とちテレニュースカレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年08月のニュース

ニュース動画一覧

■小山市の写真館がオンライン挙式をプレゼント(20-08-15)

新型コロナウイルスの影響で結婚式を挙げられなかったカップルのために小山市の写真館では「オンライン挙式」のプレゼントを企画し15日、衣装合わせが行われた。企画に当選した、佐野市出身で現在は仙台市在住の荒井伸亮さん・美鈴さん夫妻が訪れ、写真館に併設された会場の下見や衣装合わせした。普段この写真館は「教会挙式」だが、この企画では、ウェブ会議システムを使って家族や友人に結婚の誓いを立てる人前式を採用。荒井さん夫妻は、2人の晴れ舞台をより近くで見てもらうためにカメラで撮影してもらうことやブーケを当選者に郵送することなど、オンラインならではの内容を計画。23日の挙式当日は司会進行役もいて、結婚証明書の署名やクイズコーナーなど、挙式と披露宴を凝縮して楽しんでもらう。写真館では今後オンライン挙式を新たなプランとして取り入れるか検討している。

■終戦記念日 県戦没者追悼式(20-08-15)

終戦から75年を迎えた15日、宇都宮市の県護国神社で追悼式が行われ遺族たちが平和への祈りをささげた。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため参列者を限定し、例年より大幅に少ない、遺族など約70人が出席。式典で県遺族連合会の木村好文会長が「私たち遺族は過去の戦争から学んだ貴重な教訓を受け継ぎ、戦争の悲惨さを子や孫に語り継いでいくことが責務。世界の恒久平和を願う」と述べた。また福田富一知事は「この21世紀を全県民が安心して心豊かで幸せな生活を営むことが出来る社会とするよう、なお一層の努力をする」と誓った。そして戦争が終結した75年前と同じ正午、ラジオの時報と共に参列者全員が1分間の黙とうをささげ平和への誓いを新たにした。

■日光東照宮で世界平和を願う「のぼり旗」展示(20-08-14)

終戦から75年を迎えるとともに新型コロナウイルスの脅威が身近に迫った今年、日光東照宮では世界の平和を願う「のぼり旗」が展示されている。多くの観光客が行き交う参拝路に7月末から掲げられているのが50基もの平和を願ったのぼり旗。日光東照宮の御祭神、徳川家康が天下を統一し260年におよぶ泰平の世を築いたことになぞらえた軍旗風の旗に日本画や書道、キルトなど県内外の作家による作品がデザインされている。

■ケイトウの花が見ごろ(那須フラワーワールド)(20-08-14)

那須町の那須フラワーワールドでは色鮮やかなケイトウの花が見ごろを迎えている。ケイトウの花が那須連山を望むことができる丘一面を彩っている。新型コロナウイルスや長い梅雨の影響で5月の大型連休や通常の夏休み期間の7月には客足が遠のいていた時期もあったが現在は客が少しずつ戻ってきている。訪れた人たちは園内を散策しながら花を写真に収めるなどして楽しんでいた。

■真岡市・独自のコロナ注意報を発令し市民に注意を呼びかけ(20-08-14)

8月13日までの直近の1週間で県内では35人の新型コロナウイルス感染が確認され、このうち7人が感染した真岡市は14日、臨時会見を開き市独自の厳重注意報を発令して市民に注意を呼び掛けた。市内飲食店の利用者や従業員などの感染が相次いだことから、8月31日まで市民に対して対策が徹底されていない場所への外出を控えることや、10人を超える大人数での会食を控えるよう呼び掛ける。

■県内で新たに4人の感染確認 計265人(20-08-13)

県などは13日、新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。262人目は真岡市の50代男性。今月8日と10日の午前中に県内の職場に出勤している。濃厚接触者は同居する妻と子の2人。263人目は群馬県の60代女性で、群馬県内の医療機関に入院予定。宇都宮市が発表した264人目と265人目は50代と40代の男性で、いずれも6日から咳などの症状があったという。これで県内で感染が確認されたのは265人となった。

■事件前にストーカーで警察に相談 コンビニ店員殺害(20-08-13)

12日午後、宇都宮市のコンビニで女性店員が男に刺され殺害された事件で、女性が事件前にストーカー行為を警察に相談していたことがわかった。事件があったのは宇都宮市陽東の「ローソン宇都宮陽東四丁目店」で12日午後4時半ごろ、接客中だった宇都宮市御幸町の本名麻里さん45歳が店に入ってきた男に刃物で胸を刺され死亡した。本名さんを刺した元交際相手で宇都宮市中央の職業不詳、川田広幸容疑者41歳も、犯行後に自らの腹を複数回刺して死亡した。その後の調べで、本名さんは今月9日と11日に、川田容疑者からのストーカー行為について警察署に相談していたことがわかった。この際、警察では本名さんの電話番号を警察のデータベースに登録したり、自宅周辺のパトロールを強化したりの対策を取ったが、川田容疑者本人へ警告するなどの対応は、本名さんの意向もあり行わなかったという。県警察本部は「本人の意向に沿って適切な対応をしてきたと考えているが、このような結果となり非常に残念」とコメントしている。

■コロナ禍のお盆 県内では(20-08-13)

「迎え盆」の13日、県内ではマスクをするなど対策をしての墓参り姿が見られた。宇都宮市雀の宮にある正光寺では、檀家の人などが、人が少ない場所ではマスクを外すなど工夫しながら墓を掃除し花や線香を供えて先祖や亡くなった家族をしのんでいた。正光寺によると新型コロナウイルスの影響で今年は、例年と比べて遠方の親戚と一緒に訪れる檀家は少ないという。また僧侶が家を回る「棚経」は約3割が辞退したという。

■コンビニで女性店員が刺され死亡 男も死亡(20-08-13)

12日午後4時35分ごろ、宇都宮市陽東のローソン宇都宮陽東4丁目店で「女性が刃物で刺された」と警察に通報があった。刺されたのは宇都宮市御幸町のアルバイト店員、本名麻里さん45歳で、搬送先の病院で死亡が確認された。宇都宮東警察署によると、刺したのは宇都宮中央の職業不詳、川田広幸容疑者41歳で、本名さんを刺したあと自らの腹を複数回刺し、その後死亡した。警察で2人の関係や犯行の動機などについて詳しく調べている。

■直近1週間 県内の感染傾向は(20-08-13)

 

■県独自の判断基準 3段階から4段階に(20-08-12)

12日開かれた県の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、感染拡大の目安となる県独自の判断基準をこれまでの3段階から4段階に見直すことを決めた。政府の分科会の対応を踏まえたもので、新たに増えた段階は上から2番目で、区分は「感染厳重注意」とした。一番上の「特定警戒」は、直近1週間の新規感染者数が100人以上、感染経路不明の割合が50%以上。現在のレベルは「感染拡大注意」。会見では集団感染が起きた時などに派遣される機動調査チームの活動が12日付で始まったこと、LINEを使い情報提供を行う「新型コロナ対策パーソナルサポート」を今月20日から開始すること、スマートフォンで二次元バーコードを読み取ると店やイベントを利用した人の感染が判明した場合に通知が来る「とちまる安心通知」の9月上旬サービス開始が発表された。
  • まろにえーるTV 超
  • 島守の塔
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • マリフルールBUCCA
  • はじめてばこ
  • チラシビジョン