とちテレニュースカレンダー

2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年02月のニュース

ニュース動画一覧

■栃木SC 今季の活躍誓う (21-02-19)

■アルパカの赤ちゃん一般公開(21-02-18)

今月10日に生まれたアルパカのメスの赤ちゃんの一般公開が18日から宇都宮市のショッピングモール、ベルモールで始まった。母親の「紅葉(もみじ)」は初めての出産で飼育員が赤ちゃんの前足を引っ張るなど難産となったが、無事に体重6.5キロ健康な女の子が生まれた。そして8日経ったこの日、体重は3キロ増え、9.5キロまで大きくなった赤ちゃんは母親の紅葉と父親の「ブンカ」が見守るなかアルパカ広場でお披露目となった。時折、座って眠たそうな表情を見せる愛くるしい姿に訪れた人たちは癒されていた。赤ちゃんの名前は、今月28日までベルモールホームページなどから応募できる。

■新たに15人感染 累計4,005人に 新型コロナ(21-02-18)

県と宇都宮市は18日、新たに20代から90代の男女、15人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち3人は、県内27例目のクラスターが発生した宇都宮西ヶ丘病院の入院患者。県内での感染者は4千人を越え累計4,005人となった。療養者は184人、うち重症者は8人、入院調整中は9人。

■宇都宮市がワクチン接種概要を発表(21-02-18)

新型コロナウイルスワクチンについて宇都宮市の佐藤栄一市長が18日、臨時の会見を開き接種実施計画の概要を明かにした。それによると接種方法として、主に医療機関で接種を受ける「個別接種」と市民センターなどで大勢の人と接種を受ける「集団接種」の2つを想定。佐藤市長は身近なかかりつけ医から接種が受けられる「個別接種」をメインとして考え、個別接種を受けられない人向けに「集団接種」を併用して運営していく方針を示した。医療従事者は3月中旬の高齢者は4月からの接種開始を見込んでいて案内の通知や接種券は接種ができるタイミングになるとそれぞれハガキが送られ、この通知をもとにWEBサイトやコールセンターで予約をする。

■速報・18日の陽性判明は15人 累計4千人突破(21-02-18)

18日、県と宇都宮市は新たに15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は累計で4千人を超えて4,005人となった。

※夜9時のニュースで詳しくお伝えします。

■間々田駅で電車がオーバーラン けが人なし(21-02-18)

 18日午前11時ごろJR宇都宮線の間々田駅で、沼津発宇都宮行きの普通電車が停車位置から60メートルオーバーランして停車した。乗客40人にけがはなかった。電車は次の小山駅まで走行したため、間々田駅で下車予定の5人は折り返しの列車に案内し、乗車予定の10人は次の電車に乗車した。運転していたのは30代の男性運転士で東京駅から乗務していたが、急に睡魔に襲われたという。JR東日本大宮支社は「乗務員への指導を徹底してまいります」とコメントしている。

■県内で火事相次ぐ さくらでは文化財の長屋門燃える(21-02-18)

 18日未明にかけて県内各地で火事が相次ぎ、さくら市では文化財に指定されている住宅の門が焼け1人の遺体が発見された。火事があったのは、さくら市葛城の市指定文化財「足利家旧長屋門」で、江戸時代に建設された居住スペースのある木造平屋建ての門。18日午前1時25分ごろ、長屋門から火が出ていると母屋に住む女性が消防に通報。焼け跡から1人の遺体が見つかった。警察によると長屋門で寝泊まりをしていた92歳の男性と連絡が取れていないという。男性は敷地内の母屋で家族と暮らしているが、食事や風呂以外は長屋門で寝泊まりしていた。警察などで、遺体の身元や火事の原因などを調べている。

 また18日午前4時半ごろ、足利市今福町でも住宅が全焼する火事があり1人の遺体が見つかった。この家に住む85歳の男性と連絡が取れていないという。県内には16日から3日連続で乾燥注意報が出ていて、気象台などが火の取り扱いに注意を呼び掛けている。

■国宝・史跡の被害71件 東照宮の風鐸など(21-02-18)

