

■特殊効果でボートレーサー気分を体験(18-03-10)

公営競技のボートレースの魅力を多くの人に知ってもらおうと10日、小山市の商業施設にVR(仮想現実)の映像と水しぶきなどの効果が付いた動く座席「MX4D」が融合した体験型のアトラクションが登場した。訪れた人は360度の実際の映像により、自分がボートレーサーになったかのような感覚を体験した。県内で初開催。11日もイオンモール小山で楽しめる。

■攻守の柱へ 村田選手 栃木GB入団会見(18-03-09)

 昨シーズン限りでプロ野球・読売ジャイアンツを退団し、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団した村田修一選手が9日、小山市内で入団会見を行った。村田選手は昨シーズン、ジャイアンツの戦力構想から外れ自由契約になり、現役続行を目指していた。今シーズンは栃木ゴールデンブレーブスでプレーしながら、NPB・日本野球機構への復帰を目指す。チームには同じくNPBを目指す若い選手が多いことから「いいお手本になるように取り組み、地域貢献活動にも参加したい」と意欲をのぞかせた。

■絹義務教育学校 1期生卒業式(18-03-09)

 県内初の義務教育学校としてスタートした小山市の絹義務教育学校で9日、第1期生の卒業式が開かれた。2017年4月、4つの学校が統合して誕生。小学校にあたる1年生から6年生と中学校にあたる7年生から9年生までが共に学ぶ。9日は第1期生として在校生を引っ張ってきた46人が卒業式を迎えた。1期生を涙と笑顔で送り出し、絹義務教育学校は新たな歴史を紡いでいく。

■うその交通違反切符作成 男性巡査長を書類送検(18-03-09)

 日光警察署管内の交番に勤務していた2016年9月、交通違反をでっちあげ違反切符を作ったなどとして、県警察本部は9日、31歳の男性巡査長を書類送検した。また県警はこの男性巡査長を停職3ヵ月の懲戒処分にしている。男性巡査長は交番の端末を使って個人情報を抜き出し、取り締りをした実績を示すため、交通違反の切符を切ったとうその報告したという。調べに対し事実を認めていて、9日付けで依願退職している。
  • 海と日本PROJECT
  • 旅好き
  • とちぎテレビサービス
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