福島、宮城両県で震度6強を観測した地震では、文化財や施設にも被害が広がった。文部科学省のまとめでは、17日午後3時時点で国宝や史跡など6県で71件の被害が確認された。他にも損傷した展示品もあり、各自治体が調査を進める。中には東日本大震災でも被災したものがあった。文化庁の担当者は「補助金による修復を検討したい」としている。

 震度5強だった仙台市青葉区の市立博物館では、屋外に展示されている伊達政宗の胸像で、かぶとに付けられた三日月の飾りが折れた。1935年に建立された騎馬像だったが、太平洋戦争時の金属供出で胸像に。大震災でも台から落下するなど、受難が続く。

 日光東照宮では、神楽殿につり下げられた青銅製の風鐸が落下し、衝撃で曲がった部分があり、修理することにしている。

■国宝・史跡の被害71件 東照宮の風鐸など(21-02-18)

福島、宮城両県で震度6強を観測した地震では、文化財や施設にも被害が広がった。文部科学省のまとめでは、17日午後3時時点で国宝や史跡など6県で71件の被害が確認された。他にも損傷した展示品もあり、各自治体が調査を進める。中には東日本大震災でも被災したものがあった。文化庁の担当者は「補助金による修復を検討したい」としている。

 震度5強だった仙台市青葉区の市立博物館では、屋外に展示されている伊達政宗の胸像で、かぶとに付けられた三日月の飾りが折れた。1935年に建立された騎馬像だったが、太平洋戦争時の金属供出で胸像に。大震災でも台から落下するなど、受難が続く。

 日光東照宮では、神楽殿につり下げられた青銅製の風鐸が落下し、衝撃で曲がった部分があり、修理することにしている。

■6年生ありがとう! 大空に風船飛ばす 宇都宮(21-02-17)

卒業式を前に6年生に感謝の気持ちを伝えようという催しが17日、宇都宮市の雀宮中央小学校で開かれた。この小学校では、全校児童が体育館に集まって6年生を送る会を開いてきたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、下級生たちは、学年ごとに歌などを事前に撮影。その映像を、6年生83人に見てもらい感謝の気持ちを伝えた。そして主役の6年生は屋上に移動。新たなステージに進む先輩たちに大きく羽ばたいてもらいたいと、全校児童で風船を空に放った。

■倉持医師のクリニックに張り紙 女を逮捕(21-02-17)

1月16日午後10時ごろ、宇都宮市中島町のインターパーク倉持呼吸器内科に、「コロナが拡大したのはテレビに出たから」と嘘の内容を書いた紙を貼り、この病院の信用を毀損した疑いで、宇都宮南警察署は17日、宇都宮市北若松原の無職、坂本淑子容疑者(67)を信用き損の疑いで逮捕した。栃木県警によると、紙はインターパーク倉持呼吸器内科のほか、周辺の病院の合わせて3カ所に5枚貼られていた。坂本容疑者は紙を貼ったことは認めているものの、信用を毀損する目的はなかったと容疑を一部否認している。

■新たに9人感染 累計3,990人に 新型コロナ(21-02-17)

県と宇都宮市は17日、新たに9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。10歳未満の小学生から90代の男女9人で、うち2人は、すでに家族や知人の感染が確認されていた。県内での感染者は累計3,990人、療養者183人、うち重症は8人、入院調整中6人。近隣の県では埼玉県で5人の死亡と130人の感染、茨城県で1人の死亡と26人の感染、群馬県で28人の感染を発表した。

■速報・倉持医師のクリニックに張り紙 女を逮捕(21-02-17)

 先月16日、宇都宮市のインターパーク倉持呼吸器内科に『コロナが拡大したのはテレビに出たから』などと虚偽の事実を書いた紙を貼り出し信用を毀損したとして、宇都宮南警察署は67歳の無職の女を逮捕した。

※夜9時のニュースで詳しくお伝えします

  • イブ6プラス
  • はじめてばこ
  • バーチャル高校野球
  • とちテレ番組ガイド
  • 2021エールクーポン
  • 第10回とちテレゴルフカップin烏山城カントリークラブ開催のお知らせ